リンゴのカルパッチョ

オシャレな前菜でおもてなし

Recipe By: Mizue (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/32)
2人分 準備: 15 min 調理: 20 min

材料

リンゴ 2個
(coxやbraeburn, golden deliciousなど甘さと酸味が程よいバランスのもの)
1個
パルミジャーノレッジャーノ 20g
小さいきゅうりのピクルス(cornichon) 20g(3本程度)
エクストラヴァージンオリーブオイル 大さじ1
ホワイトバルサミコ(なければレモン汁) 小さじ1.5
くるみ(ピーカンナッツでも可) 20g
塩コショウ 適量

作り方

1
卵は塩少々を加えた水に入れ、火にかけ沸騰してから15分程度ゆでたら、すぐに冷たい水で冷やして殻を剥いておく。
2
リンゴは皮を剥き、半分にしてから芯を取り、スライサーなどでスライスし、塩水にくぐらせた後、水気をよく切っておく。
3
ピクルスはみじん切りにし、パルミジャーノは薄くスライスしておく。
4
くるみは粗みじん切りにし、フライパンでから炒りしておく。
5
大きめの皿に、②を平たく並べ、上からオリーブオイルを回しかける。
6
バルサミコを散らすようにして振りかけ、さらに③、④を順にのせたら、最後にゆで卵を擦りおろしながら中央に散らす。
7
塩コショウをパラリとふって出来上がり。
8
これがホワイトバルサミコ

コツ・ポイント

リンゴのカルパッチョ

オシャレな前菜でおもてなし

Recipe By: Mizue (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/32)

2人分

準備: 15 min

調理: 20 min

材料

リンゴ 2個
(coxやbraeburn, golden deliciousなど甘さと酸味が程よいバランスのもの)
1個
パルミジャーノレッジャーノ 20g
小さいきゅうりのピクルス(cornichon) 20g(3本程度)
エクストラヴァージンオリーブオイル 大さじ1
ホワイトバルサミコ(なければレモン汁) 小さじ1.5
くるみ(ピーカンナッツでも可) 20g
塩コショウ 適量

リンゴのカルパッチョ

レシピID :638 投稿日 31 MAY 2015

2人分

準備 15min
調理 20min
閲覧数 2,826
印刷数 159

お気に入り登録 0

オシャレな前菜でおもてなし

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
2個
1個
20g
20g(3本程度)
大さじ1
小さじ1.5
20g
適量

作り方

準備
15min
調理
20min
1
卵は塩少々を加えた水に入れ、火にかけ沸騰してから15分程度ゆでたら、すぐに冷たい水で冷やして殻を剥いておく。
2
リンゴは皮を剥き、半分にしてから芯を取り、スライサーなどでスライスし、塩水にくぐらせた後、水気をよく切っておく。
3
ピクルスはみじん切りにし、パルミジャーノは薄くスライスしておく。
4
くるみは粗みじん切りにし、フライパンでから炒りしておく。
5
大きめの皿に、②を平たく並べ、上からオリーブオイルを回しかける。
6
バルサミコを散らすようにして振りかけ、さらに③、④を順にのせたら、最後にゆで卵を擦りおろしながら中央に散らす。
7
塩コショウをパラリとふって出来上がり。
8
これがホワイトバルサミコ
PRO
Mizue
179レシピ公開中!

MIZUE
Step into my kitchen!
《動画》イギリスのウスターソースとオニオンマーマレードを使ったソース。鶏の唐揚げにくぐらせるだけ。中華風の様な和風の様な、ご飯がすすみ過ぎてゴメンナサイ。
皮付き鶏もも肉: chicken thigh with skin, 塩コショウ: salt & ground black peppercorns, 酒: sake, 片栗粉: potato starch, サラダオイル: vegetable, sunflower or corn oil, ウスターソース: Worcestershire sauce, オニオンマーマレード(オニオンチャツネ): onion marmalade, オイスターソース: oyster sauce, みりん: mirin, しょうゆ: soy sauce, 水: water
PRO
スペインのカタルーニャ地方のプリン風デザートをアレンジ 所要時間20分 (冷蔵庫で冷やし固める時間は除く)
フルファットミルク, バニラペースト, 卵黄, カスターシュガー, コーンフラワー, デメララシュガー, ブラックベリー(飾り用), 【ベリーピューレ】, ストロベリー, ラズベリー, ブラックベリー, 水, レモン汁
PRO
ゆったりとるブランチにピッタリ!
薄力粉, 塩, 卵, 牛乳, サラダオイル, ベーコン, トマト, レタス
PRO
《動画》あまり馴染みのないキャベツの仲間、カーボロネロ。真っ黒で縮れた葉はイタリア黒キャベツとも呼ばれ、スープにすると優しい味わいでとっても美味しいのです。
カーボロネロ(イタリア黒キャベツ), タマネギ(中), カネリニビーンズ(缶詰), パンチェッタ(角切りされたもの), オリーブオイル, ガーリック, 塩, 砂糖, 黒こしょう, お湯
PRO
サクサクと、いい感じの歯ざわり
ラムチョップ, しょうゆ, 酒, しょうが, 薄力粉, マッツォミール, サラダオイル(揚げ油として)
PRO
栄養価が高く、イギリスでも人気のあるキヌア: quinoa。プチプチの歯ごたえを楽しむサラダです
キヌア: quinoa, サヤインゲン: French beans, プチトマト: mini tomatoes, レモン: lemon, エクストラバージンオリーブオイル: extra virgin olive oil, 塩コショウ: salt&pepper;
PRO

