アルザス風シュークルート 酸っぱいキャベツとソーセージ

フランス、アルザスの伝統料理。本来はキャベツを発酵させる保存食なんだとか。酸っぱいキャベツはアルザスやドイツでよく食べられますが、慣れると案外やみつきになります。

Recipe By: Deepseafish (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/269)
1人分 調理: 20 min

材料

キャベツ(スイートハート) 1/2
たまねぎ 1/2
ソーセージ 4-5
ベーコン 2枚
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩こしょう 適量
白ワイン 100ml
白ワインビネガー 大さじ1
クミン(あれば) 小さじ1/2
月桂樹(あれば)
全粒マスタード 小さじ1

作り方

1
ソーセージはお好みのものを。今回は日本の粗びきソーセージを使いました。ベーコンは厚手ののものがいいのですが、今回はストリーキーを使用。
2
キャベツは3-4ミリ幅にスライス。玉ねぎは厚目の櫛切りに。にんにくは粗みじんにします。
3
フライパンにオリーブオイル大さじ1をひいたら中火でたまねぎをじっくり炒めます。4-5分炒めたらにんにくを入れて1分ほど一緒に炒めます。
4
白ワインとビネガーを入れ、ひと煮立ちしたらソーセージとベーコンを入れ軽く塩こしょうします。あればクミン、月桂樹1枚を入れます。
5
その上に千切りにしたキャベツをお布団のように全体に載せたら蓋をして弱火で10分ほど蒸し焼きにします。
6
10分蒸したら一度よくかき混ぜます。そして再び蓋をして5分蒸したら火を消します。しばらく余熱でしんなりさせます。
7
仕上げに味見して塩こしょうで味を調えたらお皿に盛り付けて横に全粒マスタードを添えて召し上がれ。

コツ・ポイント

アルザス風シュークルート 酸っぱいキャベツとソーセージ

フランス、アルザスの伝統料理。本来はキャベツを発酵させる保存食なんだとか。酸っぱいキャベツはアルザスやドイツでよく食べられますが、慣れると案外やみつきになります。

Recipe By: Deepseafish (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/269)

1人分

調理: 20 min

材料

キャベツ(スイートハート) 1/2
たまねぎ 1/2
ソーセージ 4-5
ベーコン 2枚
にんにく 1片
オリーブオイル 大さじ1
塩こしょう 適量
白ワイン 100ml
白ワインビネガー 大さじ1
クミン(あれば) 小さじ1/2
月桂樹(あれば)
全粒マスタード 小さじ1

アルザス風シュークルート 酸っぱいキャベツとソーセージ

レシピID :3309 投稿日 08 OCT 2020

1人分

調理 20min
閲覧数 2,967
印刷数 5

お気に入り登録 0

フランス、アルザスの伝統料理。本来はキャベツを発酵させる保存食なんだとか。酸っぱいキャベツはアルザスやドイツでよく食べられますが、慣れると案外やみつきになります。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
1/2
1/2
4-5
2枚
1片
大さじ1
適量
100ml
大さじ1
小さじ1/2
小さじ1

作り方

調理
20min
1
ソーセージはお好みのものを。今回は日本の粗びきソーセージを使いました。ベーコンは厚手ののものがいいのですが、今回はストリーキーを使用。
2
キャベツは3-4ミリ幅にスライス。玉ねぎは厚目の櫛切りに。にんにくは粗みじんにします。
3
フライパンにオリーブオイル大さじ1をひいたら中火でたまねぎをじっくり炒めます。4-5分炒めたらにんにくを入れて1分ほど一緒に炒めます。
4
白ワインとビネガーを入れ、ひと煮立ちしたらソーセージとベーコンを入れ軽く塩こしょうします。あればクミン、月桂樹1枚を入れます。
5
その上に千切りにしたキャベツをお布団のように全体に載せたら蓋をして弱火で10分ほど蒸し焼きにします。
6
10分蒸したら一度よくかき混ぜます。そして再び蓋をして5分蒸したら火を消します。しばらく余熱でしんなりさせます。
7
仕上げに味見して塩こしょうで味を調えたらお皿に盛り付けて横に全粒マスタードを添えて召し上がれ。
HOME
Deepseafish
96レシピ公開中!

