ブロッコリーのピリカラ豆乳煮

これはイケル! 寒い冬に芯からあったま

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)
2人分 準備: 3 min 調理: 10 min

材料

ブロッコリー 1/2株
鶏もも肉 2ブロック
にんにく 3かけ
しょうが 1かけ
豆板醤 大さじ1/2~1
豆乳 2カップ
1/4カップ
大さじ2
オイスターソース 大さじ1
ごま油 大さじ1
揚げ油 適量
海苔 適量

作り方

1
ブロッコリーは子房にわける。鶏もも肉は余分な脂を取り除き一口大にカットする。にんにく、しょうがはみじん切りにする。
2
鍋にごま油を入れ、にんにく、しょうがを入れ弱火でゆっくりと香りをだし、豆板醤を加えてさらに炒める。
3
鶏肉を入れ中火で炒め、色が変わってきたらブロッコリーも加え油がなじむまで炒める。
4
酒を加え、アルコールがとんだら、豆乳と水を入れて弱火で7~8分煮る。
5
最後にオイスターソースを入れて味を確かめ、必要なら塩、コショウで味を調える。
6
もみ海苔を散らして出来上がり。

コツ・ポイント

●豆乳を入れた後は弱火にしないと、噴きこぼれるので要注意。
●豆腐、もやし、白菜などを入れても美味しい。

ブロッコリーのピリカラ豆乳煮

これはイケル! 寒い冬に芯からあったま

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)

2人分

準備: 3 min

調理: 10 min

材料

ブロッコリー 1/2株
鶏もも肉 2ブロック
にんにく 3かけ
しょうが 1かけ
豆板醤 大さじ1/2~1
豆乳 2カップ
1/4カップ
大さじ2
オイスターソース 大さじ1
ごま油 大さじ1
揚げ油 適量
海苔 適量

ブロッコリーのピリカラ豆乳煮

レシピID :705 投稿日 05 JUN 2015

2人分

準備 3min
調理 10min
閲覧数 4,817
印刷数 205

お気に入り登録 1

これはイケル! 寒い冬に芯からあったま

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
1/2株
2ブロック
3かけ
1かけ
大さじ1/2~1
2カップ
1/4カップ
大さじ2
大さじ1
大さじ1
適量
適量

作り方

準備
3min
調理
10min
1
ブロッコリーは子房にわける。鶏もも肉は余分な脂を取り除き一口大にカットする。にんにく、しょうがはみじん切りにする。
2
鍋にごま油を入れ、にんにく、しょうがを入れ弱火でゆっくりと香りをだし、豆板醤を加えてさらに炒める。
3
鶏肉を入れ中火で炒め、色が変わってきたらブロッコリーも加え油がなじむまで炒める。
4
酒を加え、アルコールがとんだら、豆乳と水を入れて弱火で7~8分煮る。
5
最後にオイスターソースを入れて味を確かめ、必要なら塩、コショウで味を調える。
6
もみ海苔を散らして出来上がり。

コツ・ポイント

●豆乳を入れた後は弱火にしないと、噴きこぼれるので要注意。
●豆腐、もやし、白菜などを入れても美味しい。

HOME
KitchenCIB
220レシピ公開中!

KITCHENCIB
Step into my kitchen!
スーパーで売られているセロリ、量多くない?セロリ大好きなんだけど、一人じゃなかなか食べきれない。だったら違った風味で食べられるセロリレシピをいくつも知っておくのは悪くない。これもそのうちの一つです。
セロリ, じゃがいも, にんにく, 鷹の爪, アンチョヴィ, ケイパー, オリーブオイル, 塩 (いも茹で用)
HOME
イギリス人の同僚から学んだ一品です。
食パン, クリームチーズ, グリーンペッパー, ブラックペッパー
HOME
エビの殻がいい仕事をします。
頭付冷凍エビ, 冷凍エビ, レッドチリ, レッドペッパー, スィートハートキャベツ, バター, 味噌(赤、または合わせ味噌), フィッシュストックキューブ, お湯, たまねぎ(中サイズ), しょうが, サーモンフィレ
HOME
イソフラボンと鉄分が豊富でとってもヘルシー! 今日も元気にがんばろう!という気にさせてくれるお味噌汁
お湯, だしの素(顆粒), 味噌(赤、または合わせ), 豆腐(絹でも木綿でも), ベビースピナッチ(ほうれん草), 玉ねぎ(中サイズ), スプリングオニオン
HOME
ごま油、鶏がらスープの素、豆板醤をささっと混ぜるだけで出来る最強のピリ辛ソース。適当に切ったセロリとまぜまぜするだけ。お箸が止まりません。
セロリ, ごま油, 鶏ガラスープの素, 豆板醤(とうばんじゃん), 白ごま
HOME
お世辞にも繊細とは言い難いかなりワイルドでアメリカ的なソースですが、簡単でとても美味しいです。ちなみにDianeとはこのソースを生み出した女性の名前のようですが、詳しくは分かっていないそうです。
お好みのステーキ肉, オリーブオイル, バター, シャロット, マッシュルーム, 塩コショウ, にんにく, ブランデー, ディジョンマスタード, ウスターソース, ダブルクリーム, パセリ
HOME