コメント


クリックして
I made itに
写真を載せる

似たレシピ

超簡単でおしゃれな前菜
寿司飯, チコリchicory (外側の大きな葉) , バジル, モッツァレッラ(2センチ角の大きさ), 生ハム, エクストラバージンオリーブオイル, 黒コショウ
Mizue
PRO
モッツアレラのカプレーゼ、美味しいけど水っぽい。そこでこれからの季節、トマトをオーブンでセミドライにして、旨み濃厚かつ水っぽくないカプレーゼを。作ったセミドライトマトは他の料理にも色々活用できます。
トマト, モッツアレラ, 塩, オリーブオイル, バルサミコ酢
パーティーのフィンガーフードとしても大活躍
カリフラワー, リーク, にんにく, じゃがいも, オリーブオイル, スティルトンチーズ, チャイブ
Mizue
PRO
イタリアンでおなじみの食材をお寿司に合わせてみました。違和感のなく、とっても美味しいです。騙されたと思って、一度お試しあれ。
炊きたてのご飯 : boiled Japanese rice, すし酢: sushi vineger, おかか : dried bonito flakes, しょうゆ : soy sauce, モッツァレッラチーズ : mozzarella cheese, 生ハム(プロシュート) : prosciutto, フレッシュバジル : fresh basil
Mizue
PRO
ソースの鮮やかな色で華やかに仕上げる! 所要時間20分(冷蔵庫で冷やす時間は除く)
ゼラチン, 牛乳, 生クリーム, 砂糖, バニラポッド, 【ラズベリーソース】, 冷凍ラズベリー, コーンフラワー
motoko
HOME
超簡単でこんなにオシャレ 所要時間 5分
mozzarella cheese, 削り節, しょうゆ, チャイブ chives, エクストラヴァージンオリーブオイル, 練りわさび
Mizue
PRO

新着レシピ

材料を炒め煮してから蒸した本格中華ちまき。
もち米, 焼き豚、煮豚、ポッサムなど, 干し椎茸, 干し海老, 人参, リーク, しょうゆ, 砂糖, オイスターソース, 日本酒, 塩, 水(戻し汁と合わせて)
KGOHAN
PRO
冷凍のフライドポテト、カラッと美味しく作るコツはニ度揚げ。140度ぐらいから揚げ始め、160度程度で2分。一回休ませ、170-180度で30秒程度二度揚げすると、カラッと美味しく出来上がります。
冷凍フライドポテト, 揚げ油
お肉ガッツリのイギリス式ハンバーグも食べごたえありますが、柔らかくてジューシーな日本のハンバーグもたまには良いもの。炒めた玉ねぎ、食パン、滑らかな表面が決め手です。
挽き肉, 玉ねぎ, 食パン, 牛乳, 卵, 塩コショウ
イギリスでは3月がホタテの旬。身も大きく、味もしっかり。この季節ならではの食材を美味しく。
生ホタテ, バター, ペストソース, 塩コショウ, レモン
添え野菜が欲しい時、ジャガイモを電子レンジで火を通し、炒めたベーコンと和えて、味を馴染ませて出来上がり。調理台が空いてない時、急いで副菜を作りたい時にどうぞ。
新ジャガ, ベーコン, 玉ねぎ
簡単に買えるジャガイモと、自宅の残り食材でコロッケ。マッシュポテトサラダを揚げたものですので、油で揚げなければそのままサラダとして食べて下さい。
ジャガイモ, (例)ベーコン, (例)缶詰コーン, ●バター, ●小麦粉, ●牛乳, 食パンの残りで作るパン粉, 卵、水, 小麦粉