アルザス風シュークルート 酸っぱいキャベツとソーセージ

フランス、アルザスの伝統料理。本来はキャベツを発酵させる保存食なんだとか。酸っぱいキャベツはアルザスやドイツでよく食べられますが、慣れると案外やみつきになります。

Recipe By: Deepseafish (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/269)
1人分 調理: 20 min

材料

キャベツ(スイートハート) 1/2
たまねぎ 1/2
ソーセージ 4-5
ベーコン 2枚
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩こしょう 適量
白ワイン 100ml
白ワインビネガー 大さじ1
クミン(あれば) 小さじ1/2
月桂樹(あれば)
全粒マスタード 小さじ1

作り方

1
ソーセージはお好みのものを。今回は日本の粗びきソーセージを使いました。ベーコンは厚手ののものがいいのですが、今回はストリーキーを使用。
2
キャベツは3-4ミリ幅にスライス。玉ねぎは厚目の櫛切りに。にんにくは粗みじんにします。
3
フライパンにオリーブオイル大さじ1をひいたら中火でたまねぎをじっくり炒めます。4-5分炒めたらにんにくを入れて1分ほど一緒に炒めます。
4
白ワインとビネガーを入れ、ひと煮立ちしたらソーセージとベーコンを入れ軽く塩こしょうします。あればクミン、月桂樹1枚を入れます。
5
その上に千切りにしたキャベツをお布団のように全体に載せたら蓋をして弱火で10分ほど蒸し焼きにします。
6
10分蒸したら一度よくかき混ぜます。そして再び蓋をして5分蒸したら火を消します。しばらく余熱でしんなりさせます。
7
仕上げに味見して塩こしょうで味を調えたらお皿に盛り付けて横に全粒マスタードを添えて召し上がれ。

コツ・ポイント

アルザス風シュークルート 酸っぱいキャベツとソーセージ

フランス、アルザスの伝統料理。本来はキャベツを発酵させる保存食なんだとか。酸っぱいキャベツはアルザスやドイツでよく食べられますが、慣れると案外やみつきになります。

Recipe By: Deepseafish (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/269)

1人分

調理: 20 min

材料

キャベツ(スイートハート) 1/2
たまねぎ 1/2
ソーセージ 4-5
ベーコン 2枚
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩こしょう 適量
白ワイン 100ml
白ワインビネガー 大さじ1
クミン(あれば) 小さじ1/2
月桂樹(あれば)
全粒マスタード 小さじ1

アルザス風シュークルート 酸っぱいキャベツとソーセージ

レシピID :3309 投稿日 08 OCT 2020

1人分

調理 20min
閲覧数 369
印刷数 0

お気に入り登録 0

フランス、アルザスの伝統料理。本来はキャベツを発酵させる保存食なんだとか。酸っぱいキャベツはアルザスやドイツでよく食べられますが、慣れると案外やみつきになります。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
1/2
1/2
4-5
2枚
1片
大さじ1
適量
100ml
大さじ1
小さじ1/2
小さじ1

作り方

調理
20min
1
ソーセージはお好みのものを。今回は日本の粗びきソーセージを使いました。ベーコンは厚手ののものがいいのですが、今回はストリーキーを使用。
2
キャベツは3-4ミリ幅にスライス。玉ねぎは厚目の櫛切りに。にんにくは粗みじんにします。
3
フライパンにオリーブオイル大さじ1をひいたら中火でたまねぎをじっくり炒めます。4-5分炒めたらにんにくを入れて1分ほど一緒に炒めます。
4
白ワインとビネガーを入れ、ひと煮立ちしたらソーセージとベーコンを入れ軽く塩こしょうします。あればクミン、月桂樹1枚を入れます。
5
その上に千切りにしたキャベツをお布団のように全体に載せたら蓋をして弱火で10分ほど蒸し焼きにします。
6
10分蒸したら一度よくかき混ぜます。そして再び蓋をして5分蒸したら火を消します。しばらく余熱でしんなりさせます。
7
仕上げに味見して塩こしょうで味を調えたらお皿に盛り付けて横に全粒マスタードを添えて召し上がれ。
HOME
Deepseafish
84レシピ公開中!

