簡単!スパゲティ・ボンゴレ

簡単で豪華!我が家の週末ランチの定番です。

Recipe By: Jojoma (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/44)
2人分 準備: 8 min 調理: 12 min

材料

スパゲティ 200~250g
アサリ 400~500g
にんにく 大3かけ
パセリ みじん切り (ドライでもOK) 適量
チリ・パウダー(荒挽き) 小さじ3分の1
白ワイン 100ml
プチトマト 10個
オイル 50ml (大さじ3強)
適量

作り方

1
スパゲティもアサリも、タイミングが重要。材料を下準備しておくと、スムーズに調理できます。
2
お湯を沸かし、塩を入れます。沸騰したら、プチトマトを入れ、湯向きの準備をします。今回はこちらの冷凍アサリを使用。
3
トマトが浮かび上がり、皮が軽く裂けたら取り出し、皮をむいておきます。気にならなければ皮付きのままでも。やけどに注意。
4
蓋つきの鍋にオイルを入れ、クラッシャーで潰したガーリックを入れます。みじん切りでもスライスでもOK。お好みで。
5
時間を計りながら、スパゲティを茹でます。後でボンゴレのソースにつかることを考えて、アルデンテ(軽く芯が残る程度)に。
6
ガーリックの色が変わる直前に、白ワインを入れ、アルコールが飛ぶまで熱します。
7
トマト、チリ、冷凍アサリを入れ、蓋をして弱火で4~5分加熱します。
8
アサリが開いたら、パセリを振り入れます。
9
パスタが茹で上がったら、しっかり水を切り、アサリの鍋に入れ、混ぜ合わせて盛り付けます。

コツ・ポイント

アサリは、生の方が風味が増しますが、冷凍パックが便利です(Ocadoで購入可能)。ガーリックは、色が変わるとソースが焦げたような風味になるので、焦がさないで!慣れるまではソースをある程度仕上げてからパスタをゆでると失敗しません。

簡単!スパゲティ・ボンゴレ

簡単で豪華!我が家の週末ランチの定番です。

Recipe By: Jojoma (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/44)

2人分

準備: 8 min

調理: 12 min

材料

スパゲティ 200~250g
アサリ 400~500g
にんにく 大3かけ
パセリ みじん切り (ドライでもOK) 適量
チリ・パウダー(荒挽き) 小さじ3分の1
白ワイン 100ml
プチトマト 10個
オイル 50ml (大さじ3強)
適量

簡単!スパゲティ・ボンゴレ

レシピID :543 投稿日 18 MAY 2015

2人分

準備 8min
調理 12min
閲覧数 1,534
印刷数 137

お気に入り登録 4

簡単で豪華!我が家の週末ランチの定番です。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
200~250g
400~500g
大3かけ
適量
小さじ3分の1
100ml
10個
50ml (大さじ3強)
適量

作り方

準備
8min
調理
12min
1
スパゲティもアサリも、タイミングが重要。材料を下準備しておくと、スムーズに調理できます。
2
お湯を沸かし、塩を入れます。沸騰したら、プチトマトを入れ、湯向きの準備をします。今回はこちらの冷凍アサリを使用。
3
トマトが浮かび上がり、皮が軽く裂けたら取り出し、皮をむいておきます。気にならなければ皮付きのままでも。やけどに注意。
4
蓋つきの鍋にオイルを入れ、クラッシャーで潰したガーリックを入れます。みじん切りでもスライスでもOK。お好みで。
5
時間を計りながら、スパゲティを茹でます。後でボンゴレのソースにつかることを考えて、アルデンテ(軽く芯が残る程度)に。
6
ガーリックの色が変わる直前に、白ワインを入れ、アルコールが飛ぶまで熱します。
7
トマト、チリ、冷凍アサリを入れ、蓋をして弱火で4~5分加熱します。
8
アサリが開いたら、パセリを振り入れます。
9
パスタが茹で上がったら、しっかり水を切り、アサリの鍋に入れ、混ぜ合わせて盛り付けます。

コツ・ポイント

アサリは、生の方が風味が増しますが、冷凍パックが便利です(Ocadoで購入可能)。ガーリックは、色が変わるとソースが焦げたような風味になるので、焦がさないで!慣れるまではソースをある程度仕上げてからパスタをゆでると失敗しません。

HOME
Jojoma
7レシピ公開中!

