ピリ辛のベジタリアンラザニア

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Recipe By: Green Eyed Girl (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/326)
4人分 準備: 30 min 調理: 40 min

材料

ラザニアシート 15枚
たまねぎ 中サイズ4個
にんじん 中サイズ2本
コジェット(ズッキーニ) 小2本
トマト缶(チョップト) 1
にんにく 3 片
しょうが 1センチ角程度
グリーンチリ 2本
チリパウダー 小さじ1/2
小さじ2
ブラウンソース 大さじ2
トマトピューレ 大さじ1
200ml
小麦粉 大さじ4
ベジタブルオイル 大さじ3
マスタード 小さじ1
塩コショウ 各小さじ1/2
ミルク 750ml
チェダーチーズ(マチュア) 250g
パプリカ 小さじ 1/2

作り方

1
ソースパンに油を敷き、粗みじんにしたたまねぎを中火で10分ほど、アメ色になるまで炒める。同時ににんじんを小さめに角切りにしておく。
2
みじん切りにしたにんにく、しょうが、チリとチリパウダー、塩を加えて2分ほど炒めたらトマト缶を足してよく混ぜながら炒め弱火にして10分ほど煮込んでいく。
3
その間にチーズソースを作る。小さ目の鍋に小麦粉と油を入れて2分ほど炒める。
4
火を止めたらミルク500mlを注ぎいれ、だまにならないように泡だて器でよくかきまぜる。よくまざったら残りのミルク250mlを注ぎ、よくまぜます。
5
マスタード、塩コショウを入れ、チーズ150gを入れる。
6
オーブンを180℃(ガスマーク6)に温める。2のトマトソースに1のにんじんを入れ、ブラウンソース大さじ2を入れて5分ほど煮る。
7
トマトピューレ状になったら火を止め水とコジェットを加えてよく混ぜる。ここではコジェットには火を通さないようにする。
8
耐熱皿に大さじ1の水を垂らして伸ばしたら皿の底にラザニアシートを敷き詰めていく。ラザニアは折り重ねないようにする。今回は30×25センチの耐熱皿を使用。
9
3分の1量のトマトソースをすくって8の上にかけて伸ばす。
10
4分の1量のチーズソースを上からかけて黒コショウを散らす。
11
その上にまたラザニアシートを敷き詰める。これを何度か繰り返し、最後は必ずチーズソースで終わるようにする。
12
最後に残った100gの削ったチーズを散らしたら仕上げに黒コショウとパプリカパウダーをふり掛ける。
13
オーブンの中断に置いたら30分ほど焼く。途中で一回、皿の向きを変えて均等に焼き目がつくようにする。その後最上段に移し、さらに10分焼いて綺麗な焼き色をつけてできあがり。

コツ・ポイント

*ステップ7でコジェットに火を入れないのはオーブンで焼くことでちょうど良い食感に火が入るからです。
*ラザニアシートは事前に火を入れる必要はありません。ただ、トマトソース、チーズソースをラザニアシートを覆うようにかけてください。そうすればオーブンの中でしっかりラザニアに火が入ります。
*パプリカは紅茶用の濾し器を使うと均等にきれいにふり掛けられます。
*スパイスの分量はお好みによって調整してください。

ピリ辛のベジタリアンラザニア

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Recipe By: Green Eyed Girl (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/326)

4人分

準備: 30 min

調理: 40 min

材料

ラザニアシート 15枚
たまねぎ 中サイズ4個
にんじん 中サイズ2本
コジェット(ズッキーニ) 小2本
トマト缶(チョップト) 1
にんにく 3 片
しょうが 1センチ角程度
グリーンチリ 2本
チリパウダー 小さじ1/2
小さじ2
ブラウンソース 大さじ2
トマトピューレ 大さじ1
200ml
小麦粉 大さじ4
ベジタブルオイル 大さじ3
マスタード 小さじ1
塩コショウ 各小さじ1/2
ミルク 750ml
チェダーチーズ(マチュア) 250g
パプリカ 小さじ 1/2

ピリ辛のベジタリアンラザニア

レシピID :2061 投稿日 25 SEP 2016

4人分

準備 30min
調理 40min
閲覧数 5,780
印刷数 5

お気に入り登録 1

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
15枚
中サイズ4個
中サイズ2本
小2本
1
3 片
1センチ角程度
2本
小さじ1/2
小さじ2
大さじ2
大さじ1
200ml
大さじ4
大さじ3
小さじ1
各小さじ1/2
750ml
250g
小さじ 1/2