DEEPSEAFISH
Step into my kitchen!
エッグタルトの中身をチーズケーキにしてみました。 Prep: 20mins bake: 30mins
クリームチーズ, ダブルクリーム, たまご, グラニュー糖, 小麦粉(Self rising), バニラエッセンス, Puff Pastry(市販のパイ生地), ブルーベリー
HOME
ターニップを皮のまま低温で蒸し焼きします。かぶのはずのターニップがホクホクに仕上がります。
ターニップ, ポテト, オリーブオイル, 塩(マルドン)
HOME
日本で活躍されている料理研究家・島田まきさんのレシピを再現してみました。
市販のpuff pastry, ほうれん草, 薄切りベーコン, 硬ゆでたまご, ダブルクリーム, カレー粉, 塩コショウ, オリーブオイル, 卵黄
HOME
フォイルの中に具材を置いて上からシーズニングを垂らして包んで蒸し焼きに。簡単過ぎる割に美味しい一品です。
タラの切り身, 塩コショウ, ニンジン(小), チェリートマト, エリンギ、しめじ、えのき, スプリングオニオン, 白ワイン, タイム, ローズマリー, バター, しょう油, 塩(マルドン), オリーブオイル, ライムジュース
HOME
食パンでデザートってちょっと乱暴だけど、やってみるとなかなか美味しいイギリスの代表的デザートです。 Bread and Butter Pudding Prep: 20min bake: 45min
白い食パン(Medium), バター, ナツメグ(パウダー), シナモン(パウダー), 牛乳, ダブルクリーム, たまご, スルタナ(またはレーズン), グラニュー糖, バニラエッセンス, ココア
HOME
スパゲッティを重曹で茹でて中華麺に。これなら世界中、どこに行っても作れそう。
スパゲッティ, 重曹(Bicarbonate of Soda), 塩(パスタ茹で用), トッピング
HOME

似たレシピ

甘~い濃厚なキャベツを堪能したい時はこのグラタンでどうぞ。
ポインティッド・キャベツ, バター, 塩・胡椒, 卵(Mサイズ), 牛乳, 生クリーム(ダブル・クリーム), パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ), パセリの微塵切り(仕上げ用)
Nanita
PRO
イギリスでも手に入る日本ハムの粗挽きソーセージでポトフを作りました。いい出汁が出ます。
粗挽きソーセージ, チョリソ, じゃがいも(中), にんじん(大), たまねぎ, ベーコン, マッシュルーム(中), ラディッシュ, オリーブオイル, チキンストック(, タイム, ローズマリー, たまご, 塩コショウ, 冷凍グリーンピース
ポトフとはポット・オゥ・フーで「火にかけた鍋」って意味なんですね。なのでフランス人からしてみたら日本のお鍋もポトフ。肉野菜をクツクツ煮込む家庭料理で音的にはオシャレだけど元は余りもの処理料理みたい。
キャベツ(Sweetheart), たまねぎ, にんじん(大), いも, にんにく, 粗びきソーセージ(=(ベーコンでも), オリーブオイル, コンソメ, 塩こしょう, 湯, ホールグレインマスタード, パセリ
cookbuzz
PRO
ソーセージはパキッとした歯ごたえ、日本ハムの粗挽きソーセージを使いました。
バター, 赤緑黄3色パプリカ, 粗挽きソーセージ, 玉ねぎ, Self raising flour, ミルク, たまごL, はちみつ, 塩, 黒コショウ
子供も喜ぶ1品
玉ねぎ, にんじん, にんにく, チポラタ・ソーセージchipolata sausage, ニューポテト, 中華風チキンスープ, クリームコーン, コーン, 田舎味噌または白味噌, ミルクとクリーム, ブロッコリー, 塩コショウ, オイル
yhiranuma
PRO
野菜を切ったらあとは鍋にお任せ!朝に仕込んで夜に美味しく☆お野菜がたっぷり摂れます!
生ソーセージ, 涙形のキャベツ, 人参, マッシュルーム, ジャガイモ, リーク, 熱湯, ベジタブルコンソメ, 白ワイン, べイリーフ(ローリエ), 塩, コショウ
Nuko@York
HOME

新着レシピ

料理番組を観ていると、おシャレな料理には野菜のピューレがつきもの。そこで今日はラムのローストに白い豆のピューレを。マッシュポテトの代わりに好評でした。砂糖を加えて作ると和菓子の白餡になります。
バタービーンズ缶(カネリニ缶), 塩コショウ, ハーブ
お鍋をして、翌日残った出汁で雑炊を楽しみ、更に残ったご飯をアランチーニ(ライスコロッケ)にして、3回楽しみました。
鍋で残った雑炊, チーズ, 卵, パン粉, ミートソース
イギリス人主婦から教わって納得。マッシュやサラダ用のポテトはゴロゴロの乱切り。普段薄切りにしていましたが、重なって茹でムラが出来るのと、粉吹きに出来ないのでダメ。ついでにポテトサラダのレシピを。
じゃがいも, 冷凍ベジ、茹で卵、小ネギなど, オリーブオイル, マヨネーズまたはヨーグルト, マスタード, ビネガーまたはレモン
有頭海老, 水, 醤油, 酒, みりん
KGOHAN
PRO
カリカリのベーコン。ハンバーガーに乗せたり、朝ごはんの目玉焼きに添えたり、細かく崩してサラダに振ったり。作り置き出来るので、色んな料理に使えます。
ストリーキーベーコン, 水, 砂糖
クリスマス、お正月が終わったら、鍋が食べたい。そんな時に、英国で手に入る材料で自家製ポン酢。
柑橘類果汁, 醤油, お酢, 出汁の素