コメント


クリックして
I made itに
写真を載せる

似たレシピ

ホクホク美味しいターニップ。鶏の脂をしっかり吸って美味しい仕上がりです。
チキンもも肉, 塩こしょう, ターニップ, にんじん, マッシュルーム, 酒, しょう油, みりん, スプリングオニオン
お鍋一つでほっこり大根のそぼろあんかけ。濃いめの味でご飯にぴったり♪
大根, 鶏ひき肉, だし, しょうゆ, 砂糖, 酒, みりん, 塩, 生姜すりおろし, 片栗粉, 水
KGOHAN
PRO
思わずおかわりしたくなる
きゅうりの浅漬け , イカ(内臓、皮を除く), オクラ, 梅干し(ピューレ状に), ご飯, 出しじょうゆ, やわらかめに茹でたウズラの卵または普通の卵(お好みで), 青のり(お好みで)
yhiranuma
PRO
子供も喜ぶ1品
玉ねぎ, にんじん, にんにく, チポラタ・ソーセージchipolata sausage, ニューポテト, 中華風チキンスープ, クリームコーン, コーン, 田舎味噌または白味噌, ミルクとクリーム, ブロッコリー, 塩コショウ, オイル
yhiranuma
PRO
大根は先に20分茹でておくことでやわらか煮込みができあがります。
チキンもも肉, 塩こしょう, 大根, だし汁, 酒, みりん, しょう油, スプリングオニオン
cookbuzz
PRO
ごった煮風の具だくさん 所要時間 40分
チキンドラムスティック, にんじん, キャベツ, スウェード(中)swede, ソーセージ, ゆで卵, あればこんにゃく, あれば豆腐, 昆布, だしの素, しょうゆ, 水

新着レシピ

イギリスのスーパーでもやしを見つけ、嬉しくてつい買ったはいいけれど、どうやって食べようか考えているうちに傷んでしまった、なんてよくある話。そんな時は迷わずピリ辛。冷めてからでも美味しくいただけます。
もやし, 塩(茹で用), スプリングオニオン, 白ごま(あれば), 【ピリ辛だれ】, ごま油 , しょう油, めんつゆ, コチュジャン, すりごま, 塩こしょう, おろしにんにく, 鶏がらスープの素 , 砂糖, 一味(カイエンペッパーでも)
ナスはチーズやピリ辛と合うけれど、生姜との相性も抜群。油でさっと焼いてタレとすりおろした生姜を入れてマゼマゼするだけでとっても美味しい一品が出来ちゃう。テクニック一切無用の簡単レシピ。お試しあれ。
なす, サラダ油, 酒, みりん, めんつゆ(3倍濃縮), 砂糖, しょうが(すりおろし), スプリングオニオン
ペペロンチーノが美味しく作れる人なら誰でも出来ちゃう簡単レシピ。ロケット(ルッコラ)は買ったはいいけど、案外食べきらない葉っぱ。これなら好きなだけ乗せてムシャムシャ行けちゃいます。
スパゲティ, にんにく, 鷹の爪, オリーブオイル, ロケット(ルッコラ), 生ハム, チェリートマト, 塩, 黒こしょう, パルミジャーノレッジャーノ
KitchenCIB
HOME
11年に渡ってバッキンガム宮殿でシェフをつとめ、その後はケンジントン宮殿でダイアナ元妃のパーソナルシェフを務めたダレン・マグラディ氏が公開した、エリザベス女王が最も愛したというレシピです。
ステーキ肉(フィレ), ポテト(またはパースニップ), 玉ねぎ(中), マッシュルーム, ベビーキャロット, バター(有塩), ダブルクリーム, 塩こしょう, ウイスキー(アイリッシュ), ビーフストック, ウォータークレス(飾り)
Tobuchan
HOME
イギリスで手に入るスイートポテトは日本のサツマイモより甘味が足りないのが残念。でも、バターシュガーで絡めればあっという間に大学イモっぽい美味しい一品が完成しちゃう。塩の代わりに醤油小さじ1/2でもOK
スイートポテト, バター(有塩), 砂糖 , みりん , 塩, 白ごま
cookbuzz
PRO
麻婆豆腐とは清の時代、成都にあった料理店主、陳さんの妻が考案した料理が始まりらしい。おかみさんの顔には天然痘で出来たあばた(麻点)があったことから陳麻婆豆腐と呼ばれるようになった。陳麻婆、ありがとう!
はるさめ(vermicelli), 豚ひき肉, リーク, スプリングオニオン, にんにく, サラダ油, 豆板醤, 甜面醤(てんめんじゃん), 豆鼓醤(なければ赤味噌), ごま油(オプション), 【合わせだれ】, 鶏がらスープの素, 酒, しょう油, 砂糖, おろししょうが, 水, 片栗粉
Tobuchan
HOME