ライス詰めパプリカのロースト

ロースト・パプリカの甘味と、チョリッソやにんにくの利いたライスがよく合います!!
所要時間 20分
(オーブンで焼く時間は除く)

Recipe By: Nanita (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/243)
4人分 準備: 25 min 調理: 60 min

材料

パプリカ 4個
【ライス】
オリーブオイル 適量
チョリッソ(ざく切り) 100g
にんにく(微塵切り) 2片
炊いたご飯 生米1カップ分
松の実(ロースト) 適量
パセリ(微塵切り) 適量
塩・胡椒 適量

作り方

1
ライスを作る。
フライパンにオリーブオイルを入れ、チョリソを炒める。
脂がよく出てきたら、にんにくを加えて更に炒める。
2
ご飯も混ぜ入れ、ローストした松の実を加える。
塩・胡椒で味を整え、パセリを混ぜる。
オーブンを180℃に予熱する。
3
パプリカはヘタ部分を切り取り蓋とし、種を出す。
この中に②のライスをしっかり詰め、ヘタ部分で蓋をする。
4
爪楊枝で蓋が取れないように2ヵ所ほど留める。
5
パプリカが転がらないように、アルミホイルをくしゃくしゃにして天板に敷き、180℃のオーブンで約1時間焼けば出来上がり。

コツ・ポイント

③では、詰めたライスをスプーンの背などを使ってしっかり押さえながら、パプリカの中に詰めてください。
⑤で天板に並べる際、パプリカ同士がくっついても大丈夫です。
やはり一番甘味の強いカラーパプリカは赤で、緑は苦味が勝ちます。
焼いているうちに、ご飯がパプリカのジュースを吸ってくれるので、思いの他ふっくらと焼き上がります。(ヘタの蓋は必須です。)

ライス詰めパプリカのロースト

ロースト・パプリカの甘味と、チョリッソやにんにくの利いたライスがよく合います!!
所要時間 20分
(オーブンで焼く時間は除く)

Recipe By: Nanita (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/243)

4人分

準備: 25 min

調理: 60 min

材料

パプリカ 4個
【ライス】
オリーブオイル 適量
チョリッソ(ざく切り) 100g
にんにく(微塵切り) 2片
炊いたご飯 生米1カップ分
松の実(ロースト) 適量
パセリ(微塵切り) 適量
塩・胡椒 適量

ライス詰めパプリカのロースト

レシピID :1334 投稿日 10 DEC 2015

4人分

準備 25min
調理 60min
閲覧数 12,049
印刷数 77

お気に入り登録 0

ロースト・パプリカの甘味と、チョリッソやにんにくの利いたライスがよく合います!!
所要時間 20分
(オーブンで焼く時間は除く)

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
4個
適量
100g
2片
生米1カップ分
適量
適量
適量

作り方

準備
25min
調理
1h
1
ライスを作る。
フライパンにオリーブオイルを入れ、チョリソを炒める。
脂がよく出てきたら、にんにくを加えて更に炒める。
2
ご飯も混ぜ入れ、ローストした松の実を加える。
塩・胡椒で味を整え、パセリを混ぜる。
オーブンを180℃に予熱する。
3
パプリカはヘタ部分を切り取り蓋とし、種を出す。
この中に②のライスをしっかり詰め、ヘタ部分で蓋をする。
4
爪楊枝で蓋が取れないように2ヵ所ほど留める。
5
パプリカが転がらないように、アルミホイルをくしゃくしゃにして天板に敷き、180℃のオーブンで約1時間焼けば出来上がり。

コツ・ポイント

③では、詰めたライスをスプーンの背などを使ってしっかり押さえながら、パプリカの中に詰めてください。
⑤で天板に並べる際、パプリカ同士がくっついても大丈夫です。
やはり一番甘味の強いカラーパプリカは赤で、緑は苦味が勝ちます。
焼いているうちに、ご飯がパプリカのジュースを吸ってくれるので、思いの他ふっくらと焼き上がります。(ヘタの蓋は必須です。)

PRO
Nanita
65レシピ公開中!

NANITA
Step into my kitchen!
デザート感覚で食べたくなる美味しさ! 所要時間15分 (オーブンで焼く時間は除く)
ビートルート(生), ひよこ豆(ボイル済み缶詰), オリーブオイル, 【A】オリーブオイル, 【B】おろしにんにく, 【C】プレーンヨーグルト , パニーニ
PRO
フェンネルが苦手な人にもお薦め!
フェンネル, 塩, 【揚げ衣】, 強力粉, 卵, パン粉, 揚げ油
PRO
レモンの酸味がアクセントの副々菜です。 少~しだけ冷蔵庫に余っているセロリを利用して、すぐにバリバリ頂けます!
セロリ, レモン汁, 塩・胡椒, 糸唐辛子(あれば)
PRO
おしゃれな前菜にいかが? 所要時間20分 (ターニップを煮る時間は除く)
ターニップ, ブイヨン, オリーブオイル, 【ソース】, 赤ワイン, バルサミコ, バター, 塩・胡椒, ローストしたクルミ, エクストラバージン・オリーブオイル, 貝割れ大根
PRO
温かくても、冷たくても、美味しく頂けるサーモンのサラダです。 (私のお気に入りは、温かいサーモンに冷たいういきょうを合わせたものです!)
サーモン, 塩, お好みのハーブ(ローリエ、オレガノ、タイム等), ういきょう(フェンネル), 林檎, かぼちゃの種(ローストする), 太白胡麻油(たいはく), アップル・ビネガー, 胡椒, 砂糖, スターフルーツ
PRO
クルミのコクと食感が好アクセントに
クルミ , バター, 玉ねぎ(小さめ), にんにく, マッシュルーム, 塩コショウ, ブリニblini (そば粉入りの小さなパンケーキ)
PRO

