海老のミソがたっぷり沁みこんだ絶品リングイネ

海老の頭をギューッと押してうま味をたっぷり引き出すのが美味しさのポイント

Recipe By: Tobuchan (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/25)
2人分 準備: 5 min 調理: 10 min

材料

冷凍エビ(頭付き) 14~16尾
パンチェッタ 50~60g
にんにく 1かけ
チェリートマト 8個
オリーブオイル 大さじ2
塩(パスタ茹で用) 水の1~1.5%
フレッシュパセリ お好みで
リングイネ 240g

作り方

1
エビは冷凍のまま使います。パンチェッタは細切れに。トマトは半分に切ります。
2
フライパンにオイルを敷き、潰したニンニクを入れて中火で温めます。
3
パスタを茹で始めます。水の量に対して1~1.5%の塩。
4
ニンニクはそのままに冷凍エビを入れて3分前後火を入れてからパンチェッタを入れて脂を出していきます。
5
パンチェッタの脂が出てきたらエビの頭をぎゅーっと押さえてミソのうま味を出します。これが最も大切な作業。
6
プチトマトと鷹の爪を入れて1~2分ほど火を入れたらパンチェッタが焦げないように茹で汁をお玉に1.5~2杯ほど入れる。
7
塩味が濃ければ水を足し、足りなければ茹で汁を足します。茹で汁と脂が混ざって乳化し、とろりとしてきたらソースが完成。
8
茹で上がったリングイネを入れてよくこねてソースと絡めて出来上がり。お好みで刻みパセリを振って召し上がれ。

コツ・ポイント

●このサイズのエビなら丸ごと食べられます。
●エビの頭をぎゅーっと押さえてしっかり味噌を出しソースに、パスタに絡める、この一品の成否はこのポイントに尽きます。
●エビのうま味がしっかり出ているので粉チーズはかけない方がいいと思います。

海老のミソがたっぷり沁みこんだ絶品リングイネ

海老の頭をギューッと押してうま味をたっぷり引き出すのが美味しさのポイント

Recipe By: Tobuchan (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/25)

2人分

準備: 5 min

調理: 10 min

材料

冷凍エビ(頭付き) 14~16尾
パンチェッタ 50~60g
にんにく 1かけ
チェリートマト 8個
オリーブオイル 大さじ2
塩(パスタ茹で用) 水の1~1.5%
フレッシュパセリ お好みで
リングイネ 240g

海老のミソがたっぷり沁みこんだ絶品リングイネ

レシピID :1241 投稿日 09 NOV 2015

2人分

準備 5min
調理 10min
閲覧数 2,581
印刷数 76

お気に入り登録 3

海老の頭をギューッと押してうま味をたっぷり引き出すのが美味しさのポイント

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
14~16尾
50~60g
1かけ
8個
大さじ2
水の1~1.5%
お好みで
240g

作り方

準備
5min
調理
10min
1
エビは冷凍のまま使います。パンチェッタは細切れに。トマトは半分に切ります。
2
フライパンにオイルを敷き、潰したニンニクを入れて中火で温めます。
3
パスタを茹で始めます。水の量に対して1~1.5%の塩。
4
ニンニクはそのままに冷凍エビを入れて3分前後火を入れてからパンチェッタを入れて脂を出していきます。
5
パンチェッタの脂が出てきたらエビの頭をぎゅーっと押さえてミソのうま味を出します。これが最も大切な作業。
6
プチトマトと鷹の爪を入れて1~2分ほど火を入れたらパンチェッタが焦げないように茹で汁をお玉に1.5~2杯ほど入れる。
7
塩味が濃ければ水を足し、足りなければ茹で汁を足します。茹で汁と脂が混ざって乳化し、とろりとしてきたらソースが完成。
8
茹で上がったリングイネを入れてよくこねてソースと絡めて出来上がり。お好みで刻みパセリを振って召し上がれ。

コツ・ポイント

●このサイズのエビなら丸ごと食べられます。
●エビの頭をぎゅーっと押さえてしっかり味噌を出しソースに、パスタに絡める、この一品の成否はこのポイントに尽きます。
●エビのうま味がしっかり出ているので粉チーズはかけない方がいいと思います。

