ローマの人気パスタ アマトリチャーナ

ローマ料理のにんにくを使わない代表的なトマトソース。ローマでは家庭でもお店でもよく食べられているそうです。 L'amatriciana

Recipe By: Tobuchan (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/25)
1人分 調理: 15 min

材料

スパゲッティ 100g
茹で用塩 水の1~1.5%
バター 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
パンチェッタ 70g
たまねぎ 70g
唐辛子 1本
トマト缶 1/2缶
パルミジャーニ・レッジーノ 適量

作り方

1
本当はグアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)を使うそうですが、ここではパンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)を使います。
2
ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)の代わりにパルミジャーノ・レッジーノチーズを使いました。
3
写真のようなサイズに刻みます。鷹の爪は中の種を取って手で千切って細かくして使います。
4
スパゲッティを茹で始めます。塩は水に対して1~1.5%。必ず守ります。茹で時間はメーカー指定の1分前。
5
バターとオリーブオイルを同量入れて強火でバターを焦がしていきます。パンチェッタと玉ねぎも入れ、ここでは混ぜません。
6
混ぜないでバターを中火で焦がしていきます。焦げてきたら時々ちょいちょい混ぜていきます。
7
玉ねぎもきつね色になって小さくなってきたらトマト缶を入れて煮詰めていきます。途中、パスタの茹で汁をお玉一杯。
8
茹で上がったパスタを煮詰めて水分の減ったソースに入れてよく混ぜます。中火です。
9
塩加減を見て足りなければ茹で汁を足します。よく混ぜて玉ねぎをトマトソースに溶かし込んでいきます。
10
火を止めてフライパンについたバターの焦げもこそげ取ってソースに絡めていきます。
11
お皿に盛ってパルメザンチーズをたっぷりかけて完成です。

コツ・ポイント

バター、オリーブオイル、そしてパンチェッタからの油、複雑な油が絡み合って美味しくなりますので、パスタを入れる前の炒めがとても大切です。それと、焦がしバターが味の決め手になるので、がんばって上手に焦がします。

ローマの人気パスタ アマトリチャーナ

ローマ料理のにんにくを使わない代表的なトマトソース。ローマでは家庭でもお店でもよく食べられているそうです。 L'amatriciana

Recipe By: Tobuchan (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/25)

1人分

調理: 15 min

材料

スパゲッティ 100g
茹で用塩 水の1~1.5%
バター 大さじ1
オリーブオイル 大さじ1
パンチェッタ 70g
たまねぎ 70g
唐辛子 1本
トマト缶 1/2缶
パルミジャーニ・レッジーノ 適量

ローマの人気パスタ アマトリチャーナ

レシピID :1090 投稿日 07 SEP 2015

1人分

調理 15min
閲覧数 789
印刷数 93

お気に入り登録 0

ローマ料理のにんにくを使わない代表的なトマトソース。ローマでは家庭でもお店でもよく食べられているそうです。 L'amatriciana

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
100g
水の1~1.5%
大さじ1
大さじ1
70g
70g
1本
1/2缶
適量

作り方

調理
15min
1
本当はグアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)を使うそうですが、ここではパンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)を使います。
2
ペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)の代わりにパルミジャーノ・レッジーノチーズを使いました。
3
写真のようなサイズに刻みます。鷹の爪は中の種を取って手で千切って細かくして使います。
4
スパゲッティを茹で始めます。塩は水に対して1~1.5%。必ず守ります。茹で時間はメーカー指定の1分前。
5
バターとオリーブオイルを同量入れて強火でバターを焦がしていきます。パンチェッタと玉ねぎも入れ、ここでは混ぜません。
6
混ぜないでバターを中火で焦がしていきます。焦げてきたら時々ちょいちょい混ぜていきます。
7
玉ねぎもきつね色になって小さくなってきたらトマト缶を入れて煮詰めていきます。途中、パスタの茹で汁をお玉一杯。
8
茹で上がったパスタを煮詰めて水分の減ったソースに入れてよく混ぜます。中火です。
9
塩加減を見て足りなければ茹で汁を足します。よく混ぜて玉ねぎをトマトソースに溶かし込んでいきます。
10
火を止めてフライパンについたバターの焦げもこそげ取ってソースに絡めていきます。
11
お皿に盛ってパルメザンチーズをたっぷりかけて完成です。

コツ・ポイント

バター、オリーブオイル、そしてパンチェッタからの油、複雑な油が絡み合って美味しくなりますので、パスタを入れる前の炒めがとても大切です。それと、焦がしバターが味の決め手になるので、がんばって上手に焦がします。