似たレシピ

ロースト・トマトとガーリック& サフランのリゾット
チェリートマト, にんにく(みじん切り), にんにく(皮をつけたままのもの), 塩、こしょう, オリーブオイル, サフラン(ぬるま湯で戻す), 玉ねぎ, セロリ, チキンストックまたは野菜ストック, リゾットライス, パルメザンチーズ(おろしたもの), バター
yhiranuma
PRO
彩り豊かで食卓が華やぎます。 cook:15mins
バゲット, ●グリーンペッパー, ●イエローペッパー, ●プチトマト, ●たまねぎ, ●キュウリのピクルス, ●アンチョビ, ●レーズンorスルタナ, 〇エクストラヴァージンオリーブオイル, 〇寿司酢, 〇塩コショウ, 〇一味, にんにく
Tobuchan
HOME
ズッキーニはイギリスではクージェットと呼ばれます。素材自体にそれほど味がないけどトマトソースやチーズと合せると美味しくなっちゃう。ズッキーニ丸ごと1本使って美味しいリゾット作りましょ。
ズッキーニ(クージェット), たまねぎ(小), 米(短粒米。ジャポニカOK), オリーブオイル, 白ワイン, ベジタブルストック, パルミジャーノレッジャーノ, バター, 塩こしょう, バジルまたはミントの葉
cookbuzz
PRO
英国食材のスモークハドックとリークを使ったリゾット。滞在中に一度は試したい。日本の出汁パックとクルミで一ひねり。
スモークハドック1枚, 米, 水, 牛乳, 白ワイン, 天然出汁パック8g, リーク, クジェット, クルミかアーモンド, ルコラ, オリーブオイル, クレームフレッシュ, チーズ
冷えたビールのお供にもピッタリです!
玉葱(大), 塩, ツナ(油漬け), ケッパー, マヨネーズ, パプリカ(赤、緑), モッツァレラチーズ(あらく削ったタイプ)
Nanita
PRO
バターナットスクォッシュをそのまま器に使って丸ごといただいちゃいます。
バターナットスクォッシュ, リゾットライス, 玉ねぎ, ベーコン, トマト缶(Chopped), クノールチキンストック, 白ワイン, 水, Grated チェダーチーズ, フラットパセリ
KitchenCIB
HOME

新着レシピ

豚の脂となすの相性は抜群。なすは焼くのも揚げるのも結構手間。なのでやっぱりレンチンしましょ。合わせダレの隠し味は旨味ギッシリのケチャップ。ご飯がススム一品です。
なす(大) , 豚バラ, にんにく(すりおろし), しょうが(すりおろし), サラダ油 , 塩(なすのあく抜き用), 塩こしょう, スプリングオニオン, 【合わせダレ】, みそ, みりん, 酒, 砂糖, ケチャップ
cookbuzz
PRO
イギリスのスーパーでもやしを見つけ、嬉しくてつい買ったはいいけれど、どうやって食べようか考えているうちに傷んでしまった、なんてよくある話。そんな時は迷わずピリ辛。冷めてからでも美味しくいただけます。
もやし, 塩(茹で用), スプリングオニオン, 白ごま(あれば), 【ピリ辛だれ】, ごま油 , しょう油, めんつゆ, コチュジャン, すりごま, 塩こしょう, おろしにんにく, 鶏がらスープの素 , 砂糖, 一味(カイエンペッパーでも)
ナスはチーズやピリ辛と合うけれど、生姜との相性も抜群。油でさっと焼いてタレとすりおろした生姜を入れてマゼマゼするだけでとっても美味しい一品が出来ちゃう。テクニック一切無用の簡単レシピ。お試しあれ。
なす, サラダ油, 酒, みりん, めんつゆ(3倍濃縮), 砂糖, しょうが(すりおろし), スプリングオニオン
ペペロンチーノが美味しく作れる人なら誰でも出来ちゃう簡単レシピ。ロケット(ルッコラ)は買ったはいいけど、案外食べきらない葉っぱ。これなら好きなだけ乗せてムシャムシャ行けちゃいます。
スパゲティ, にんにく, 鷹の爪, オリーブオイル, ロケット(ルッコラ), 生ハム, チェリートマト, 塩, 黒こしょう, パルミジャーノレッジャーノ
KitchenCIB
HOME
11年に渡ってバッキンガム宮殿でシェフをつとめ、その後はケンジントン宮殿でダイアナ元妃のパーソナルシェフを務めたダレン・マグラディ氏が公開した、エリザベス女王が最も愛したというレシピです。
ステーキ肉(フィレ), ポテト(またはパースニップ), 玉ねぎ(中), マッシュルーム, ベビーキャロット, バター(有塩), ダブルクリーム, 塩こしょう, ウイスキー(アイリッシュ), ビーフストック, ウォータークレス(飾り)
Tobuchan
HOME
イギリスで手に入るスイートポテトは日本のサツマイモより甘味が足りないのが残念。でも、バターシュガーで絡めればあっという間に大学イモっぽい美味しい一品が完成しちゃう。塩の代わりに醤油小さじ1/2でもOK
スイートポテト, バター(有塩), 砂糖 , みりん , 塩, 白ごま
cookbuzz
PRO