ピリ辛のベジタリアンラザニア

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Recipe By: Green Eyed Girl (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/326)
4人分 準備: 30 min 調理: 40 min

材料

ラザニアシート 15枚
たまねぎ 中サイズ4個
にんじん 中サイズ2本
コジェット(ズッキーニ) 小2本
トマト缶(チョップト) 1
にんにく 3 片
しょうが 1センチ角程度
グリーンチリ 2本
チリパウダー 小さじ1/2
小さじ2
ブラウンソース 大さじ2
トマトピューレ 大さじ1
200ml
小麦粉 大さじ4
ベジタブルオイル 大さじ3
マスタード 小さじ1
塩コショウ 各小さじ1/2
ミルク 750ml
チェダーチーズ(マチュア) 250g
パプリカ 小さじ 1/2

作り方

1
ソースパンに油を敷き、粗みじんにしたたまねぎを中火で10分ほど、アメ色になるまで炒める。同時ににんじんを小さめに角切りにしておく。
2
みじん切りにしたにんにく、しょうが、チリとチリパウダー、塩を加えて2分ほど炒めたらトマト缶を足してよく混ぜながら炒め弱火にして10分ほど煮込んでいく。
3
その間にチーズソースを作る。小さ目の鍋に小麦粉と油を入れて2分ほど炒める。
4
火を止めたらミルク500mlを注ぎいれ、だまにならないように泡だて器でよくかきまぜる。よくまざったら残りのミルク250mlを注ぎ、よくまぜます。
5
マスタード、塩コショウを入れ、チーズ150gを入れる。
6
オーブンを180℃(ガスマーク6)に温める。2のトマトソースに1のにんじんを入れ、ブラウンソース大さじ2を入れて5分ほど煮る。
7
トマトピューレ状になったら火を止め水とコジェットを加えてよく混ぜる。ここではコジェットには火を通さないようにする。
8
耐熱皿に大さじ1の水を垂らして伸ばしたら皿の底にラザニアシートを敷き詰めていく。ラザニアは折り重ねないようにする。今回は30×25センチの耐熱皿を使用。
9
3分の1量のトマトソースをすくって8の上にかけて伸ばす。
10
4分の1量のチーズソースを上からかけて黒コショウを散らす。
11
その上にまたラザニアシートを敷き詰める。これを何度か繰り返し、最後は必ずチーズソースで終わるようにする。
12
最後に残った100gの削ったチーズを散らしたら仕上げに黒コショウとパプリカパウダーをふり掛ける。
13
オーブンの中断に置いたら30分ほど焼く。途中で一回、皿の向きを変えて均等に焼き目がつくようにする。その後最上段に移し、さらに10分焼いて綺麗な焼き色をつけてできあがり。

コツ・ポイント

*ステップ7でコジェットに火を入れないのはオーブンで焼くことでちょうど良い食感に火が入るからです。
*ラザニアシートは事前に火を入れる必要はありません。ただ、トマトソース、チーズソースをラザニアシートを覆うようにかけてください。そうすればオーブンの中でしっかりラザニアに火が入ります。
*パプリカは紅茶用の濾し器を使うと均等にきれいにふり掛けられます。
*スパイスの分量はお好みによって調整してください。

ピリ辛のベジタリアンラザニア

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Recipe By: Green Eyed Girl (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/326)

4人分

準備: 30 min

調理: 40 min

材料

ラザニアシート 15枚
たまねぎ 中サイズ4個
にんじん 中サイズ2本
コジェット(ズッキーニ) 小2本
トマト缶(チョップト) 1
にんにく 3 片
しょうが 1センチ角程度
グリーンチリ 2本
チリパウダー 小さじ1/2
小さじ2
ブラウンソース 大さじ2
トマトピューレ 大さじ1
200ml
小麦粉 大さじ4
ベジタブルオイル 大さじ3
マスタード 小さじ1
塩コショウ 各小さじ1/2
ミルク 750ml
チェダーチーズ(マチュア) 250g
パプリカ 小さじ 1/2

