石狩鍋風、サケのお味噌汁

サケの切り身1つからお味噌汁とサケフレークのおにぎり2つを作るレシピです。

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)
1人分 準備: 10 min 調理: 10 min

材料

サケのフィレ
一つまみ
お湯 400ml
フィッシュストックキューブ 1/3
ポテト 50g
たまねぎ 1/4
白菜 50g
味噌(赤、または合わせ) 20g
バター 小さじ1/2
スプリングオニオン 1/4

作り方

1
サケのフィレにまんべんなく塩をしたら5分ほど置き、お皿にラップしてレンジで90秒チンします。
2
8割方火が入った感じなのでこれの半分をフォークやスプーンでフレーク状にしておにぎりに使います。残りはそのままにして再びラップし60秒チン。
3
フレークはキッチンペーパーを敷いた小皿に移して油を吸い取らせます。残りはお味噌汁に入れます。皮と脂も使います。
4
お鍋にお湯を沸かしたらまずスライスしたポテトを茹で、数分したらスライスしたたまねぎを入れ、最後に白菜を入れて茹でていきます。
5
ポテトに火が入ったら中火にして味噌を茶漉しやおたまの上で溶かします。
6
バターを溶かし入れたらよく混ぜてそこにそっと3のサケを置いたらスプーンやフォークを使ってそっと大きめに割りほぐします。
7
サケにもしっかり熱が入ったら完成です。お椀やボウルなどに盛り付け、小口切りにしたスプリングオニオンとチリパウダーを振って完成です。
8
3でほぐしたサケを使ったおにぎりのレシピはこちらです。こっちも美味しい!
サケフレークおにぎり
レシピID :2369

コツ・ポイント

サケの皮が苦手な人は取り除いてください。でもコラーゲンたっぷりで美味しいです。私は皮を細かく刻んで入れました。

石狩鍋風、サケのお味噌汁

サケの切り身1つからお味噌汁とサケフレークのおにぎり2つを作るレシピです。

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)

1人分

準備: 10 min

調理: 10 min

材料

サケのフィレ
一つまみ
お湯 400ml
フィッシュストックキューブ 1/3
ポテト 50g
たまねぎ 1/4
白菜 50g
味噌(赤、または合わせ) 20g
バター 小さじ1/2
スプリングオニオン 1/4

石狩鍋風、サケのお味噌汁

レシピID :2370 投稿日 03 FEB 2017

1人分

準備 10min
調理 10min
閲覧数 949
印刷数 2

お気に入り登録 0

サケの切り身1つからお味噌汁とサケフレークのおにぎり2つを作るレシピです。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
一つまみ
400ml
1/3
50g
1/4
50g
20g
小さじ1/2
1/4

作り方

準備
10min
調理
10min
1
サケのフィレにまんべんなく塩をしたら5分ほど置き、お皿にラップしてレンジで90秒チンします。
2
8割方火が入った感じなのでこれの半分をフォークやスプーンでフレーク状にしておにぎりに使います。残りはそのままにして再びラップし60秒チン。
3
フレークはキッチンペーパーを敷いた小皿に移して油を吸い取らせます。残りはお味噌汁に入れます。皮と脂も使います。
4
お鍋にお湯を沸かしたらまずスライスしたポテトを茹で、数分したらスライスしたたまねぎを入れ、最後に白菜を入れて茹でていきます。
5
ポテトに火が入ったら中火にして味噌を茶漉しやおたまの上で溶かします。
6
バターを溶かし入れたらよく混ぜてそこにそっと3のサケを置いたらスプーンやフォークを使ってそっと大きめに割りほぐします。
7
サケにもしっかり熱が入ったら完成です。お椀やボウルなどに盛り付け、小口切りにしたスプリングオニオンとチリパウダーを振って完成です。
8
3でほぐしたサケを使ったおにぎりのレシピはこちらです。こっちも美味しい!
サケフレークおにぎり
レシピID:2369

コツ・ポイント

サケの皮が苦手な人は取り除いてください。でもコラーゲンたっぷりで美味しいです。私は皮を細かく刻んで入れました。

HOME
KitchenCIB
181レシピ公開中!