HOME
Tobuchan
228レシピ公開中!
とぶちゃん
TOBUCHAN
Step into my kitchen!
ねっとりオクラにはピリ辛ソースがよく合うんです。
ステーキビーフ, オクラ, たまねぎ, スプリングオニオン, にんにく, しょう油, 酒, コーンフラワー(または片栗粉), ごま油, サラダ油, 豆板醤, 砂糖
HOME
バナナを刻んで混ぜ込んで焼くだけ。
◆Self rising flour, ◆グラニュー糖, ◆塩, ◆たまご, ◆溶かしバター, ◆牛乳, バニラエッセンス, バナナ, ミルクチョコ
HOME
猟師さんたちが鉄砲うちの間にありあわせの食材で作って食べていたと言われる本来粗野でワイルドなチキンカチャトーレ(漁師のチキン)が今ではすっかりオシャレな一品にアップグレードしております。
とりもも肉(骨と皮つき), 小麦粉, たまねぎ, にんにく, 赤ピーマン, トマト缶(またはトマト3個), マッシュルーム, セロリ, ケイパー, オリーブオイル, チキンストック, 白ワイン, 塩コショウ, ドライ・オレガノ
HOME
たまねぎをしっかり20分、飴色になるまで炒めることで甘くて濃厚なスープになります。
たまねぎ(中サイズ), バター, コショウ, バゲットスライス, グリュイエールチーズ, チキンストック
HOME
しょう油も巻き込むから食べやすい!
焼き海苔, ●寿司飯, ●寿司酢, サンドイッチ用スモークサーモン, 沢庵, バジルorシソの葉, 【たれ】(比率), ▼マヨネーズ, ▼しょう油, ▼練りワサビ
HOME
マシュマロを2分チンしてポップコーンと混ぜるだけ。子どもと一緒に作りましょう。 Prep:3mins make: 10mins marshmallow
ポップコーン(甘塩)pop corn, マシュマロ marshmallow, バター butter
HOME

似たレシピ

レモンソースでいただく暑い季節にピッタリのさわやかな一品です。 Prep: 15mins cook:15mins
豚フィレ肉, 塩コショウ, 小麦粉, 白ワイン, レモンジュース, ニンニク, オリーブオイル, チキンストック, バター, フレッシュパセリ
Tobuchan
HOME
日本人が大好きなアンチョビ、エビ、アボカド、トマトをパスタの具にしてみました。癖になる美味しさ。パスタを茹でる時間で調理できます。是非お試しください。
パスタ, アンチョビ, ボイルエビ, 完熟アボカド, オイル漬けドライトマト, オリーブオイル
Saltimboccaとは英語でJump in the mouth,日本語にすると口の中に飛び込むといった意味のイタリア語。あっと言う間に出来ちゃうことからそういう名前になったんですって。
チキン胸肉, 黒コショウ, パルマハム, セージの葉, 小麦粉(まぶし用), バター, 白ワイン, 塩
Tobuchan
HOME
あさりと白ワインを使ったボンゴレパスタ。玉ねぎ、アンチョビペースト、野菜のコンソメを加えてこくを増しました。バゲットをソースに浸して食べると、二度美味しさが味わえます。
パスタ, あさり, 白ワイン, オリーブオイル, 玉ねぎ, ニンニク, 鷹の爪, アンチョビペースト, 野菜のコンソメ, スプリングオニオン
アーリオオーリオぺペロンチーニにアンチョビを足すだけですが、とてもコクが出て美味しいパスタに仕上がります。
オリーブオイル, にんにく, 鷹の爪, アンチョビフィレ, 塩(パスタ茹で用), スパゲティ
Patricia
HOME
テンダーなフィレ肉に濃厚なマッシュルームソースがよく合います。 Prep: 10mins cook: 20mins
ポークフィレ, 小麦粉, 【マッシュルームソース】, マッシュルーム, ニンニク, ダブルクリーム, 粒マスタード, バター, 玉ねぎ, 白ワイン
KitchenCIB
HOME

新着レシピ

お浸しによく使う小松菜ですが、卵でとじるとご飯によく合う副菜になります♬ 優しいお味でほっこりしますよ!
小松菜, 卵, 水, 砂糖, みりん, しょう油, 和風顆粒だし
himawari
HOME
クリームチーズがなくても、ヨーグルトと生クリームで、美味しいレアチーズケーキ風のデザートが出来ます!しかもヨーグルトは水切りなしでOK♬
ヨーグルト, 生クリーム, 砂糖, 水, ゼラチン, レモン汁, ジャム
himawari
HOME
箸休めに!と作りますが、お箸が止まらない美味しさです♬ 早めに作って味が染みたナムルは、おかずにも酒の肴にも箸休めにも良いですね。
もやし, 人参, ごま油, 醤油, にんにく(チューブ), すりごま
himawari
HOME
お鍋一つで、味が染みた美味しいサラダが~♬ 早めに作って冷蔵庫で冷やすとより一層美味!!!
春雨, 人参, 豆苗, ハム, 卵, 砂糖, 米酢, 醤油, ごま油
himawari
HOME
甘みのある長ネギと塩気のあるベーコン、濃厚なチーズの組み合わせは美味しすぎ~♬ おかずに、酒の肴にもってこいです!!!
長ネギ, ベーコン, ピザチーズ, 塩コショウ
himawari
HOME
ピーマンからお肉が離れない!!! 色鮮やかでハリのあるピーマンがきれいです♬
ピーマン, 合挽肉, 玉ねぎ, パン粉, 牛乳, 卵, 塩コショウ, 片栗粉
himawari
HOME