パルマハムとチーズのバッテラ sushi

イタリアの食材でバッテラ寿司を作ってみました。
cook:10mins (酢飯を作る時間除く)

Recipe By: Deepseafish (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/269)
2個分 調理: 10 min

材料

すし飯 sushi rice 1合
パルマハム parma ham 4枚
スライスチーズ sliced cheese 2枚
柚子こしょう yuzu pepper お好みで

作り方

1
すし飯を用意します。1合(150g)でバッテラ2本作れます。簡単すし飯の作り方はこちら

レシピID:1894
2
バッテラの型にラップを敷き、そこにパルマハムを2枚重ねて置きます。
3
すし飯の1/4量をとって上に置いて広げ、その上に半分に切ったスライスチーズを並べます。
4
すし飯1/4量を乗せたら蓋をしてギュウウッと押したら出来上がり。
5
濡らした包丁でラップごと6等分し、ラップを外してお皿に盛り、お好みで柚子こしょうを乗せて完成です。
6
パルマハムはtescoのfinest、6枚入りで2.50ポンドでした。
7
すし飯作りにはかけて混ぜるだけのmizkanのすし酢を使っちゃいました。味が完成しているので便利です。

コツ・ポイント

●イタリアの食材でお寿司を作るとどうなるのかと思ってやってみました。最初に酢飯の味が来て、途中でチーズの香り、最後にパルマハムの味がやってきます。「うーん」という表情が最後に「ほーっ」に変わります。ヨーロッパの方に受けるかもしれません。

パルマハムとチーズのバッテラ sushi

イタリアの食材でバッテラ寿司を作ってみました。
cook:10mins (酢飯を作る時間除く)

Recipe By: Deepseafish (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/269)

2個分

調理: 10 min

材料

すし飯 sushi rice 1合
パルマハム parma ham 4枚
スライスチーズ sliced cheese 2枚
柚子こしょう yuzu pepper お好みで

パルマハムとチーズのバッテラ sushi

レシピID :1896 投稿日 18 MAY 2016

2個分

調理 10min
閲覧数 5,954
印刷数 29

お気に入り登録 0

イタリアの食材でバッテラ寿司を作ってみました。
cook:10mins (酢飯を作る時間除く)

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
1合
4枚
2枚
お好みで

作り方

調理
10min
1
すし飯を用意します。1合(150g)でバッテラ2本作れます。簡単すし飯の作り方はこちら

レシピID:1894
2
バッテラの型にラップを敷き、そこにパルマハムを2枚重ねて置きます。
3
すし飯の1/4量をとって上に置いて広げ、その上に半分に切ったスライスチーズを並べます。
4
すし飯1/4量を乗せたら蓋をしてギュウウッと押したら出来上がり。
5
濡らした包丁でラップごと6等分し、ラップを外してお皿に盛り、お好みで柚子こしょうを乗せて完成です。
6
パルマハムはtescoのfinest、6枚入りで2.50ポンドでした。
7
すし飯作りにはかけて混ぜるだけのmizkanのすし酢を使っちゃいました。味が完成しているので便利です。

コツ・ポイント

●イタリアの食材でお寿司を作るとどうなるのかと思ってやってみました。最初に酢飯の味が来て、途中でチーズの香り、最後にパルマハムの味がやってきます。「うーん」という表情が最後に「ほーっ」に変わります。ヨーロッパの方に受けるかもしれません。

HOME
Deepseafish
99レシピ公開中!

DEEPSEAFISH
Step into my kitchen!
前菜の定番とも言えるアボカドプロウンを巻いちゃいました。
酢飯, のり, スプリングオニオン, 白ごま, きゅうり, マヨネーズ, ケチャップ
HOME
イタリアの食材でバッテラ寿司を作ってみました。 cook:10mins (酢飯を作る時間除く)
すし飯 sushi rice, パルマハム parma ham, スライスチーズ sliced cheese, 柚子こしょう yuzu pepper
HOME
リドルでスコットランド産ムール貝(mussels)の白ワインソースがわずか1ポンド59ペンスで売られています。240円くらい。これで2人分の美味しいムール貝・アラ・ビアンコが簡単に作れちゃいます。
調理済みムール貝with白ワインソース, にんにく, 鷹の爪, チェリートマト, パセリ, スパゲティ, パスタ茹で用の塩, オリーブオイル
HOME
お野菜ぶつ切り、水とオリーブオイルを入れてブレンドするだけ。でも本格的です。
甘くて美味しいトマト(中), ピキーロペッパー, グリーンペッパー, たまねぎ, きゅうり, にんにく, パン(バゲット), 水, 塩コショウ, ビネガー, エクストラヴァージンオリーブオイル, クミンパウダー, クルトン(お好みで), バジル(飾り用)
HOME
テリヤキはみりんやお酒がなくてもほぼ完璧に再現できますよ。
鶏むね肉, 塩こしょう, ペッパー(グリーンと赤), たまねぎ, にんにく, サラダ油, 白ワイン, しょう油, ゴールデンシロップ
HOME
いわゆるネコまんま、美味しいですよね。でもこれ、実は世界にも通用する美味しさだと思います。
鶏もも肉, しょう油, 酒, 塩こしょう, サラダ油, 冷凍サマーベジタブル, お湯, だし, たまご, 味噌, ご飯
HOME

