芳醇な黒トリュフとキノコのリゾット

黒トリュフの香りを予めお米に付け、シンプルかつ贅沢なリゾットを作りました。

Recipe By: midnight kitchen (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/111)
2人分 準備: 5 min 調理: 30 min カロリー: 400 cals

材料

黒トリュフ 適量
1合
玉ねぎ 半個
キノコ色々 一つかみ
オリーブオイル 大匙1
250cc
牛乳 150cc
顆粒野菜ブイヨン 小匙2
チーズ 適量

作り方

1
香りの良い黒トリュフを買って来て、乾燥した米と一緒にジップロックの袋に入れる。2-3日で米に芳醇な香りが移ります。
2
フライパンにオリーブオイルを入れ、ざく切りの玉ねぎとキノコを中弱火でじっくり炒める。キノコの水分が飛んで味が凝縮されるよう、15-20分。
3
米を乾燥したまま入れ、玉ねぎとキノコの味を吸わせる。半透明になったら、水、牛乳、コンソメを入れ軽くかき混ぜ、強火。煮立ったら弱火に。
4
蓋をして弱火で12-15分間蒸らす。12分でアルデンテ、15分でふっくらしています。
5
好みの固さで火を止め、皿に盛る。お好みでチーズを卸して振りかけ、黒トリュフを存分掛けて食べる。

コツ・ポイント

予め米にしっかりトリュフの香りを移しておくこと。黒トリュフとキノコの香りを楽しむよう、ワインなど(匂いを消してしまう材料は)使わないこと。キノコの旨味が凝縮されるよう、最初に炒める時はあまりかき混ぜずじっくりと。1合の米は400㏄の水分でリゾットになるので、一般料理本のようにお玉で何回かに分けて注ぐ必要なし。

芳醇な黒トリュフとキノコのリゾット

黒トリュフの香りを予めお米に付け、シンプルかつ贅沢なリゾットを作りました。

Recipe By: midnight kitchen (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/111)

2人分

準備: 5 min

調理: 30 min

カロリー: 400 cals

材料

黒トリュフ 適量
1合
玉ねぎ 半個
キノコ色々 一つかみ
オリーブオイル 大匙1
250cc
牛乳 150cc
顆粒野菜ブイヨン 小匙2
チーズ 適量

芳醇な黒トリュフとキノコのリゾット

レシピID :2799 投稿日 26 FEB 2018

2人分

準備 5min
調理 30min
カロリー400cals
閲覧数 494
印刷数 0

お気に入り登録 0

黒トリュフの香りを予めお米に付け、シンプルかつ贅沢なリゾットを作りました。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
適量
1合
半個
一つかみ
大匙1
250cc
150cc
小匙2
適量

作り方

準備
5min
調理
30min
1
香りの良い黒トリュフを買って来て、乾燥した米と一緒にジップロックの袋に入れる。2-3日で米に芳醇な香りが移ります。
2
フライパンにオリーブオイルを入れ、ざく切りの玉ねぎとキノコを中弱火でじっくり炒める。キノコの水分が飛んで味が凝縮されるよう、15-20分。
3
米を乾燥したまま入れ、玉ねぎとキノコの味を吸わせる。半透明になったら、水、牛乳、コンソメを入れ軽くかき混ぜ、強火。煮立ったら弱火に。
4
蓋をして弱火で12-15分間蒸らす。12分でアルデンテ、15分でふっくらしています。
5
好みの固さで火を止め、皿に盛る。お好みでチーズを卸して振りかけ、黒トリュフを存分掛けて食べる。

コツ・ポイント

予め米にしっかりトリュフの香りを移しておくこと。黒トリュフとキノコの香りを楽しむよう、ワインなど(匂いを消してしまう材料は)使わないこと。キノコの旨味が凝縮されるよう、最初に炒める時はあまりかき混ぜずじっくりと。1合の米は400㏄の水分でリゾットになるので、一般料理本のようにお玉で何回かに分けて注ぐ必要なし。

HOME
midnight kitchen
121レシピ公開中!

