Tescoレシピ応用、トマト風味マカロニチーズ

大手スーパーTescoの店頭に置かれていたレシピ「失敗しないマカロニチーズ」を応用して作りました。ラザニアのように、作ってすぐより翌日の方が美味しいです。パーティにも使えます。

Recipe By: midnight kitchen (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/111)
6人分 準備: 5 min 調理: 30 min カロリー: 500 cals

材料

ショートパスタ 300g
肉(鳥、ベーコン、ミートボールなど) 300g
野菜(玉ねぎ、ブロッコリーなど) 1カップぐらい
オリーブオイルかバター 大匙1
ニンニク 1-2かけ
トマト缶(chopped) 2缶
マスカルポーネチーズ 250g
固いチーズ(チェダー、レスター等) 100g+

作り方

1
お湯を沸かしパスタを茹でる。ソースの水分が多いので普段の2-3分少なくて充分。今日は最後2分にブロッコリーも加え一緒に茹でました。
2
固く茹でたパスタの湯を切り、耐熱容器に入れる。熱いうちにマスカルポーネチーズを満遍なく和える。
3
並行して強火の鍋でオリーブオイルかバターと一緒に一口大のお肉、野菜、みじん切りのニンニクを炒める。今回は鶏肉、ベーコン、玉ねぎ。
4
お肉と野菜の表面に焦げ目が付いたらトマト缶を投入し5分ぐらい煮込む。濃いめの味が好きな場合、顆粒ブイヨン大匙1(分量外)を加える。
5
マスカルポーネチーズを和えたパスタに煮込んだソースを掛け全体を混ぜ合わせる。その後、チェダーチーズなどを削り表面に掛ける。
6
中火に温めておいたオーブンで最初10分アルミ箔をして蒸し焼き。その後アルミ箔を取り、5分くらい加熱。表面に焦げ目が付いたら出来上がり。

コツ・ポイント

ショートパスタは何種類か違うものを混ぜると見た目も楽しいです。Tescoのオリジナルレシピではホウレン草と調理済みベーコンを具材として勧めていますが、何でも好きなもので良いと思います。ラザニアと同様、作った翌日の方がパスタに味が滲みて美味しいです。パーティや食べる日の前日に用意して、温めなおしたものを出すと好評です。

Tescoレシピ応用、トマト風味マカロニチーズ

大手スーパーTescoの店頭に置かれていたレシピ「失敗しないマカロニチーズ」を応用して作りました。ラザニアのように、作ってすぐより翌日の方が美味しいです。パーティにも使えます。

Recipe By: midnight kitchen (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/111)

6人分

準備: 5 min

調理: 30 min

カロリー: 500 cals

材料

ショートパスタ 300g
肉(鳥、ベーコン、ミートボールなど) 300g
野菜(玉ねぎ、ブロッコリーなど) 1カップぐらい
オリーブオイルかバター 大匙1
ニンニク 1-2かけ
トマト缶(chopped) 2缶
マスカルポーネチーズ 250g
固いチーズ(チェダー、レスター等) 100g+

Tescoレシピ応用、トマト風味マカロニチーズ

レシピID :2568 投稿日 03 APR 2017

6人分

準備 5min
調理 30min
カロリー500cals
閲覧数 3,020
印刷数 1

お気に入り登録 0

大手スーパーTescoの店頭に置かれていたレシピ「失敗しないマカロニチーズ」を応用して作りました。ラザニアのように、作ってすぐより翌日の方が美味しいです。パーティにも使えます。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
300g
300g
1カップぐらい
大匙1
1-2かけ
2缶
250g
100g+

作り方

準備
5min
調理
30min
1
お湯を沸かしパスタを茹でる。ソースの水分が多いので普段の2-3分少なくて充分。今日は最後2分にブロッコリーも加え一緒に茹でました。
2
固く茹でたパスタの湯を切り、耐熱容器に入れる。熱いうちにマスカルポーネチーズを満遍なく和える。
3
並行して強火の鍋でオリーブオイルかバターと一緒に一口大のお肉、野菜、みじん切りのニンニクを炒める。今回は鶏肉、ベーコン、玉ねぎ。
4
お肉と野菜の表面に焦げ目が付いたらトマト缶を投入し5分ぐらい煮込む。濃いめの味が好きな場合、顆粒ブイヨン大匙1(分量外)を加える。
5
マスカルポーネチーズを和えたパスタに煮込んだソースを掛け全体を混ぜ合わせる。その後、チェダーチーズなどを削り表面に掛ける。
6
中火に温めておいたオーブンで最初10分アルミ箔をして蒸し焼き。その後アルミ箔を取り、5分くらい加熱。表面に焦げ目が付いたら出来上がり。

コツ・ポイント

ショートパスタは何種類か違うものを混ぜると見た目も楽しいです。Tescoのオリジナルレシピではホウレン草と調理済みベーコンを具材として勧めていますが、何でも好きなもので良いと思います。ラザニアと同様、作った翌日の方がパスタに味が滲みて美味しいです。パーティや食べる日の前日に用意して、温めなおしたものを出すと好評です。

HOME
midnight kitchen
146レシピ公開中!

