ピリ辛のベジタリアンラザニア

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Recipe By: Green Eyed Girl (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/326)
4人分 準備: 30 min 調理: 40 min

材料

ラザニアシート 15枚
たまねぎ 中サイズ4個
にんじん 中サイズ2本
コジェット(ズッキーニ) 小2本
トマト缶(チョップト) 1
にんにく 3 片
しょうが 1センチ角程度
グリーンチリ 2本
チリパウダー 小さじ1/2
小さじ2
ブラウンソース 大さじ2
トマトピューレ 大さじ1
200ml
小麦粉 大さじ4
ベジタブルオイル 大さじ3
マスタード 小さじ1
塩コショウ 各小さじ1/2
ミルク 750ml
チェダーチーズ(マチュア) 250g
パプリカ 小さじ 1/2

作り方

1
ソースパンに油を敷き、粗みじんにしたたまねぎを中火で10分ほど、アメ色になるまで炒める。同時ににんじんを小さめに角切りにしておく。
2
みじん切りにしたにんにく、しょうが、チリとチリパウダー、塩を加えて2分ほど炒めたらトマト缶を足してよく混ぜながら炒め弱火にして10分ほど煮込んでいく。
3
その間にチーズソースを作る。小さ目の鍋に小麦粉と油を入れて2分ほど炒める。
4
火を止めたらミルク500mlを注ぎいれ、だまにならないように泡だて器でよくかきまぜる。よくまざったら残りのミルク250mlを注ぎ、よくまぜます。
5
マスタード、塩コショウを入れ、チーズ150gを入れる。
6
オーブンを180℃(ガスマーク6)に温める。2のトマトソースに1のにんじんを入れ、ブラウンソース大さじ2を入れて5分ほど煮る。
7
トマトピューレ状になったら火を止め水とコジェットを加えてよく混ぜる。ここではコジェットには火を通さないようにする。
8
耐熱皿に大さじ1の水を垂らして伸ばしたら皿の底にラザニアシートを敷き詰めていく。ラザニアは折り重ねないようにする。今回は30×25センチの耐熱皿を使用。
9
3分の1量のトマトソースをすくって8の上にかけて伸ばす。
10
4分の1量のチーズソースを上からかけて黒コショウを散らす。
11
その上にまたラザニアシートを敷き詰める。これを何度か繰り返し、最後は必ずチーズソースで終わるようにする。
12
最後に残った100gの削ったチーズを散らしたら仕上げに黒コショウとパプリカパウダーをふり掛ける。
13
オーブンの中断に置いたら30分ほど焼く。途中で一回、皿の向きを変えて均等に焼き目がつくようにする。その後最上段に移し、さらに10分焼いて綺麗な焼き色をつけてできあがり。

コツ・ポイント

*ステップ7でコジェットに火を入れないのはオーブンで焼くことでちょうど良い食感に火が入るからです。
*ラザニアシートは事前に火を入れる必要はありません。ただ、トマトソース、チーズソースをラザニアシートを覆うようにかけてください。そうすればオーブンの中でしっかりラザニアに火が入ります。
*パプリカは紅茶用の濾し器を使うと均等にきれいにふり掛けられます。
*スパイスの分量はお好みによって調整してください。

ピリ辛のベジタリアンラザニア

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Recipe By: Green Eyed Girl (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/326)

4人分

準備: 30 min

調理: 40 min

材料

ラザニアシート 15枚
たまねぎ 中サイズ4個
にんじん 中サイズ2本
コジェット(ズッキーニ) 小2本
トマト缶(チョップト) 1
にんにく 3 片
しょうが 1センチ角程度
グリーンチリ 2本
チリパウダー 小さじ1/2
小さじ2
ブラウンソース 大さじ2
トマトピューレ 大さじ1
200ml
小麦粉 大さじ4
ベジタブルオイル 大さじ3
マスタード 小さじ1
塩コショウ 各小さじ1/2
ミルク 750ml
チェダーチーズ(マチュア) 250g
パプリカ 小さじ 1/2

ピリ辛のベジタリアンラザニア

レシピID :2061 投稿日 25 SEP 2016

4人分

準備 30min
調理 40min
閲覧数 5,346
印刷数 5

お気に入り登録 1

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
15枚
中サイズ4個
中サイズ2本
小2本
1
3 片
1センチ角程度
2本
小さじ1/2
小さじ2
大さじ2
大さじ1
200ml
大さじ4
大さじ3
小さじ1
各小さじ1/2
750ml
250g
小さじ 1/2

