リンゴのカルパッチョ

オシャレな前菜でおもてなし

Recipe By: Mizue (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/32)
2人分 準備: 15 min 調理: 20 min

材料

リンゴ 2個
(coxやbraeburn, golden deliciousなど甘さと酸味が程よいバランスのもの)
1個
パルミジャーノレッジャーノ 20g
小さいきゅうりのピクルス(cornichon) 20g(3本程度)
エクストラヴァージンオリーブオイル 大さじ1
ホワイトバルサミコ(なければレモン汁) 小さじ1.5
くるみ(ピーカンナッツでも可) 20g
塩コショウ 適量

作り方

1
卵は塩少々を加えた水に入れ、火にかけ沸騰してから15分程度ゆでたら、すぐに冷たい水で冷やして殻を剥いておく。
2
リンゴは皮を剥き、半分にしてから芯を取り、スライサーなどでスライスし、塩水にくぐらせた後、水気をよく切っておく。
3
ピクルスはみじん切りにし、パルミジャーノは薄くスライスしておく。
4
くるみは粗みじん切りにし、フライパンでから炒りしておく。
5
大きめの皿に、②を平たく並べ、上からオリーブオイルを回しかける。
6
バルサミコを散らすようにして振りかけ、さらに③、④を順にのせたら、最後にゆで卵を擦りおろしながら中央に散らす。
7
塩コショウをパラリとふって出来上がり。
8
これがホワイトバルサミコ

コツ・ポイント

リンゴのカルパッチョ

オシャレな前菜でおもてなし

Recipe By: Mizue (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/32)

2人分

準備: 15 min

調理: 20 min

材料

リンゴ 2個
(coxやbraeburn, golden deliciousなど甘さと酸味が程よいバランスのもの)
1個
パルミジャーノレッジャーノ 20g
小さいきゅうりのピクルス(cornichon) 20g(3本程度)
エクストラヴァージンオリーブオイル 大さじ1
ホワイトバルサミコ(なければレモン汁) 小さじ1.5
くるみ(ピーカンナッツでも可) 20g
塩コショウ 適量

リンゴのカルパッチョ

レシピID :638 投稿日 31 MAY 2015

2人分

準備 15min
調理 20min
閲覧数 5,610
印刷数 202

お気に入り登録 0

オシャレな前菜でおもてなし

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
2個
1個
20g
20g(3本程度)
大さじ1
小さじ1.5
20g
適量

作り方

準備
15min
調理
20min
1
卵は塩少々を加えた水に入れ、火にかけ沸騰してから15分程度ゆでたら、すぐに冷たい水で冷やして殻を剥いておく。
2
リンゴは皮を剥き、半分にしてから芯を取り、スライサーなどでスライスし、塩水にくぐらせた後、水気をよく切っておく。
3
ピクルスはみじん切りにし、パルミジャーノは薄くスライスしておく。
4
くるみは粗みじん切りにし、フライパンでから炒りしておく。
5
大きめの皿に、②を平たく並べ、上からオリーブオイルを回しかける。
6
バルサミコを散らすようにして振りかけ、さらに③、④を順にのせたら、最後にゆで卵を擦りおろしながら中央に散らす。
7
塩コショウをパラリとふって出来上がり。
8
これがホワイトバルサミコ
PRO
Mizue
179レシピ公開中!

MIZUE
Step into my kitchen!
ワンタンのようなつるつる感が美味しい 所要時間 25分
豚バラ肉, 白菜, ねぎ, ラザニア, 豆板醤, しょうが, 中華スープの素, 酒, 塩, ごま油, 水溶き片栗粉
PRO
バレンタインを相当意識してハート型(滅多に使わない)に抜いてみました。 欲求の赴くままなケーキ。本来はスポンジがバターケーキです。クリームとジャムが入るなら、ココは卵を泡立てたスポンジケーキでしょおお
無塩バター, (ゴールデン)マジパン, 卵, カスターシュガー, スポンジフラワー(薄力粉), 種なしラズベリージャム, <バタークリーム>, 粉砂糖, <シロップ>, グラニュー糖、もしくはカスターシュガー, 熱湯, グランマニエ
PRO
ワインのお供にもピッタリ! 所要時間 15分 (下ごしらえとマリネする時間を除く)
鶏レバー , 塩(下ごしらえ用), 塩, 砂糖, ベイリーフ(月桂樹の葉), 赤玉ねぎ(小), レモン , ケッパーcapers , フラットパセリ , エキストラバージンオリーブオイル, 黒こしょう(お好みで)
PRO
子供も大好き
じゃがいも, ラム挽肉, 玉ねぎ, にんにく, 卵, ミントの葉(刻んだもの大さじ2程度), 塩コショウ, 春巻きの皮(20センチ角程度のもの), 薄力粉, オリーブオイル, サラダオイル, [スイートチリソース], 豆板醤, ホワイトビネガー, 砂糖
PRO
手間いらずのおしゃれデザート
イチゴ, カスターシュガー, ダブルクリーム, メランゲ
PRO
ブルグ麦を使って調理時間を大幅短縮!
ブルグ麦 bulgar, オリーブオイル, 玉ねぎ(小), チョリソ, 冷凍コーン, 白ワイン, トマトピューレ, ハリッサペースト, 卵, 酢, モッツァレラチーズ(けずってあるもの), 固形スープの素, 湯, 塩コショウ, ロマノ・ペッパー(お好みで)
PRO