ピリ辛のベジタリアンラザニア

レシピID :2061 投稿日 25 SEP 2016

4人分

準備 30min
調理 40min
閲覧数 2,751
印刷数 5

お気に入り登録 1

伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
15枚
中サイズ4個
中サイズ2本
小2本
1
3 片
1センチ角程度
2本
小さじ1/2
小さじ2
大さじ2
大さじ1
200ml
大さじ4
大さじ3
小さじ1
各小さじ1/2
750ml
250g
小さじ 1/2

作り方

準備
30min
調理
40min
1
ソースパンに油を敷き、粗みじんにしたたまねぎを中火で10分ほど、アメ色になるまで炒める。同時ににんじんを小さめに角切りにしておく。
2
みじん切りにしたにんにく、しょうが、チリとチリパウダー、塩を加えて2分ほど炒めたらトマト缶を足してよく混ぜながら炒め弱火にして10分ほど煮込んでいく。
3
その間にチーズソースを作る。小さ目の鍋に小麦粉と油を入れて2分ほど炒める。
4
火を止めたらミルク500mlを注ぎいれ、だまにならないように泡だて器でよくかきまぜる。よくまざったら残りのミルク250mlを注ぎ、よくまぜます。
5
マスタード、塩コショウを入れ、チーズ150gを入れる。
6
オーブンを180℃(ガスマーク6)に温める。2のトマトソースに1のにんじんを入れ、ブラウンソース大さじ2を入れて5分ほど煮る。
7
トマトピューレ状になったら火を止め水とコジェットを加えてよく混ぜる。ここではコジェットには火を通さないようにする。
8
耐熱皿に大さじ1の水を垂らして伸ばしたら皿の底にラザニアシートを敷き詰めていく。ラザニアは折り重ねないようにする。今回は30×25センチの耐熱皿を使用。
9
3分の1量のトマトソースをすくって8の上にかけて伸ばす。
10
4分の1量のチーズソースを上からかけて黒コショウを散らす。
11
その上にまたラザニアシートを敷き詰める。これを何度か繰り返し、最後は必ずチーズソースで終わるようにする。
12
最後に残った100gの削ったチーズを散らしたら仕上げに黒コショウとパプリカパウダーをふり掛ける。
13
オーブンの中断に置いたら30分ほど焼く。途中で一回、皿の向きを変えて均等に焼き目がつくようにする。その後最上段に移し、さらに10分焼いて綺麗な焼き色をつけてできあがり。

コツ・ポイント

*ステップ7でコジェットに火を入れないのはオーブンで焼くことでちょうど良い食感に火が入るからです。
*ラザニアシートは事前に火を入れる必要はありません。ただ、トマトソース、チーズソースをラザニアシートを覆うようにかけてください。そうすればオーブンの中でしっかりラザニアに火が入ります。
*パプリカは紅茶用の濾し器を使うと均等にきれいにふり掛けられます。
*スパイスの分量はお好みによって調整してください。

HOME
Green Eyed Girl
8レシピ公開中!

GREEN EYED GIRL
Step into my kitchen!
伝統的なラザニアにちょっと工夫を凝らした一品です。スパイスがほどよい刺激となっています。
ラザニアシート, たまねぎ, にんじん, コジェット(ズッキーニ), トマト缶(チョップト), にんにく, しょうが, グリーンチリ, チリパウダー, 塩, ブラウンソース, トマトピューレ, 水, 小麦粉, ベジタブルオイル, マスタード, 塩コショウ, ミルク, チェダーチーズ(マチュア), パプリカ
HOME
南米アンデス地方原産と言われるペピーノメロン。ナス科の植物ですが、きゅうりと梨の間のような味がします。このペピーノメロンの皮を使った美味しいサラダを作ってみました。
ペピーノメロン(Pepino melon), コジェット(ズッキーニ), レモン, 塩, タコスの調味料
HOME
朝食やブランチに最適の一品。カリカリに焼いたストリーキーベーコンと一緒にどうぞ。
ペピーノメロン(Pepino melon), アイシングシュガー(Icing sugar), はちみつ
HOME
身体が芯から温まるスパイスタップリのインディアン・ティー。身も心も、そして魂もリフレッシュされること間違いなし!
水, 牛乳, 紅茶の葉, 砂糖, カルダモンシード, レモングラス, カシア・スティック (またはシナモンスティック), 生姜の皮を乾燥させたもの(Dried ginger peel)
HOME
リッチなメインの後は冷たくサッパリしたシャーベットをどうぞ
リンゴとエルダーフラワージュース(apple & elderflower juice), 砂糖, レモン汁, 塩, りんご, グレナディンシロップ(grenadine)
HOME
バーベキューにぴったりのカラフルなサラダ。大き目のクルトンが病みつきになります。
ベイビーボタンホールケール, パンのローフ(かたまり), にんにく, オリーブオイル, 塩コショウ, スプリングオニオン
HOME