作り方

準備
30min
調理
40min
1
ソースパンに油を敷き、粗みじんにしたたまねぎを中火で10分ほど、アメ色になるまで炒める。同時ににんじんを小さめに角切りにしておく。
2
みじん切りにしたにんにく、しょうが、チリとチリパウダー、塩を加えて2分ほど炒めたらトマト缶を足してよく混ぜながら炒め弱火にして10分ほど煮込んでいく。
3
その間にチーズソースを作る。小さ目の鍋に小麦粉と油を入れて2分ほど炒める。
4
火を止めたらミルク500mlを注ぎいれ、だまにならないように泡だて器でよくかきまぜる。よくまざったら残りのミルク250mlを注ぎ、よくまぜます。
5
マスタード、塩コショウを入れ、チーズ150gを入れる。
6
オーブンを180℃(ガスマーク6)に温める。2のトマトソースに1のにんじんを入れ、ブラウンソース大さじ2を入れて5分ほど煮る。
7
トマトピューレ状になったら火を止め水とコジェットを加えてよく混ぜる。ここではコジェットには火を通さないようにする。
8
耐熱皿に大さじ1の水を垂らして伸ばしたら皿の底にラザニアシートを敷き詰めていく。ラザニアは折り重ねないようにする。今回は30×25センチの耐熱皿を使用。
9
3分の1量のトマトソースをすくって8の上にかけて伸ばす。
10
4分の1量のチーズソースを上からかけて黒コショウを散らす。
11
その上にまたラザニアシートを敷き詰める。これを何度か繰り返し、最後は必ずチーズソースで終わるようにする。
12
最後に残った100gの削ったチーズを散らしたら仕上げに黒コショウとパプリカパウダーをふり掛ける。
13
オーブンの中断に置いたら30分ほど焼く。途中で一回、皿の向きを変えて均等に焼き目がつくようにする。その後最上段に移し、さらに10分焼いて綺麗な焼き色をつけてできあがり。

コツ・ポイント

*ステップ7でコジェットに火を入れないのはオーブンで焼くことでちょうど良い食感に火が入るからです。
*ラザニアシートは事前に火を入れる必要はありません。ただ、トマトソース、チーズソースをラザニアシートを覆うようにかけてください。そうすればオーブンの中でしっかりラザニアに火が入ります。
*パプリカは紅茶用の濾し器を使うと均等にきれいにふり掛けられます。
*スパイスの分量はお好みによって調整してください。

HOME
Green Eyed Girl
8レシピ公開中!

GREEN EYED GIRL
Step into my kitchen!
色々な食感と味が混ざり合ってとっても楽しい一品。ブルーチーズ好きにはたまらないレシピです。
Bread loaf(パンのかたまり)小さめのもの, にんにく, オリーブオイル, 塩コショウ, 小麦粉, サラダオイル, ブルーチーズ (Danish Blue), ミルク
HOME
朝食やブランチに最適の一品。カリカリに焼いたストリーキーベーコンと一緒にどうぞ。
ペピーノメロン(Pepino melon), アイシングシュガー(Icing sugar), はちみつ
HOME
バーベキューにぴったりのカラフルなサラダ。大き目のクルトンが病みつきになります。
ベイビーボタンホールケール, パンのローフ(かたまり), にんにく, オリーブオイル, 塩コショウ, スプリングオニオン
HOME
伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。
ラザニアシート, たまねぎ, にんじん, コジェット(ズッキーニ), トマト缶(チョップト), にんにく, しょうが, グリーンチリ, チリパウダー, 塩, ブラウンソース, トマトピューレ, 水, 小麦粉, ベジタブルオイル, マスタード, 塩コショウ, ミルク, チェダーチーズ(マチュア), パプリカ
HOME
リッチなメインの後は冷たくサッパリしたシャーベットをどうぞ
リンゴとエルダーフラワージュース(apple & elderflower juice), 砂糖, レモン汁, 塩, りんご, グレナディンシロップ(grenadine)
HOME
南米アンデス地方原産と言われるペピーノメロン。ナス科の植物ですが、きゅうりと梨の間のような味がします。このペピーノメロンの皮を使った美味しいサラダを作ってみました。
ペピーノメロン(Pepino melon), コジェット(ズッキーニ), レモン, 塩, タコスの調味料
HOME