DEEPSEAFISH
Step into my kitchen!
リヨンの郷土料理と言われる若鶏のヴィネガー煮「プーレ・オ・ヴィネグル」。酢は加熱すると酸味が飛んで旨味に大化けちゃう。三國シェフ伝授の煮込んで待つだけの超簡単激ウマ家庭料理。リピート2万%確実。
鶏モモ肉(骨付き), たまねぎ(中), トマト(中), 白コショウ, 塩, 米酢などの穀物酢, 水, バター, パセリ 
HOME
豚汁が美味しいのは豚から出る脂のおかげ。このポーランド製のベーコンならとんでもなく美味しく仕上がります。
Morliny社製ポリッシュベーコン, にんじん(中サイズ), セロリ, ポテト(中サイズ), 白菜の葉, お湯, だしの素, 味噌
HOME
脂身たっぷりのポーランド製ベーコンをしっかり焼いてうま味を出し、甘いキャベツと一緒に煮込んだ美味しいお味噌汁です。
Morliny社製ポリッシュベーコン, ポインテドキャベツの葉, お湯, だしの素, 味噌
HOME
NHKの「あさいち」という番組内で料理研究家の高橋善郎さんが紹介されていた赤ワインを使ったレシピを忠実に再現してみました。
赤ワイン, 塩
HOME
いわゆるネコまんま、美味しいですよね。でもこれ、実は世界にも通用する美味しさだと思います。
鶏もも肉, しょう油, 酒, 塩こしょう, サラダ油, 冷凍サマーベジタブル, お湯, だし, たまご, 味噌, ご飯
HOME
中華ではピーナツを炒めものやスープに入れたりするけど和食ではあんまり見ることはないですね。今回は今個人的にはまっているハニーローストの甘いカシュー&ピーナッツを使いました。美味しいわあー。
チキンもも肉(胸でもOK), ベルペッパー(緑) , ベルペッパー(赤), 玉ねぎ, 塩こしょう, サラダ油, 【ソース】, しょうが(おろし), にんにく(おろし), 片栗粉, しょう油, 砂糖, 酢, 水
HOME

似たレシピ

子供も喜ぶ1品
玉ねぎ, にんじん, にんにく, チポラタ・ソーセージchipolata sausage, ニューポテト, 中華風チキンスープ, クリームコーン, コーン, 田舎味噌または白味噌, ミルクとクリーム, ブロッコリー, 塩コショウ, オイル
yhiranuma
PRO
甘~い濃厚なキャベツを堪能したい時はこのグラタンでどうぞ。
ポインティッド・キャベツ, バター, 塩・胡椒, 卵(Mサイズ), 牛乳, 生クリーム(ダブル・クリーム), パルミジャーノ・レッジャーノ(パルメザンチーズ), パセリの微塵切り(仕上げ用)
Nanita
PRO
ソーセージはパキッとした歯ごたえ、日本ハムの粗挽きソーセージを使いました。
バター, 赤緑黄3色パプリカ, 粗挽きソーセージ, 玉ねぎ, Self raising flour, ミルク, たまごL, はちみつ, 塩, 黒コショウ
寒い時はポトフでポカポカ
好みのソーセージ, ベーコン, にんじん, たまねぎ, じゃがいも(中), ラディッシュ, ポインテドキャベツ, お好みのストックキューブ, お湯, 塩コショウ, オリーブオイル, タイム, ローズマリー
Tobuchan
HOME
ポトフとはポット・オゥ・フーで「火にかけた鍋」って意味なんですね。なのでフランス人からしてみたら日本のお鍋もポトフ。肉野菜をクツクツ煮込む家庭料理で音的にはオシャレだけど元は余りもの処理料理みたい。
キャベツ(Sweetheart), たまねぎ, にんじん(大), いも, にんにく, 粗びきソーセージ(=(ベーコンでも), オリーブオイル, コンソメ, 塩こしょう, 湯, ホールグレインマスタード, パセリ
cookbuzz
PRO
イギリスでも手に入る日本ハムの粗挽きソーセージでポトフを作りました。いい出汁が出ます。
粗挽きソーセージ, チョリソ, じゃがいも(中), にんじん(大), たまねぎ, ベーコン, マッシュルーム(中), ラディッシュ, オリーブオイル, チキンストック(, タイム, ローズマリー, たまご, 塩コショウ, 冷凍グリーンピース