KITCHENCIB
Step into my kitchen!
billsのふわふわパンケーキ(KMR-type-Bさん投稿)と「とらや」さんの羊かんが合体!
たまご, 牛乳, カッテージチーズ, 薄力粉, ベーキングパウダー, 塩, バター, とらやの羊羹
HOME
トマト缶が切れていたり、真っ赤なトマトソースは重かったり。そんな時、ささっと作れてしっかりおいしいお勧めパスタです。
スパゲッティ, プチトマト(プラムポモドーロ), ニンニク, オリーブオイル, 鷹の爪(種は取ります), 玉ねぎ, ベーコン, パスタ茹で用の塩, 刻みフレッシュパセリ, パルミジャーノ・レッジーノ
HOME
1缶わずか1.30ポンドで手に入るたらこの缶詰。使わない手はありません。今回はパスタを離れて揚げてみました。
PRINCES 社製COD ROE 缶詰, 小麦粉, たまご, パン粉, 揚げ用油, 【タルタルソース】, 固茹でたまご, ガーキンピクルス, 玉ねぎ, マヨネーズ, 酢, フレッシュパセリ, 塩コショウ
HOME
中華の鉄人、陳健一さんが伝授する家庭で簡単にできる回鍋肉のレシピです。本当に美味しくできます。
豚バラ(ポークベリー), ポインテドキャベツ, パプリカ(赤と緑), リーク, サラダ油, テンメンジャン, 豆板醬, 豆鼓, おろしにんにく, 酒, オイスターソース, しょう油, ラー油
HOME
バターナッツとポテトでホックホクのお味噌汁をどうぞ。
バターナッツ, ポテト, ニンジン, たまねぎ, お湯, だしの素(顆粒), みそ(赤、または合わせみそ), スプリングオニオン
HOME
玉ねぎを薄切りにして3つの調味料にマリネするだけ。
たまねぎ, ●ポン酢, ●めんつゆ(3倍濃縮), 米酢(●白ワインビネガー可), 鷹の爪, 塩
HOME

似たレシピ

しょうがみたいなヘンテコ根菜、エルサレムアーティチョークとベーコンのとっても美味しいスープ
エルサレムアーティチョーク: jerusalem artichokes, タマネギ: medium onion, ベーコン: streaky bacon, 無塩バター: un-salted butter, スープストック: soup stock, 牛乳: semi-skimmed milk, 塩コショウ: salt & ground black peppercorns
Mizue
PRO
冷蔵庫の残り物が「美味しい」一品に大変身!
お湯, 味噌(赤、または合わせ味噌), だしの素, 白菜, たまご, スプリングオニオン
KMR-type-B
HOME
甘さと辛さをふんわりブレンド
パースニップ, 玉ねぎ, 鶏もも肉, サラダオイル, しょうが, スープ (固形スープの素1/2コをお湯で溶かしたもの), カレーパウダー, ケチャップ, ガラムマサラ garam masala, 塩コショウ
Mizue
PRO
リークとポテトの組み合わせはイギリスのスープでも定番! 甘くてほっとする味わいです。
お湯, ポテト, リーク, だしの素(顆粒), 味噌(赤、または合わせ), スプリングオニオン
KitchenCIB
HOME
暑い日に、おなかに優しいスープです。
かぶ, 玉ねぎ, 水, 牛乳, コンソメ, ローリエ, 塩・コショウ, バター
baba-chan
HOME
白菜が出回る季節になりました。コーンとベーコンで簡単ポタージュ。そのままでも、またパスタに掛けてスープパスタとして食べても、御美味しいです。
白菜, ベーコン, コーン, 小麦粉, 牛乳, 水, 顆粒ブイヨン, チーズ, パセリ

新着レシピ

A simple pan sauce made with capers, butter, white wine, chicken stock and lemon juice envelop chicken cutlets in the traditional Chicken Piccata recipe made in episode 101 of POV Italian Cooking. Though Chicken Piccata is an impressive dish, it can be made in about 20 minutes, making it the perfec
 
しっとりとした仕上がりが決め手!
薄力粉(セルフレイジング), 卵(M), 砂糖, 無塩バター, アーモンドパウダー, バニラエクストラクト, ブルーベリー
motoko
HOME
はちみつ入りのみそソースとの相性抜群のメインメニュー!
鴨モモ肉(骨付き), 塩, こしょう, レタス, ネギ, 【みそソース】, ごま油, にんにく, はちみつ, 米酢, みそ, しょう油
motoko
HOME
じっくり炒めた野菜の旨味が楽しめる前菜!
赤ピーマン, コジェット(ズッキーニ), にんじん, しいたけ, ニンニク, 塩, こしょう, サラダ油, フィロペイストリー, 【スイート&サワーソース】, 赤唐辛子(できれば生のもの), 米酢, 砂糖, ナンプラー, 水, ケチャップ
motoko
HOME
If bacon were a butterfly, then pork belly would be the caterpillar. Rubbed with a mix of spices before spending the night in the refrigerator so the flavors permeate the meat. Warmed to room temperature then baked at 350 degrees for 90 minutes. The sound of this sizzling pork belly will make you H
 
Seafood is common in Italian cuisine. This video demonstrates how to clean and prepare mussels and little neck clams for use in any seafood dish.