チーズ&ベーコン トマトのリピエーノ

リピエーノはイタリア語で「詰める」と言う意味です。たっぷりチーズにたまごを落としてベイクした楽しい一品です。

Recipe By: Patricia (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/372)
2個分 準備: 15 min 調理: 15 min

材料

ビーフトマト(中)
たまご
ベーコン 1枚
ベジタブルオイル 小さじ1
カッテージチーズ 大さじ山盛り1
チェダーチーズ 大さじ4
パルミジャーノレッジャーノ 大さじ3
塩コショウ 適量
スプリングオニオン

作り方

1
スペイン産のBeef Tomatoを使いました。上(ヘタのある方)の4分の1くらいを横にスライスして切り取ります。
2
細かく切ったベーコンを4,5分かけてカリカリに焼きます。油は小さじ1。
3
ボウルにカッテージチーズ、チェダーチーズ、スプリングオニオン、Step2のベーコンを入れ軽く塩こしょうをしてよく混ぜます。
4
アルミフォイルでリングを作ったらオーブントレイの上に置きます。オーブンを180℃に温めます。
5
トマトの中身をくり抜いて中のジュルットした部分や種を拭き取り、全体にブラシでオリーブオイルを塗ります。内側にも淵にも塗ります。
6
フォイルのリングの上にトマトを乗せ、Step3の具材をトマトの中、深さ3分の2くらいまでギッシリ詰めます。
7
真ん中にくぼみを作ったらそこにたまごを割り入れます。
8
たっぷりの削りパルミジャーノチーズをふり掛けたらオーブンに入れて15分焼きます。蓋も油を塗って一緒に。焼けたらできあがり。
9
黄身は半熟にしてドロリとなったところにパンなどをディップしていただきます。

コツ・ポイント

トマトは焼くと水っぽくなるので中身をくり抜いたらキッチンペーパーで中の水分を吸収させておきます。

チーズ&ベーコン トマトのリピエーノ

リピエーノはイタリア語で「詰める」と言う意味です。たっぷりチーズにたまごを落としてベイクした楽しい一品です。

Recipe By: Patricia (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/372)

2個分

準備: 15 min

調理: 15 min

材料

ビーフトマト(中)
たまご
ベーコン 1枚
ベジタブルオイル 小さじ1
カッテージチーズ 大さじ山盛り1
チェダーチーズ 大さじ4
パルミジャーノレッジャーノ 大さじ3
塩コショウ 適量
スプリングオニオン

チーズ&ベーコン トマトのリピエーノ

レシピID :2201 投稿日 24 NOV 2016

2個分

準備 15min
調理 15min
閲覧数 3,731
印刷数 4

お気に入り登録 1

リピエーノはイタリア語で「詰める」と言う意味です。たっぷりチーズにたまごを落としてベイクした楽しい一品です。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
1枚
小さじ1
大さじ山盛り1
大さじ4
大さじ3
適量

作り方

準備
15min
調理
15min
1
スペイン産のBeef Tomatoを使いました。上(ヘタのある方)の4分の1くらいを横にスライスして切り取ります。
2
細かく切ったベーコンを4,5分かけてカリカリに焼きます。油は小さじ1。
3
ボウルにカッテージチーズ、チェダーチーズ、スプリングオニオン、Step2のベーコンを入れ軽く塩こしょうをしてよく混ぜます。
4
アルミフォイルでリングを作ったらオーブントレイの上に置きます。オーブンを180℃に温めます。
5
トマトの中身をくり抜いて中のジュルットした部分や種を拭き取り、全体にブラシでオリーブオイルを塗ります。内側にも淵にも塗ります。
6
フォイルのリングの上にトマトを乗せ、Step3の具材をトマトの中、深さ3分の2くらいまでギッシリ詰めます。
7
真ん中にくぼみを作ったらそこにたまごを割り入れます。
8
たっぷりの削りパルミジャーノチーズをふり掛けたらオーブンに入れて15分焼きます。蓋も油を塗って一緒に。焼けたらできあがり。
9
黄身は半熟にしてドロリとなったところにパンなどをディップしていただきます。
HOME
Patricia
9レシピ公開中!

PATRICIA
Step into my kitchen!
本当はフレッシュなサーディンで作るレシピですが、イギリスでは手に入りづらいので缶詰で作ります。それでもちょっとした工夫でとっても美味しくできますよ。
スパゲッティ, サーディン缶(トマトソース), にんにく, オリーブオイル, ドライドチリ, フィッシュストックキューブ, パセリ
HOME
パンフライしたナスでクルクルっと巻いてオーブンで焼くだけ。簡単なのにとっても美味しい一品です。
ナス(大), オリーブオイル, 塩コショウ, マッシュルーム(中), ツナ缶, パルミジャーノレッジアーノ(粉), トマトソース(市販のお好みのもの), オレガノ, 松の実, チェダーチーズ
HOME
ちょっと見、ゴージャスですが実はとっても簡単ですよ
チキン胸肉, 塩コショウ, ベイビースピナッチ, にんじん(1cm角×10cm), さやいんげん, パルマハム, オリーブオイル, トマトソース(市販)
HOME
リピエーノはイタリア語で「詰める」と言う意味です。たっぷりチーズにたまごを落としてベイクした楽しい一品です。
ビーフトマト(中), たまご, ベーコン, ベジタブルオイル, カッテージチーズ, チェダーチーズ, パルミジャーノレッジャーノ, 塩コショウ, スプリングオニオン
HOME
どこの家庭でもよく作られているイタリアの家庭料理です
鶏むね肉, 塩コショウ, 小麦粉, たまご, パン粉, サラダ油, トマトソース(市販), パルミジャーノレッジャーノ, モッツアレラチーズ
HOME
スモークされたマッセル(ムール貝)とオイスターの缶詰を2つ同時に使って美味しいリガトーニ。
燻製オイスターの缶詰, 燻製ムール貝の缶詰, にんにく, ドライチリ, リガトーニ, パセリ, 塩(パスタ茹で用)
HOME
伝統的なイタリア、シシリー島のレシピ。小さじ1杯のココアパウダーで味がピシッと締まります。
なす(大), たまねぎ, ケイパー, オリーブ(黒または緑), トマト缶(チョップト), オリーブオイル, 白ワインビネガー, ココアパウダー, グラニュー糖, 水, 塩
HOME