似たレシピ

ポリポリとした食感を楽しむ 所要時間 20分
スウェード, ベーコン, ガーリック, オリーブオイル, 塩コショウ, バルサミコ酢, パスタ(リングイネ), パセリのみじん切り
Mizue
PRO
焼いて乗せてオーブンへ。ウルトラ簡単なのに、ちょっとプロっぽく見えてしまう魅惑の一品です。
ポークフィレ, 塩コショウ, モッツアレラチーズ, オリーブオイル, にんにく, チェリートマト, バジル, ドライドチリ
Burratina
HOME
缶詰のたらこ大活用。アーリオオーリオペペロンチーノが出来たらもうこっちのもの!
にんにく, 鷹の爪, Cod roe缶 1/2缶, オリーブオイル, シングルクリーム, パスタ茹で用塩, リングイネ, フレッシュパセリ
Tobuchan
HOME
スモークされたマッセル(ムール貝)とオイスターの缶詰を2つ同時に使って美味しいリガトーニ。
燻製オイスターの缶詰, 燻製ムール貝の缶詰, にんにく, ドライチリ, リガトーニ, パセリ, 塩(パスタ茹で用)
Patricia
HOME
ローマ料理のにんにくを使わない代表的なトマトソース。ローマでは家庭でもお店でもよく食べられているそうです。 L'amatriciana
スパゲッティ, 茹で用塩, バター, オリーブオイル, パンチェッタ, たまねぎ, 唐辛子, トマト缶, パルミジャーニ・レッジーノ
Tobuchan
HOME
レモンソースでいただく暑い季節にピッタリのさわやかな一品です。 Prep: 15mins cook:15mins
豚フィレ肉, 塩コショウ, 小麦粉, 白ワイン, レモンジュース, ニンニク, オリーブオイル, チキンストック, バター, フレッシュパセリ
Tobuchan
HOME

新着レシピ

大根, Little gem lettuce, 醤油, 梅シロップ, 酢, ごま油, 梅干し
KGOHAN
PRO
別立てスポンジをテキトーに作ったら勝手に三層に分かれちゃった?! ふわ軽スポンジ&カスタード&フランのコラボが最高の組み合わせ。
卵白, キャスターシュガー, 卵黄, 水, 無塩バター, 薄力粉(Sauce flour), バニラエクストラクト, 塩, 牛乳
KGOHAN
PRO
おせちの定番「紅白なます」 合わせ酢は我が家の定番、すし酢としても利用可能。
大根, 人参, 酢(ASpaul Organic Vinegar), 水, 砂糖(Light Brown Sugar), 塩(Maldon)
KGOHAN
PRO
焼いて煮るだけ簡単「ローストビーフ」風レシピ。温度計があれば失敗しません♪ 時間がないときは煮るだけでもOK
牛肉塊, 醤油, 酒, にんにく, 油
KGOHAN
PRO
クリスマス残りのターキーをイギリスパブ風サンドイッチにリメイク。一緒に合わせるブリーチーズの塩味と、クランベリージャムの甘味が絶妙です。
パン, ターキー, ブリーチーズ, クランベリージャム, リーフチコリなど青菜
ホワイトソース不要の「時短」「手抜きを感じさせない」マカロニグラタンです。
シーフードミックス, パスタ(De Cecco Pasta Cavatappi), リーク, マッシュルーム, バター, 薄力粉, ワイン, 塩, こしょう, ダブルクリーム
KGOHAN
PRO