似たレシピ

バターナットスクォッシュをそのまま器に使って丸ごといただいちゃいます。
バターナットスクォッシュ, リゾットライス, 玉ねぎ, ベーコン, トマト缶(Chopped), クノールチキンストック, 白ワイン, 水, Grated チェダーチーズ, フラットパセリ
KitchenCIB
HOME
パンチェッタの代わりにピリ辛チョリソを使って大人味。 Prep:5min cook:10min(ご飯炊く時間除く)
炊いたご飯, チョリソ, タマネギ, オリーブオイル, たまご, パルミジャーノレッジャーノ, 黒コショウ, パセリ
Tobuchan
HOME
パルマハム、モッツアレラチーズ、トマト、オリーブオイル。。。和のテイストは、、、酢飯だけじゃん。
酢飯, スプリングオニオン, パルマハム, モッツアレラチーズ, ポモドーロトマト, エクストラバージンオリーブオイル, ブラックペッパー
Tobuchan
HOME
本格的なリゾットを作ろうと思うと案外時間が必要。時短・時短の時代だけど、ここはまず一度、基本のリゾット押さえちゃおう。工程にうるさいイタリア人シェフが指導するリゾットのパクリバージョンをどうぞ。
マッシュルーム, たまねぎ, 米(短粒米), 塩, オリーブオイル, 白ワイン, フラットパセリ, ベジタブルストック , バター(無塩), パルミジャーノレッジャーノ・チーズ
cookbuzz
PRO
超簡単でおしゃれな前菜
寿司飯, チコリchicory (外側の大きな葉) , バジル, モッツァレッラ(2センチ角の大きさ), 生ハム, エクストラバージンオリーブオイル, 黒コショウ
Mizue
PRO
ポーランド製のハムやソーセージってとっても美味しくて使い勝手がいいのでさらに一品、作っちゃいました。
Morliny社製スモークトポークベリーハム, たまご, ほうれん草, しょう油, ジンジャープレザーブ, 白ワイン(酒でも), 塩, バター(有塩), めんつゆ(2倍濃縮), 水, 白ごま, ご飯
KitchenCIB
HOME

新着レシピ

豚の脂となすの相性は抜群。なすは焼くのも揚げるのも結構手間。なのでやっぱりレンチンしましょ。合わせダレの隠し味は旨味ギッシリのケチャップ。ご飯がススム一品です。
なす(大) , 豚バラ, にんにく(すりおろし), しょうが(すりおろし), サラダ油 , 塩(なすのあく抜き用), 塩こしょう, スプリングオニオン, 【合わせダレ】, みそ, みりん, 酒, 砂糖, ケチャップ
cookbuzz
PRO
イギリスのスーパーでもやしを見つけ、嬉しくてつい買ったはいいけれど、どうやって食べようか考えているうちに傷んでしまった、なんてよくある話。そんな時は迷わずピリ辛。冷めてからでも美味しくいただけます。
もやし, 塩(茹で用), スプリングオニオン, 白ごま(あれば), 【ピリ辛だれ】, ごま油 , しょう油, めんつゆ, コチュジャン, すりごま, 塩こしょう, おろしにんにく, 鶏がらスープの素 , 砂糖, 一味(カイエンペッパーでも)
ナスはチーズやピリ辛と合うけれど、生姜との相性も抜群。油でさっと焼いてタレとすりおろした生姜を入れてマゼマゼするだけでとっても美味しい一品が出来ちゃう。テクニック一切無用の簡単レシピ。お試しあれ。
なす, サラダ油, 酒, みりん, めんつゆ(3倍濃縮), 砂糖, しょうが(すりおろし), スプリングオニオン
ペペロンチーノが美味しく作れる人なら誰でも出来ちゃう簡単レシピ。ロケット(ルッコラ)は買ったはいいけど、案外食べきらない葉っぱ。これなら好きなだけ乗せてムシャムシャ行けちゃいます。
スパゲティ, にんにく, 鷹の爪, オリーブオイル, ロケット(ルッコラ), 生ハム, チェリートマト, 塩, 黒こしょう, パルミジャーノレッジャーノ
KitchenCIB
HOME
11年に渡ってバッキンガム宮殿でシェフをつとめ、その後はケンジントン宮殿でダイアナ元妃のパーソナルシェフを務めたダレン・マグラディ氏が公開した、エリザベス女王が最も愛したというレシピです。
ステーキ肉(フィレ), ポテト(またはパースニップ), 玉ねぎ(中), マッシュルーム, ベビーキャロット, バター(有塩), ダブルクリーム, 塩こしょう, ウイスキー(アイリッシュ), ビーフストック, ウォータークレス(飾り)
Tobuchan
HOME
イギリスで手に入るスイートポテトは日本のサツマイモより甘味が足りないのが残念。でも、バターシュガーで絡めればあっという間に大学イモっぽい美味しい一品が完成しちゃう。塩の代わりに醤油小さじ1/2でもOK
スイートポテト, バター(有塩), 砂糖 , みりん , 塩, 白ごま
cookbuzz
PRO