HOME
Tobuchan
227レシピ公開中!
とぶちゃん
TOBUCHAN
Step into my kitchen!
レッドキャベツで青いたまごを作ったら、やっぱり赤いたまごも欲しくなっちゃった。
ビートルートの酢漬け瓶詰, たまご
HOME
紫キャベツの煮汁に重曹を入れると煮汁が緑になります。
ゆでたまご, 紫キャベツ(Red Cabbage), Bicarbonate of Soda(重曹)
HOME
スモーク鯖、マヨ、しょう油、ケッパーでソースを作り、うま味をサポート。
焼き海苔, 寿司飯, スモーク鯖(骨なし), バジルの葉(またはシソ), 沢庵, 【ソース】, マヨネーズ, しょう油, スモーク鯖, ケッパー
HOME
紫キャベツを茹でた汁に2時間浸けるだけ。恐ろしいものができあがりました。
紫キャベツ(Red Cabbage), 豆腐
HOME
ローマ料理のにんにくを使わない代表的なトマトソース。ローマでは家庭でもお店でもよく食べられているそうです。 L'amatriciana
スパゲッティ, 茹で用塩, バター, オリーブオイル, パンチェッタ, たまねぎ, 唐辛子, トマト缶, パルミジャーニ・レッジーノ
HOME
赤ワインとバターで炒め煮る。赤みそが決め手
鶏レバー, たまねぎ, バター, 赤ワイン, はちみつ, ゴールデンシロップ, しょう油, みりん, 赤みそ, バゲット, マヨネーズ, レタス
HOME

コメント


クリックして
I made itに
写真を載せる

似たレシピ

チーズをたっぷりかけて召し上がれ☆
牛ミンチ, 玉ねぎ, オリーブオイル, にんにく, 赤ワイン, コショウ, ズッキーニ, トマトの缶詰, ソース, ケチャップ, 塩, パスタ, チェダーチーズ
Nuko@York
HOME
アラビアータとはイタリア語で「怒りん坊」のことだそうです。辛いのでカッカカッカしながら食べるからだとか。
オリーブオイル, にんにく, ドライドチリ, パンチェッタ(ベーコンでも可), トマト缶, ペンネ, バジル or パセリ(なくてもOK), パルミジャーノ(なくてもOK)
Tobuchan
HOME
ポリポリとした食感を楽しむ 所要時間 20分
スウェード, ベーコン, ガーリック, オリーブオイル, 塩コショウ, バルサミコ酢, パスタ(リングイネ), パセリのみじん切り
Mizue
PRO
アーリオオーリオペペロンチーノの要領でさっくり作れます Prep: 5mins cook:12mins Tagliatelle
タリアテッレTagliatelle, 薄切りベーコン, ほうれん草, チェリートマト, パンチェッタ, サンドライドチリ, にんにく, たまねぎ, オリーブオイル, パルミジャーノレッジャーノ, 飾り用パセリ
Tobuchan
HOME
濃厚なホワイトソースが簡単にでき、調理の幅が広がるとっておきレシピ。
リコッタ・チーズ, バター, 塩, コーンフラワー, 水(コーンフラワーを溶く)
ryukomama
HOME
鶏むね肉を使ったトマトソースのパスタ Prep:10min cook:12min
鶏むね肉, 塩コショウ, 小麦粉, トマト缶(227g入り), レッドチリ, にんにく, ケッパー, 黒オリーブ, 玉ねぎ, パンチェッタ(ベーコン), オリーブオイル, パルミジャーノレッジャーノ, スパゲッティ

新着レシピ

パルメザンチーズが秘密のアクセント!
豚ヒレ肉pork fillet, 黒こしょう, パルメザンチーズ, 生ハム, セージ(バジルで代用可), オリーブオイル, 水, 白ワイン, 楊枝
motoko
HOME
チキンと野菜の旨みがお互いをひきたてあう
丸鶏, セロリ, にんじん, たまねぎ, にんにく, バター, バジル(みじん切り), ベーコン, レモン, 塩, コショウ, タイム
motoko
HOME
冷凍庫に入れっぱなしでカンタン! 所要時間15分(冷凍庫で冷やし固める時間は除く)
栗ペースト, 砂糖, ラム, 生クリーム
motoko
HOME
美味しいものが溢れ返る現代の食卓で、忘れ去られようとしているかのような海苔の佃煮。でも、時々無性に食べたくなりませんか? そんな時は自分で作っちゃいましょう。超簡単。
焼きのり, しょう油, みりん, 日本酒, 水, 七味
cookbuzz
PRO
昔より苦くなくなった芽キャベツ。苦手な方も多いでしょうがとっても美味しいお野菜です。ぜひ使ってみてください。
鶏むね肉(大), マッシュルーム(中サイズ), 芽キャベツ, 塩こしょう, 片栗粉, しょうゆ, 酒(白ワイン), 砂糖, にんにく(おろしたもの), バター, サラダ油
KitchenCIB
HOME
NHKの「あさいち」で料理研究家の高橋善郎さんが紹介していたレシピを再現してみました。ハンバーグのソースとしてもいけます。
赤ワイン, 野菜ジュース, カレールー