コメント


クリックして
I made itに
写真を載せる

似たレシピ

イタリアンでおなじみの食材をお寿司に合わせてみました。違和感のなく、とっても美味しいです。騙されたと思って、一度お試しあれ。
炊きたてのご飯 : boiled Japanese rice, すし酢: sushi vineger, おかか : dried bonito flakes, しょうゆ : soy sauce, モッツァレッラチーズ : mozzarella cheese, 生ハム(プロシュート) : prosciutto, フレッシュバジル : fresh basil
Mizue
PRO
生ハムにメロンも良いけれど、水気の少ない完熟イチジクと一緒に食べると、塩気の利いたハムの旨味とイチジクの甘みを、噛みしめながらじっくり味わうことができます。ミシュラン星付きレストランの味。
生ハム薄切り, 完熟イチジク, ルコラ
夏にぴったりなライスサラダです。ピクニックにも♪
炊いたご飯, トマト, きゅうり, 人参, 紫玉ねぎのみじん切り, オリーブ, バジルの葉(ミントでも), フェタチーズ, ●オリーブオイル, ●サイダービネガー(りんご酢), ●レモン汁, ●塩、ブラックペッパー
KT
HOME
パーガトリー(煉獄)とは中世カトリックで死後, 天国に入る前に罪の浄化を受ける場なんだって。味の決め手は一にも二にもトマト。頑張って甘くて美味しいチェリートマトをゲットせよ! 簡単すぎて笑える一品よ。
たまご, チェリートマト, たまねぎ(中), バジル, オリーブオイル , 塩こしょう, パルミジャーノ・レッジャーノ, バゲット
cookbuzz
PRO
モッツアレラのカプレーゼ、美味しいけど水っぽい。そこでこれからの季節、トマトをオーブンでセミドライにして、旨み濃厚かつ水っぽくないカプレーゼを。作ったセミドライトマトは他の料理にも色々活用できます。
トマト, モッツアレラ, 塩, オリーブオイル, バルサミコ酢
超簡単でおしゃれな前菜
寿司飯, チコリchicory (外側の大きな葉) , バジル, モッツァレッラ(2センチ角の大きさ), 生ハム, エクストラバージンオリーブオイル, 黒コショウ
Mizue
PRO

新着レシピ

豚の脂となすの相性は抜群。なすは焼くのも揚げるのも結構手間。なのでやっぱりレンチンしましょ。合わせダレの隠し味は旨味ギッシリのケチャップ。ご飯がススム一品です。
なす(大) , 豚バラ, にんにく(すりおろし), しょうが(すりおろし), サラダ油 , 塩(なすのあく抜き用), 塩こしょう, スプリングオニオン, 【合わせダレ】, みそ, みりん, 酒, 砂糖, ケチャップ
cookbuzz
PRO
イギリスのスーパーでもやしを見つけ、嬉しくてつい買ったはいいけれど、どうやって食べようか考えているうちに傷んでしまった、なんてよくある話。そんな時は迷わずピリ辛。冷めてからでも美味しくいただけます。
もやし, 塩(茹で用), スプリングオニオン, 白ごま(あれば), 【ピリ辛だれ】, ごま油 , しょう油, めんつゆ, コチュジャン, すりごま, 塩こしょう, おろしにんにく, 鶏がらスープの素 , 砂糖, 一味(カイエンペッパーでも)
ナスはチーズやピリ辛と合うけれど、生姜との相性も抜群。油でさっと焼いてタレとすりおろした生姜を入れてマゼマゼするだけでとっても美味しい一品が出来ちゃう。テクニック一切無用の簡単レシピ。お試しあれ。
なす, サラダ油, 酒, みりん, めんつゆ(3倍濃縮), 砂糖, しょうが(すりおろし), スプリングオニオン
ペペロンチーノが美味しく作れる人なら誰でも出来ちゃう簡単レシピ。ロケット(ルッコラ)は買ったはいいけど、案外食べきらない葉っぱ。これなら好きなだけ乗せてムシャムシャ行けちゃいます。
スパゲティ, にんにく, 鷹の爪, オリーブオイル, ロケット(ルッコラ), 生ハム, チェリートマト, 塩, 黒こしょう, パルミジャーノレッジャーノ
KitchenCIB
HOME
11年に渡ってバッキンガム宮殿でシェフをつとめ、その後はケンジントン宮殿でダイアナ元妃のパーソナルシェフを務めたダレン・マグラディ氏が公開した、エリザベス女王が最も愛したというレシピです。
ステーキ肉(フィレ), ポテト(またはパースニップ), 玉ねぎ(中), マッシュルーム, ベビーキャロット, バター(有塩), ダブルクリーム, 塩こしょう, ウイスキー(アイリッシュ), ビーフストック, ウォータークレス(飾り)
Tobuchan
HOME
イギリスで手に入るスイートポテトは日本のサツマイモより甘味が足りないのが残念。でも、バターシュガーで絡めればあっという間に大学イモっぽい美味しい一品が完成しちゃう。塩の代わりに醤油小さじ1/2でもOK
スイートポテト, バター(有塩), 砂糖 , みりん , 塩, 白ごま
cookbuzz
PRO