新着レシピ

自家製ラーメン博士、山森舜水(しゅんすい)君考案の天才レシピ。中華だし、和風だし、ゆず胡椒さえ手に入ればおうちでとんでもなくウマい塩ラーメンが作れちゃう。海外生活の強い味方!
ラーメン(出前一丁でも中華麺でも) , 【スープ】, 塩, ごま油, 中華だし, 和風だし, ゆず胡椒, 麺の茹で湯, 【トッピング】, ご自由に
Tobuchan
HOME
イギリスがアフリカ並みに暑くなっちゃってビックリの2022年。夏バテ防止のためにもちゃんと食べなきゃなんだけど、熱々料理はさすがに厳しい。こんな時は冷製明太スパゲティですね。
スパゲティ, 明太子, 白だし, オリーブオイル, にんにく, クラッシュドチリ(一味でも), レモンの皮(お好みで), レモン(お好みで), ミント(お好みで)
Tobuchan
HOME
夏はそうめん。めんつゆでツルッもいいけれど、毎日じゃ飽きちゃう。そこで美味しい油そうめんはいかが? 料理研究家リュウジ氏お勧めのレシピ。ラー油、レモン汁、黒コショウを振って味の変化を楽しんでもよし!
そうめん(中華麺でも), 白だし, ごま油, 砂糖, 水, スプリングオニオン(青い部分のみ), にんにく(おろし), 卵黄, いりごま, ラー油(お好みで), レモン(お好みで), 【卵白スープ】, 卵白
cookbuzz
PRO
赤やオレンジ、黄色のパプリカとたまねぎだけで作るヴィーガンパスタ。野菜だけでもここまで美味しくできるという一例レシピ。もちろん仕上げにチーズ削ったり、ソーセージなんか加えてアレンジしてもOKよ。
リングイニ(スパゲティでも) , パプリカ, たまねぎ(中), フラットパセリ, オリーブオイル, 塩, 黒コショウ, オレガノ(乾燥)
cookbuzz
PRO
フランスにはサーモンのエスカベッシュというレシピがあって、やってみたら何のことはない鮭の南蛮漬けとほぼ同じ。やっぱ鮭は甘酸っぱくすると美味しいってのは万国共通認識みたい。どっちにしても超簡単で激ウマよ
サーモンフィレ(皮つき), たまねぎ(中), にんじん , パプリカ, 塩, 小麦粉, サラダ油, みりん, 米酢, しょう油 , はちみつ(あれば), 鷹の爪
Tobuchan
HOME
カルドソ(Arroz Caldoso)は「出汁風味の米」という意味のスペインの料理。今回は市販のムール貝を使ってスープたっぷりのカルドソを作ります。
短粒米(日本米でOK), 調理済みムール貝(白ワインソース)450g入り, 玉ねぎ(中), 赤パプリカ, 緑パプリカ, セロリ, にんにく, オリーブオイル, 塩こしょう, トマトサルサ(ピューレ+水100mlでも), パプリカパウダー, サフラン(あれば), チキンストックキューブ, お湯, フラットパセリ
KitchenCIB
HOME