JOJOMA
Step into my kitchen!
簡単で豪華!我が家の週末ランチの定番です。
スパゲティ, アサリ, にんにく, パセリ みじん切り (ドライでもOK), チリ・パウダー(荒挽き), 白ワイン, プチトマト, オイル, 塩
HOME
スイートコーンの缶詰のジュースも使い切る甘くて美味しいお味噌汁。
鶏むね肉(中サイズ), 塩こしょう, スイートコーン缶, 味噌, だしの素(顆粒), お湯, スプリングオニオン
HOME
ホクッとした食感が面白いターニップをカブに見立ててお味噌汁にしてみました。
ターニップ, お湯, だしの素(顆粒), 味噌(赤、合わせなど), ほうれん草, スプリングオニオン
HOME
ひき肉と味噌を最初にしっかり焼いていくことでお肉にしっかり味がしみて美味しくなります。
なす(中), サラダ油, みそ(赤), みりん, しょう油, 豆板醤, 砂糖, チキンストック, ごま油, 牛ひき肉, さやいんげん, 水溶き片栗粉
HOME
なすと言えば洋の東西を問わず、まずはやっぱりピリ辛ですね。
なす, ★水, ★鶏がらスープの素(チキンストック可), ★酒(白ワインでも), ★ごま油, ★砂糖, ★しょうゆ, ★豆板醤, ★赤みそ, 片栗粉(豚用), とんかつサイズ豚ロース, グリーンペッパー, にんじん, ★片栗粉(とろみ用)
HOME
カラフルに食べればいつしか心もウッキウキ
とんかつサイズの豚ロース, ▼塩コショウ, ▼しょう油, ▼みりん, ▼酒(白ワインでも), ▼鶏がらスープの素, ▼ごま油, 砂糖, 卵, イエローペッパー, グリーンペッパー, レッドペッパー, 炊いたご飯
HOME

似たレシピ

燻製牡蠣の缶詰を使って作る超簡単でゴージャスなパスタ
スパゲッティ, 塩, オリーブオイル, にんにく, タマネギ(中), パンチェッタ(ベーコンでも可), 鷹の爪, チェリートマト, コショウ, スプリングオニオン(なくても可), パルミジャーノレッジャーノチーズ, スモークドオイスター缶
日本人が大好きなアンチョビ、エビ、アボカド、トマトをパスタの具にしてみました。癖になる美味しさ。パスタを茹でる時間で調理できます。是非お試しください。
パスタ, アンチョビ, ボイルエビ, 完熟アボカド, オイル漬けドライトマト, オリーブオイル
冷凍エビでもここまで美味しくできる!
スパゲッティ, 冷凍エビ(頭付き), 玉ねぎ(おろし), にんにく(おろし), バター, オリーブオイル, 白ワイン, 水, 塩, トマト缶(chopped), シングルクリーム, 塩(パスタ茹で用)
Tobuchan
HOME
貝類を使ったお料理は手早くできてしかもおいしいですね。自然のファーストフードです。何かと摂取しにくいビタミンBも豊富なので、できるだけたくさん食べたいものです。
あさり, トマトソース, 白ワイン, 塩、こしょう, バター, リングイネ, パセリ(みじん切りに)
yhiranuma
PRO
アーリオオーリオペペロンチーノの要領でさっくり作れます Prep: 5mins cook:12mins Tagliatelle
タリアテッレTagliatelle, 薄切りベーコン, ほうれん草, チェリートマト, パンチェッタ, サンドライドチリ, にんにく, たまねぎ, オリーブオイル, パルミジャーノレッジャーノ, 飾り用パセリ
Tobuchan
HOME
海老の頭をギューッと押してうま味をたっぷり引き出すのが美味しさのポイント
冷凍エビ(頭付き), パンチェッタ, にんにく, チェリートマト, オリーブオイル, 塩(パスタ茹で用), フレッシュパセリ, リングイネ
Tobuchan
HOME

新着レシピ

A simple pan sauce made with capers, butter, white wine, chicken stock and lemon juice envelop chicken cutlets in the traditional Chicken Piccata recipe made in episode 101 of POV Italian Cooking. Though Chicken Piccata is an impressive dish, it can be made in about 20 minutes, making it the perfec
 
しっとりとした仕上がりが決め手!
薄力粉(セルフレイジング), 卵(M), 砂糖, 無塩バター, アーモンドパウダー, バニラエクストラクト, ブルーベリー
motoko
HOME
はちみつ入りのみそソースとの相性抜群のメインメニュー!
鴨モモ肉(骨付き), 塩, こしょう, レタス, ネギ, 【みそソース】, ごま油, にんにく, はちみつ, 米酢, みそ, しょう油
motoko
HOME
じっくり炒めた野菜の旨味が楽しめる前菜!
赤ピーマン, コジェット(ズッキーニ), にんじん, しいたけ, ニンニク, 塩, こしょう, サラダ油, フィロペイストリー, 【スイート&サワーソース】, 赤唐辛子(できれば生のもの), 米酢, 砂糖, ナンプラー, 水, ケチャップ
motoko
HOME
If bacon were a butterfly, then pork belly would be the caterpillar. Rubbed with a mix of spices before spending the night in the refrigerator so the flavors permeate the meat. Warmed to room temperature then baked at 350 degrees for 90 minutes. The sound of this sizzling pork belly will make you H
 
Seafood is common in Italian cuisine. This video demonstrates how to clean and prepare mussels and little neck clams for use in any seafood dish.