コジェット(ズッキーニ)パスタ

もしかしたら本物のパスタより美味しいかも。べジだけでもここまでイケる?
Prep:5mins cook: 10mins

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)
2人分 準備: 5 min 調理: 10 min

材料

コジェット(大) 2本
たまねぎ 1/4個
にんにく(大) 1片
オリーブオイル 大さじ3
鷹の爪
プチトマト
塩水(塩小さじすりきり1) 100ml
パルミジャーノレッジャーノ お好みで

作り方

1
昔懐かしい鉛筆削りのようなスライサー。コジェットを差し込んでくるくる回すだけでスパゲッティのように細長くスライスできます
2
大き目のフライパンにオリーブオイル大さじ3を敷いて中火で温め、潰したニンニク半分と刻んだ玉ねぎを入れます。
3
タマネギに色が付いて来たら種をとって砕いた鷹の爪と残りのニンニクを細かく刻んで入れます。
4
プチトマトを半分に切って入れたら塩水200mlを入れて沸騰させ、フライパンを良く振って油と水を乳化させます。
5
水分が半分くらいに減ったらコジェットパスタを入れてよく混ぜてコジェットにソースを吸わせます。
6
3分程度火を入れたらお皿にうず高く盛り付け、上から好きなだけパルミジャーノチーズを振って完成です。
7
vegetable slicer で検索すればこんなパスタマシーンがいっぱい出てきます。これは10ポンド前後でした。

コツ・ポイント

●パルミジャーノレッジャーノはお好みですが、コジェットとチーズの相性はバツグンです。
●ソースはよく水分を飛ばし、油と水分をしっかり混ぜ合わせる(乳化)させることでうま味となります。ここ、手を抜くと水っぽいパスタになってしまいます。

コジェット(ズッキーニ)パスタ

もしかしたら本物のパスタより美味しいかも。べジだけでもここまでイケる?
Prep:5mins cook: 10mins

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)

2人分

準備: 5 min

調理: 10 min

材料

コジェット(大) 2本
たまねぎ 1/4個
にんにく(大) 1片
オリーブオイル 大さじ3
鷹の爪
プチトマト
塩水(塩小さじすりきり1) 100ml
パルミジャーノレッジャーノ お好みで

コジェット(ズッキーニ)パスタ

レシピID :1966 投稿日 11 JUL 2016

2人分

準備 5min
調理 10min
閲覧数 6,307
印刷数 4

お気に入り登録 0

もしかしたら本物のパスタより美味しいかも。べジだけでもここまでイケる?
Prep:5mins cook: 10mins

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
2本
1/4個
1片
大さじ3
100ml
お好みで

作り方

準備
5min
調理
10min
1
昔懐かしい鉛筆削りのようなスライサー。コジェットを差し込んでくるくる回すだけでスパゲッティのように細長くスライスできます
2
大き目のフライパンにオリーブオイル大さじ3を敷いて中火で温め、潰したニンニク半分と刻んだ玉ねぎを入れます。
3
タマネギに色が付いて来たら種をとって砕いた鷹の爪と残りのニンニクを細かく刻んで入れます。
4
プチトマトを半分に切って入れたら塩水200mlを入れて沸騰させ、フライパンを良く振って油と水を乳化させます。
5
水分が半分くらいに減ったらコジェットパスタを入れてよく混ぜてコジェットにソースを吸わせます。
6
3分程度火を入れたらお皿にうず高く盛り付け、上から好きなだけパルミジャーノチーズを振って完成です。
7
vegetable slicer で検索すればこんなパスタマシーンがいっぱい出てきます。これは10ポンド前後でした。

コツ・ポイント

●パルミジャーノレッジャーノはお好みですが、コジェットとチーズの相性はバツグンです。
●ソースはよく水分を飛ばし、油と水分をしっかり混ぜ合わせる(乳化)させることでうま味となります。ここ、手を抜くと水っぽいパスタになってしまいます。

HOME
KitchenCIB
220レシピ公開中!

KITCHENCIB
Step into my kitchen!
玉ねぎを薄切りにして3つの調味料にマリネするだけ。
たまねぎ, ●ポン酢, ●めんつゆ(3倍濃縮), 米酢(●白ワインビネガー可), 鷹の爪, 塩
HOME
ちょっと贅沢だけどおもてなしにグッドです
ご飯, パルマハム, 焼き肉のタレ, 松の実, 白ごま
HOME
アスパラガスをギュウっと絞ってうま味を引き出します。
リングイネ, アスパラガス, パンチェッタ(ベーコン), にんにく, チェリーバイントマト, オリーブオイル, バター
HOME
超簡単でおもてなしにも便利
セロリアック, チェダーチーズ grated cheddar, にんにく, ハーブ(ハーブ・ド・プロバンス or タイム), バター, 生クリーム(シングル), 塩コショウ, パン粉
HOME
もやしとほうれん草、どちらもすぐ火が入るからあっという間にできちゃうライトでヘルシーなお味噌汁
お湯, だしの素, 味噌(赤、または合わせ), もやし, ほうれん草, スプリングオニオン
HOME
ごま油、鶏がらスープの素、豆板醤をささっと混ぜるだけで出来る最強のピリ辛ソース。適当に切ったセロリとまぜまぜするだけ。お箸が止まりません。
セロリ, ごま油, 鶏ガラスープの素, 豆板醤(とうばんじゃん), 白ごま
HOME