MIDNIGHT KITCHEN
Step into my kitchen!
日本人が大好きなアンチョビ、エビ、アボカド、トマトをパスタの具にしてみました。癖になる美味しさ。パスタを茹でる時間で調理できます。是非お試しください。
パスタ, アンチョビ, ボイルエビ, 完熟アボカド, オイル漬けドライトマト, オリーブオイル
HOME
白滝一玉(200g)はたった12kカロリー。スーパーで売っているタラマサラタをたらこソース代わりに使って、5分で出来ます。ビーチバディを目指してどうぞ。
しらたき, タラマサラタ, チコリ, きざみのり, 塩コショウ, 七味・一味
HOME
秋なので甘栗と英国のバターナッツスクワッシュ(邦名:ニホンカボチャ)を使い羊羹に挑戦。お茶の供にどうぞ。
バターナッツスクワッシュ, 甘栗, 水, 粉寒天, ブラウンシュガー
HOME
牛のほほ肉、すね肉などが手に入ったら作りたい一品。牛肉の赤ワイン煮で定番材料のトマトを敢えて入れないことで大人の味に仕立てます。仕上げのチョコレートも隠し味。温野菜、ポテト、パスタなどを添えてどうぞ。
牛ほほ肉, (安)赤ワイン, 人参, 玉ねぎ, セロリ, ニンニク, ブーケガルニ, 牛ストックポット, 小麦粉, オリーブオイル, バター, ダークチョコレート
HOME
ミシュラン星付きのレストランで食べたサラダを再現。Torajiro KurumaさんのレシピID1064と被る部分が多いですが、違う野菜を使い、別の食感と味で美味しいので紹介させて下さい。
スモークマカレル, チコリ, 洋梨, 0%脂肪分ヨーグルト, ホースラディッシュ, 粒入りマスタード, ディル
HOME
簡単に出来るオードブル。市販のパイ生地にベーコン、アスパラ、チーズを巻いて10分焼くだけ。スナックにもどうぞ。
パイ生地, 細めのアスパラ, ベーコン, スライスチーズ, 卵黄
HOME

似たレシピ

ホーム・パーティーにもおススメです。
パイ生地(市販), オリーブオイル, マッシュルーム, リコッタチーズ, 卵, サワークリーム, にんにく(おろしたもの), 塩コショウ
Nanita
PRO
すし飯にパルマハム、モッツアレラ、バジルのっけりゃ勝手にイタリアの風が吹く
すし飯, スプリングオニオン, パルマハムスライス, モッツアレラチーズ, プチトマト, バジルの葉, エクストラバージンオリーブオイル, 黒こしょう
cookbuzz
PRO
バターナットスクォッシュをそのまま器に使って丸ごといただいちゃいます。
バターナットスクォッシュ, リゾットライス, 玉ねぎ, ベーコン, トマト缶(Chopped), クノールチキンストック, 白ワイン, 水, Grated チェダーチーズ, フラットパセリ
KitchenCIB
HOME
イタリアンでおなじみの食材をお寿司に合わせてみました。違和感のなく、とっても美味しいです。騙されたと思って、一度お試しあれ。
炊きたてのご飯 : boiled Japanese rice, すし酢: sushi vineger, おかか : dried bonito flakes, しょうゆ : soy sauce, モッツァレッラチーズ : mozzarella cheese, 生ハム(プロシュート) : prosciutto, フレッシュバジル : fresh basil
Mizue
PRO
きのこの旨みがタップリ!
日本米、もしくはリゾット米, オリーブオイル, にんにく, 玉ねぎ(小), 乾燥ポルチーニ, マッシュルーム, 白ワイン, 固形スープの素, お湯, 塩コショウ, パセリ
Mizue
PRO
まずはアーリオオーリオペペロンチーノの要領でマッシュルームソースを作り、そこからバターとチーズでパスタに絡める一皿です。
マッシュルーム, オリーブオイル, にんにく, ドライドチリ, バター(無塩), パルミジャーノチーズ, パセリ, スパゲッティ
KitchenCIB
HOME

新着レシピ

A simple pan sauce made with capers, butter, white wine, chicken stock and lemon juice envelop chicken cutlets in the traditional Chicken Piccata recipe made in episode 101 of POV Italian Cooking. Though Chicken Piccata is an impressive dish, it can be made in about 20 minutes, making it the perfec
 
しっとりとした仕上がりが決め手!
薄力粉(セルフレイジング), 卵(M), 砂糖, 無塩バター, アーモンドパウダー, バニラエクストラクト, ブルーベリー
motoko
HOME
はちみつ入りのみそソースとの相性抜群のメインメニュー!
鴨モモ肉(骨付き), 塩, こしょう, レタス, ネギ, 【みそソース】, ごま油, にんにく, はちみつ, 米酢, みそ, しょう油
motoko
HOME
じっくり炒めた野菜の旨味が楽しめる前菜!
赤ピーマン, コジェット(ズッキーニ), にんじん, しいたけ, ニンニク, 塩, こしょう, サラダ油, フィロペイストリー, 【スイート&サワーソース】, 赤唐辛子(できれば生のもの), 米酢, 砂糖, ナンプラー, 水, ケチャップ
motoko
HOME
If bacon were a butterfly, then pork belly would be the caterpillar. Rubbed with a mix of spices before spending the night in the refrigerator so the flavors permeate the meat. Warmed to room temperature then baked at 350 degrees for 90 minutes. The sound of this sizzling pork belly will make you H
 
Seafood is common in Italian cuisine. This video demonstrates how to clean and prepare mussels and little neck clams for use in any seafood dish.