似たレシピ

煮込むだけの簡単ごちそう。前もって用意出来るので、おもてなしにも。パプリカが甘くておいしいですよ♪
鶏もも肉, パプリカ(赤とグリーン使用), ケイパー, 玉ねぎ(スライス), ニンニク(みじん), トマト缶, トマトピューレ, 砂糖(トマト缶が酸っぱければ), オリーブオイル, 塩コショウ
KT
HOME
チーズをたっぷりかけて召し上がれ☆
牛ミンチ, 玉ねぎ, オリーブオイル, にんにく, 赤ワイン, コショウ, ズッキーニ, トマトの缶詰, ソース, ケチャップ, 塩, パスタ, チェダーチーズ
Nuko@York
HOME
貝殻の内側にしっかりソースが絡む優れもののパスタです。トマトソースにもホワイトソースにも、使わない手はありません。conchiglie コンキッリエ
コンキッリエ, トマト缶(Chopped), にんにく, オリーブオイル, クノールチキンストック, ●しょうゆ, ●白ワイン, ●塩コショウ, ピザ用チーズ, フレッシュパセリ, ハム, ほうれん草
KitchenCIB
HOME
イタリアの老舗食料品ブランド『チリオ』のパッサータさえあれば、旨みの深~いトマトソースが瞬時に完成。手際のよさに感心されること、請け合い!イカスミを練りこんだ黒パスタとの相性も◎!!
にんにく(みじんぎり), チリオ・パッサータ, インゲンマメ, 黒ペンネ, エビ(できれば有頭), オリーブオイル, 塩・コショウ
なすのカツにモッツアレラチーズとトマトペーストを乗せてグリルした、ちょっと手間がかかるけど、その価値ありの楽しい一品です。
なす, 塩, 小麦粉, たまご, パン粉, トマトペースト, モッツアレラチーズ, サラダ油
KitchenCIB
HOME
南イタリア海岸の町アマルフィ。レモンの産地として有名ですが、そのレモンを使った一品です。レモンのスパゲティとはサウンド的に酸っぱそうですがさにあらず。夏にぴったりの爽やかなパスタです。
エクストラバージンオリーブオイル, レモン, パルミジャーノレッジャーノ, 黒こしょう, バジルの葉, レモンの皮, 塩(パスタ茹で用), スパゲッティ
cookbuzz
PRO

新着レシピ

豚の脂となすの相性は抜群。なすは焼くのも揚げるのも結構手間。なのでやっぱりレンチンしましょ。合わせダレの隠し味は旨味ギッシリのケチャップ。ご飯がススム一品です。
なす(大) , 豚バラ, にんにく(すりおろし), しょうが(すりおろし), サラダ油 , 塩(なすのあく抜き用), 塩こしょう, スプリングオニオン, 【合わせダレ】, みそ, みりん, 酒, 砂糖, ケチャップ
cookbuzz
PRO
イギリスのスーパーでもやしを見つけ、嬉しくてつい買ったはいいけれど、どうやって食べようか考えているうちに傷んでしまった、なんてよくある話。そんな時は迷わずピリ辛。冷めてからでも美味しくいただけます。
もやし, 塩(茹で用), スプリングオニオン, 白ごま(あれば), 【ピリ辛だれ】, ごま油 , しょう油, めんつゆ, コチュジャン, すりごま, 塩こしょう, おろしにんにく, 鶏がらスープの素 , 砂糖, 一味(カイエンペッパーでも)
ナスはチーズやピリ辛と合うけれど、生姜との相性も抜群。油でさっと焼いてタレとすりおろした生姜を入れてマゼマゼするだけでとっても美味しい一品が出来ちゃう。テクニック一切無用の簡単レシピ。お試しあれ。
なす, サラダ油, 酒, みりん, めんつゆ(3倍濃縮), 砂糖, しょうが(すりおろし), スプリングオニオン
ペペロンチーノが美味しく作れる人なら誰でも出来ちゃう簡単レシピ。ロケット(ルッコラ)は買ったはいいけど、案外食べきらない葉っぱ。これなら好きなだけ乗せてムシャムシャ行けちゃいます。
スパゲティ, にんにく, 鷹の爪, オリーブオイル, ロケット(ルッコラ), 生ハム, チェリートマト, 塩, 黒こしょう, パルミジャーノレッジャーノ
KitchenCIB
HOME
11年に渡ってバッキンガム宮殿でシェフをつとめ、その後はケンジントン宮殿でダイアナ元妃のパーソナルシェフを務めたダレン・マグラディ氏が公開した、エリザベス女王が最も愛したというレシピです。
ステーキ肉(フィレ), ポテト(またはパースニップ), 玉ねぎ(中), マッシュルーム, ベビーキャロット, バター(有塩), ダブルクリーム, 塩こしょう, ウイスキー(アイリッシュ), ビーフストック, ウォータークレス(飾り)
Tobuchan
HOME
イギリスで手に入るスイートポテトは日本のサツマイモより甘味が足りないのが残念。でも、バターシュガーで絡めればあっという間に大学イモっぽい美味しい一品が完成しちゃう。塩の代わりに醤油小さじ1/2でもOK
スイートポテト, バター(有塩), 砂糖 , みりん , 塩, 白ごま
cookbuzz
PRO