似たレシピ

皮をパリパリに焼いてどうぞ
鶏もも肉, 塩こしょう, オリーブオイル, ポモドーロトマト, レモン, パセリ
Patricia
HOME
スプレーオイルをふり掛けてオーブンで焼くだけ。ヘルシーです。
ポークフィレ, 塩こしょう, 小麦粉, たまご, パン粉, スプレーオイル, モッツアレラチーズ, チェリートマト
Tobuchan
HOME
猟師さんたちが鉄砲うちの間にありあわせの食材で作って食べていたと言われる本来粗野でワイルドなチキンカチャトーレ(漁師のチキン)が今ではすっかりオシャレな一品にアップグレードしております。
とりもも肉(骨と皮つき), 小麦粉, たまねぎ, にんにく, 赤ピーマン, トマト缶(またはトマト3個), マッシュルーム, セロリ, ケイパー, オリーブオイル, チキンストック, 白ワイン, 塩コショウ, ドライ・オレガノ
Tobuchan
HOME
舌触りなめらか~
じゃがいも, バターナットスクウォッシュのピュレ, 卵黄, 小麦粉, 塩コショウ, 生ハム, ダブルクリーム, にんにく, パルメザンチーズ(おろしたもの), ナツメグ(あれば)
yhiranuma
PRO
以前作ったコジェットの味噌おやき(レシピID385)の発展バージョンです。全て感覚だけでやった割にそれなりの一品になりました。
コジェット(ズッキーニ), 塩, 強力粉(Strong), ベーキングパウダー, 打ち粉用強力粉, トマト&バジル ペースト, grated モッツアレラチーズ
豚ひき肉を白菜とパルマハムで包んで焼いちゃいました。
豚ひき肉, 塩こしょう, しょうが, にんにく, しょう油, ごま油, サラダ油, 白菜の葉(大), パルマハム, お好みのトマトソース
KitchenCIB
HOME

新着レシピ

自家製パン第3弾、チョコマーブルパン。パン生地にチョコレートスプレッドを織り込んで焼きました。マーブルケーキよりふんわり軽く、朝ごはんにもティータイムのおやつにも好評です。
強力粉かセルフレイジング小麦粉, イースト, 砂糖, 塩, ぬるま湯か常温のミルク, 卵, バター, チョコスプレッド
電子レンジで加熱3分、下茹でなしであっという間にマリネの完成。
カリフラワー, きゅうり, 乾燥わかめ, 酢, 砂糖, 塩
KGOHAN
PRO
チキン南蛮のオリジンは昭和30年代に宮崎県延岡市にあった洋食店「ロンドン」のまかない料理という説がある。宮崎で「ロンドン」ってセンス、飛び過ぎ。まあいいや、美味しいから!
鶏モモ肉(中), 塩こしょう, 小麦粉, たまご, サラダ油, パセリ, 【タルタルソース】, たまねぎ, ガーキンピクルス, ゆでたまご, マヨネーズ, 塩, 黒コショウ, 砂糖, 【甘酢ソース】, しょう油, 酢, ケチャップ, 鶏ガラスープの素
cookbuzz
PRO
今回は自家製パンの手ごね版。2回目のロックダウンもこれで乗り切りましょう。総菜パンとして具材にポテトを入れたら、イギリス人にはエーッ!↑でなく、エーッ…↓の反応でした。
強力粉かセルフレイジング小麦粉, ぬるま湯(牛乳), イースト, 砂糖, 塩, 惣菜, 小麦粉(打粉用)
ローマにあるレストランのオーナーシェフ、アルフレードさんがアメリカ人観光客に出したパスタがアメリカで評判になり広がったんだとか。クリーム使うと日本人にはしんどいのでミルクで再現しました。
鶏モモ肉(中), 塩こしょう, オリーブオイル, フェットチーネ, 塩(パスタ茹で用), バター, パルミジャーノレッジャーノ, パセリ, ミルク
cookbuzz
PRO
パンの生地を一晩じっくり発酵させると、こねる手間が省けます。夜に用意して翌日焼くと、ふっくら柔らか。塩麹を使って風味を増しています。
強力粉かセルフレイジング小麦粉, イースト, 砂糖, 塩, 塩麹, 水, チーズ, 玉ねぎスライス, ベーコン, ハーブ