作り方

準備
30min
調理
40min
1
ソースパンに油を敷き、粗みじんにしたたまねぎを中火で10分ほど、アメ色になるまで炒める。同時ににんじんを小さめに角切りにしておく。
2
みじん切りにしたにんにく、しょうが、チリとチリパウダー、塩を加えて2分ほど炒めたらトマト缶を足してよく混ぜながら炒め弱火にして10分ほど煮込んでいく。
3
その間にチーズソースを作る。小さ目の鍋に小麦粉と油を入れて2分ほど炒める。
4
火を止めたらミルク500mlを注ぎいれ、だまにならないように泡だて器でよくかきまぜる。よくまざったら残りのミルク250mlを注ぎ、よくまぜます。
5
マスタード、塩コショウを入れ、チーズ150gを入れる。
6
オーブンを180℃(ガスマーク6)に温める。2のトマトソースに1のにんじんを入れ、ブラウンソース大さじ2を入れて5分ほど煮る。
7
トマトピューレ状になったら火を止め水とコジェットを加えてよく混ぜる。ここではコジェットには火を通さないようにする。
8
耐熱皿に大さじ1の水を垂らして伸ばしたら皿の底にラザニアシートを敷き詰めていく。ラザニアは折り重ねないようにする。今回は30×25センチの耐熱皿を使用。
9
3分の1量のトマトソースをすくって8の上にかけて伸ばす。
10
4分の1量のチーズソースを上からかけて黒コショウを散らす。
11
その上にまたラザニアシートを敷き詰める。これを何度か繰り返し、最後は必ずチーズソースで終わるようにする。
12
最後に残った100gの削ったチーズを散らしたら仕上げに黒コショウとパプリカパウダーをふり掛ける。
13
オーブンの中断に置いたら30分ほど焼く。途中で一回、皿の向きを変えて均等に焼き目がつくようにする。その後最上段に移し、さらに10分焼いて綺麗な焼き色をつけてできあがり。

コツ・ポイント

*ステップ7でコジェットに火を入れないのはオーブンで焼くことでちょうど良い食感に火が入るからです。
*ラザニアシートは事前に火を入れる必要はありません。ただ、トマトソース、チーズソースをラザニアシートを覆うようにかけてください。そうすればオーブンの中でしっかりラザニアに火が入ります。
*パプリカは紅茶用の濾し器を使うと均等にきれいにふり掛けられます。
*スパイスの分量はお好みによって調整してください。

HOME
Green Eyed Girl
8レシピ公開中!

GREEN EYED GIRL
Step into my kitchen!
ローストディナーの翌日など、余ったチキンを再利用して美味しい一品が堪能できます。
トルティーヤ ラップ, ローストチキン スライス, トマトケチャップ, チリパウダー, クミンパウダー, コリアンダーパウダー, レモンジュース, たまねぎ(小), お好みのレタスの葉, サラダクリーム
HOME
朝食やブランチに最適の一品。カリカリに焼いたストリーキーベーコンと一緒にどうぞ。
ペピーノメロン(Pepino melon), アイシングシュガー(Icing sugar), はちみつ
HOME
リッチなメインの後は冷たくサッパリしたシャーベットをどうぞ
リンゴとエルダーフラワージュース(apple & elderflower juice), 砂糖, レモン汁, 塩, りんご, グレナディンシロップ(grenadine)
HOME
色々な食感と味が混ざり合ってとっても楽しい一品。ブルーチーズ好きにはたまらないレシピです。
Bread loaf(パンのかたまり)小さめのもの, にんにく, オリーブオイル, 塩コショウ, 小麦粉, サラダオイル, ブルーチーズ (Danish Blue), ミルク
HOME
伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。
ラザニアシート, たまねぎ, にんじん, コジェット(ズッキーニ), トマト缶(チョップト), にんにく, しょうが, グリーンチリ, チリパウダー, 塩, ブラウンソース, トマトピューレ, 水, 小麦粉, ベジタブルオイル, マスタード, 塩コショウ, ミルク, チェダーチーズ(マチュア), パプリカ
HOME
南米アンデス地方原産と言われるペピーノメロン。ナス科の植物ですが、きゅうりと梨の間のような味がします。このペピーノメロンの皮を使った美味しいサラダを作ってみました。
ペピーノメロン(Pepino melon), コジェット(ズッキーニ), レモン, 塩, タコスの調味料
HOME