似たレシピ

ビタミンB、C、カロテンや鉄分を豊富に含み、がんの予防にもいいとされるブロッコリーを大量摂取する美味しいパスタです。
ブロッコリー, にんにく, アンチョビ, 鷹の爪, サンドライドトマト, オリーブオイル, お好みでパルメザンチーズ, お好みのパスタ
KitchenCIB
HOME
カルボナーラ、カチオ・エ・ペペと並ぶローマの3大パスタ「アマトリチャーナ」。ローマの3大パスタの一つ、と言っているだけで三本の指に入る美味しいパスタって意味じゃありません。
グアンチャーレ(パンチェッタでOK), スパゲティ, 塩(パスタ茹で用), トマト缶(小), 白ワイン, 黒コショウ, ペコリーノ・ロマーノチーズ
KitchenCIB
HOME
パーティにぴったりの量ができます。
セロリアック, コジェット(ズッキーニ), ロケット, ブルーチーズ, 白ワイン・ビネガー, オリーブ・オイル, 塩, コショウ
スーパーで簡単に手に入るホウレンソウを使って万能ペストソースを作りました。パスタに和えるだけでなく、焼いた鶏や魚に塗ったり、生野菜のスティックサラダのディップにしたり、色々使えます。
ホウレンソウ, ナッツ(無塩), にんにく, 刻んだチーズ, 塩, コショウ, レモンかライム, オリーブオイル
2012年にパスタ世界チャンピオンとなられた山田剛嗣シェフのレシピ完全再現です。
ダブルクリーム(シングルでも), 卵黄, 黒コショウ, パルミジャーニチーズ, タリアテッレパスタ, にんにく, たまねぎ, ベーコン, Pure オリーブオイル, バター, 塩, イタリアンパセリ, パルミジャーニ
Tobuchan
HOME
カッチョはチーズ、ペペは胡椒。イタリア・ラツィオ地方の伝統レシピ。間食として子どもにも大人にも人気だとか。こんなん週末、サクッと作ったら「パパ、かっちょええ」と株も上がります...(冷汗)
スパゲッティ, 塩(パスタ茹で用), バター, オリーブオイル, 胡椒, 水, パルミジャーノ・レッジーノ
Tobuchan
HOME

新着レシピ

豚の脂となすの相性は抜群。なすは焼くのも揚げるのも結構手間。なのでやっぱりレンチンしましょ。合わせダレの隠し味は旨味ギッシリのケチャップ。ご飯がススム一品です。
なす(大) , 豚バラ, にんにく(すりおろし), しょうが(すりおろし), サラダ油 , 塩(なすのあく抜き用), 塩こしょう, スプリングオニオン, 【合わせダレ】, みそ, みりん, 酒, 砂糖, ケチャップ
cookbuzz
PRO
イギリスのスーパーでもやしを見つけ、嬉しくてつい買ったはいいけれど、どうやって食べようか考えているうちに傷んでしまった、なんてよくある話。そんな時は迷わずピリ辛。冷めてからでも美味しくいただけます。
もやし, 塩(茹で用), スプリングオニオン, 白ごま(あれば), 【ピリ辛だれ】, ごま油 , しょう油, めんつゆ, コチュジャン, すりごま, 塩こしょう, おろしにんにく, 鶏がらスープの素 , 砂糖, 一味(カイエンペッパーでも)
ナスはチーズやピリ辛と合うけれど、生姜との相性も抜群。油でさっと焼いてタレとすりおろした生姜を入れてマゼマゼするだけでとっても美味しい一品が出来ちゃう。テクニック一切無用の簡単レシピ。お試しあれ。
なす, サラダ油, 酒, みりん, めんつゆ(3倍濃縮), 砂糖, しょうが(すりおろし), スプリングオニオン
ペペロンチーノが美味しく作れる人なら誰でも出来ちゃう簡単レシピ。ロケット(ルッコラ)は買ったはいいけど、案外食べきらない葉っぱ。これなら好きなだけ乗せてムシャムシャ行けちゃいます。
スパゲティ, にんにく, 鷹の爪, オリーブオイル, ロケット(ルッコラ), 生ハム, チェリートマト, 塩, 黒こしょう, パルミジャーノレッジャーノ
KitchenCIB
HOME
11年に渡ってバッキンガム宮殿でシェフをつとめ、その後はケンジントン宮殿でダイアナ元妃のパーソナルシェフを務めたダレン・マグラディ氏が公開した、エリザベス女王が最も愛したというレシピです。
ステーキ肉(フィレ), ポテト(またはパースニップ), 玉ねぎ(中), マッシュルーム, ベビーキャロット, バター(有塩), ダブルクリーム, 塩こしょう, ウイスキー(アイリッシュ), ビーフストック, ウォータークレス(飾り)
Tobuchan
HOME
イギリスで手に入るスイートポテトは日本のサツマイモより甘味が足りないのが残念。でも、バターシュガーで絡めればあっという間に大学イモっぽい美味しい一品が完成しちゃう。塩の代わりに醤油小さじ1/2でもOK
スイートポテト, バター(有塩), 砂糖 , みりん , 塩, 白ごま
cookbuzz
PRO