MIDNIGHT KITCHEN
Step into my kitchen!
スーパーで簡単に手に入るホウレンソウを使って万能ペストソースを作りました。パスタに和えるだけでなく、焼いた鶏や魚に塗ったり、生野菜のスティックサラダのディップにしたり、色々使えます。
ホウレンソウ, ナッツ(無塩), にんにく, 刻んだチーズ, 塩, コショウ, レモンかライム, オリーブオイル
HOME
今や星付きレストランでも定着した真空調理法(sous-vide)。この原理を自宅で専用器具無しで応用。とろとろ柔らかいスペアリブを作りました。他の肉料理にも活用できます。柔らかいお肉を食べたい時に
スペアリブ用お肉(牛、豚), 耐熱ジップロックの袋, 塩コショウ, Fajita BBQ調味料, 砂糖と蜂蜜, 赤ワイン, ニンニク、ハーブ
HOME
病みつきになります。アテネ観光で立ち寄った地元人ばかりのタベルナでお客さんみんなが食べていた一品、タラマサラタとベークドポテト。スーパーで売っているタラマとレンジで簡単にできます。
市販のタラマサラタ, ジャガイモ
HOME
新鮮な鯖が手に入ったら、3枚におろして(もらって)、自宅でしめ鯖。最初に砂糖で水分を抜き、それから塩で〆め、酢と柑橘果汁に漬けることで、塩辛過ぎない上品な仕上がりになります。
新鮮な鯖, 砂糖, 塩, 酢, レモン、ライム
HOME
今日のレシピは高級レストランを目指し、食材も良いものを使います。新鮮なアンコウとホタテ、ボルディエ海藻バター、黒トリュフなど。付け合わせはポテトピューレと温野菜。特別な食事にどうぞ。
アンコウ, ホタテ, ボルディエ海藻バター, 小麦粉、片栗粉, 黒トリュフ, ペストソース, オリーブオイル, マッシュポテト, 牛乳, 温野菜, 塩コショウ
HOME
雛祭から桜の季節までに出回る桜餅を英国の食材で簡単に作りました。
Epicure Aduki beans, ブラウンシュガー, 餅米(glutinous rice), 水, 上白糖, 食紅(ピンク、赤)
HOME

似たレシピ

フィラデルフィアのクリームチーズでお店の味にかなり近づけるレシピです。
Mcvitie's Digestives(Original), バター, Philadelphia クリームチーズ, ダブルクリーム, たまご, グラニュー糖, self rising flour, レモンジュース
Tobuchan
HOME
子供たちも大喜びのワイン抜きレシピ! フォンデュの器にしたパンを後で食べるのもお楽しみに!
ベビーポテト, オリーブオイル, 丸型ブレッドローフ bread loaf, 【A】, コーンフラワー, にんにく(すりおろしたもの), チキンスープストック※1.下記参照, 牛乳, ダブルクリーム, グリュイエールチーズ Gruyère cheese, ピザ用チーズ grated cheese, 飾り用パセリ(みじん切り), フォンデュ用具材※2.下記参照
MiwaPucci
PRO
カラフルで前菜としてもおススメ!
パプリカ(赤、黄), クリームチーズ, チョリソー(またはサラミ), オレガノ, パセリ, パプリカパウダー, レモン果汁, オリーブオイル, 塩こしょう
MiwaPucci
PRO
もしかしたら本物のパスタより美味しいかも。べジだけでもここまでイケる? Prep:5mins cook: 10mins
コジェット(大), たまねぎ, にんにく(大), オリーブオイル, 鷹の爪, プチトマト, 塩水(塩小さじすりきり1), パルミジャーノレッジャーノ
KitchenCIB
HOME
いつものレアチーズ・ケーキを ”苺づくし” にしてみました。
全粒粉ビスケット, 溶かしバター, クリームチーズ, 砂糖, 生クリーム(ダブル), レモン汁, 粉ゼラチン, 熱湯, 苺(ソースと飾り用), 蜂蜜
Nanita
PRO
モッツアレラのカプレーゼ、美味しいけど水っぽい。そこでこれからの季節、トマトをオーブンでセミドライにして、旨み濃厚かつ水っぽくないカプレーゼを。作ったセミドライトマトは他の料理にも色々活用できます。
トマト, モッツアレラ, 塩, オリーブオイル, バルサミコ酢

新着レシピ

材料を炒め煮してから蒸した本格中華ちまき。
もち米, 焼き豚、煮豚、ポッサムなど, 干し椎茸, 干し海老, 人参, リーク, しょうゆ, 砂糖, オイスターソース, 日本酒, 塩, 水(戻し汁と合わせて)
KGOHAN
PRO
冷凍のフライドポテト、カラッと美味しく作るコツはニ度揚げ。140度ぐらいから揚げ始め、160度程度で2分。一回休ませ、170-180度で30秒程度二度揚げすると、カラッと美味しく出来上がります。
冷凍フライドポテト, 揚げ油
お肉ガッツリのイギリス式ハンバーグも食べごたえありますが、柔らかくてジューシーな日本のハンバーグもたまには良いもの。炒めた玉ねぎ、食パン、滑らかな表面が決め手です。
挽き肉, 玉ねぎ, 食パン, 牛乳, 卵, 塩コショウ
イギリスでは3月がホタテの旬。身も大きく、味もしっかり。この季節ならではの食材を美味しく。
生ホタテ, バター, ペストソース, 塩コショウ, レモン
添え野菜が欲しい時、ジャガイモを電子レンジで火を通し、炒めたベーコンと和えて、味を馴染ませて出来上がり。調理台が空いてない時、急いで副菜を作りたい時にどうぞ。
新ジャガ, ベーコン, 玉ねぎ
簡単に買えるジャガイモと、自宅の残り食材でコロッケ。マッシュポテトサラダを揚げたものですので、油で揚げなければそのままサラダとして食べて下さい。
ジャガイモ, (例)ベーコン, (例)缶詰コーン, ●バター, ●小麦粉, ●牛乳, 食パンの残りで作るパン粉, 卵、水, 小麦粉