似たレシピ

ゴロゴロ感が楽しい
コジェット(ズッキーニ), 牛ひき肉, 玉ねぎ, しょうが, にんにく, サラダオイル, トマトケチャップ, ウスターソース, しょうゆ, 塩コショウ, [スパイス], カレーパウダー, ガラムマサラ, クミンシード, コリアンダーパウダー
Mizue
PRO
猟師さんたちが鉄砲うちの間にありあわせの食材で作って食べていたと言われる本来粗野でワイルドなチキンカチャトーレ(猟師のチキン)が今ではすっかりオシャレな一品にアップグレードしております。
とりもも肉(骨と皮つき), 小麦粉, たまねぎ, にんにく, 赤ピーマン, トマト缶(またはトマト3個), マッシュルーム, セロリ, ケイパー, オリーブオイル, チキンストック, 白ワイン, 塩コショウ, ドライ・オレガノ
Tobuchan
HOME
テンダーなフィレ肉に濃厚なマッシュルームソースがよく合います。 Prep: 10mins cook: 20mins
ポークフィレ, 小麦粉, 【マッシュルームソース】, マッシュルーム, ニンニク, ダブルクリーム, 粒マスタード, バター, 玉ねぎ, 白ワイン
KitchenCIB
HOME
広尾「アクアパッツア」オーナーシェフ、日髙良実氏指導の動画をほぼ完璧になぞったレシピです。
リングイネ(スパゲッティでも可), 松の実, オリーブオイル, バジル, にんにく, パルミジャーニチーズ, じゃがいも, インゲン
Tobuchan
HOME
濃厚ソースの旨みにニッコリ!
カニ味噌 (ドレスクラブの中のもの), トマト缶(chopped tomatoes), シングルクリーム, 砂糖, 塩, 茹でたスパゲティ, にんにく(みじん切り), 油
本来はパスタソースのプタネスカですが、チキンと合わせても美味しいですよ!
チキンもも肉, 塩こしょう, オリーブオイル, にんにく, ドライドチリ, トマト缶(小), アンチョビフィレ, ブラックオリーブ, ケイパー, チキンストック, パセリ, シャロット
Marco G
HOME

新着レシピ

無限に食べられるトマトとオニオンのマリネ。要は甘酢漬け。完熟トマトが手に入ったらぜひやってみて。オニオンスライスも同時に出来ちゃうすぐれもの。日持ちもするのでいっぱい作っちゃおう。
完熟トマト, 玉ねぎ(中), にんにく, オリーブオイル(Extra Virgin), 黒コショウ, 【マリネ液】, 水, 砂糖, 酢, 白だし, 塩
cookbuzz
PRO
焼き肉のシメと言えばユッケジャン(個人差があります)。牛肉と調味料を炒め、お湯を注いでクツクツ煮込むだけ。失敗しようがない簡単レシピ。唐辛子粉が命。韓国食材店やアマゾンで美味しいの、見つけてね!
牛(ランプ肉), リーク(ポアロネギ), マッシュルーム, たまご, 春雨(乾燥時), スプリングオニオン(わけぎ), 【スープ】, サラダ油, ごま油, しょう油, みりん, ナンプラー(魚醤), 酒, 唐辛子粉(Korean Chilli Powder), おろしにんにく, ダシダ(鶏がらスープの素でも), 水, 塩こしょう
cookbuzz
PRO
大好きなユッケジャン。あまりに簡単で美味しいので最近週に1回は必ず作って食べております。牛肉を鶏肉に置きかえたタッケジャンというバージョンもあると聞き、早速早速やってみました。これまたメチャ美味しい。
鶏むね肉, リーク(ポロネギ), にんじん(小) , マッシュルーム, もやし, スプリングオニオン(わけぎ), 春雨(乾燥時), たまご, 【調味料】, 唐辛子粉(korean chilli pepper) , にんにく(すりおろし), しょうが(すりおろし), ごま油, 酒, みりん, 鶏がらスープの素, 水, しょう油, ナンプラー(魚醤), 塩こしょう(調整用)
cookbuzz
PRO
無性に食べたくなることはないけれど、あればつい手が出ちゃう。それがきゅうりのキューちゃん。イギリスのきゅうりは太くて水分多いけど、それでも近いものが出来上がります。カレーライスのお供などにどうぞ。
きゅうり(細めのもの), 塩(きゅうり用), しょうが(皮むいた時), しょう油 , 塩, 砂糖, 酢, 水
cookbuzz
PRO
キムチチゲ鍋。本場韓国では少し発酵が進んで酸っぱくなったキムチを汁ごと使うんだとか。今回は市販の新しいキムチを使ったため酸味が足りず、汁も入っていなかったけど、十分美味しく仕上がります。
豚バラ肉, 白菜キムチ, 豆腐(木綿), たまねぎ, スプリングオニオン, 海苔, 【スープ】, にんにく(おろし), 唐辛子粉 , 鶏がらスープの素 , みそ, 水, 塩こしょう
cookbuzz
PRO
ローマ人が食べている本格的なカルボナーラが食べたくてイタリアンデリで人生初のグアンチャーレと本格ペコリーノロマーノをゲット。全卵か黄身のみかはローマでも意見が分かれるらしい。今回は全卵で参ります!
スパゲティ, グアンチャーレ(豚頬肉のハム), ペコリーノロマーノチーズ(羊乳), たまご, 黒コショウ, 塩(パスタ茹で用)
Tobuchan
HOME