うずらの和風シーザーサラダ

ミニ半熟玉子をそえてどうぞ

Recipe By: Yukiko (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/37)
4人分

材料

うずら 1羽
適量
うずらの卵 1コ
塩、コショウ 適量
ミックスリーフ・サラダ 30g
アスパラガス、プチトマト(お好みで) 適量
【ドレッシング】
マヨネーズ 大さじ1
パルメザンチーズ 大さじ1
レモン汁 大さじ1/2
ヨーグルト 小さじ2
牛乳 小さじ1
にんにく(すりおろしたもの) 少々
わさび 小さじ1/4
すりごま 小さじ1
適量

作り方

1
うずらの足を筋肉にそって切り取る(足の先端部分は切り落とす)。キッチンバサミで背骨の両脇を切る(背骨は捨てる)。
2
うずらの卵を沸騰した湯に入れ、約2分半茹でて半熟玉子にする。冷水にとり、皮をむいておく。
3
肉に塩、コショウをしっかりふり、油を敷いて熱したフライパンで、肉の表面に焦げ目をつける。
4
180℃に予熱したオーブンで約6分、赤みが残る程度に焼く。
5
オーブンから取り出し、しばらく置いて落ち着かせてから、ナイフで胸肉を切り取る。
6
ドレッシングを作り、ミックスリーフにかけて和える。アスパラガスを使う場合は予め茹でておく。
7
皿に、アスパラガス、プチトマト(いずれもお好みで)、サラダ、うずら、半熟玉子を彩りよく盛りつければ出来上がり。

コツ・ポイント

●うずらは少し赤みが残る程度に焼くのがコツ。オーブンでの焼き時間は、フライパンでどれぐらい火を通したかによって変わるため、お好みに応じて調整を。
●①では、足を切り取るのにもキッチンバサミを使うと便利。

うずらの和風シーザーサラダ

ミニ半熟玉子をそえてどうぞ

Recipe By: Yukiko (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/37)

4人分

材料

うずら 1羽
適量
うずらの卵 1コ
塩、コショウ 適量
ミックスリーフ・サラダ 30g
アスパラガス、プチトマト(お好みで) 適量
【ドレッシング】
マヨネーズ 大さじ1
パルメザンチーズ 大さじ1
レモン汁 大さじ1/2
ヨーグルト 小さじ2
牛乳 小さじ1
にんにく(すりおろしたもの) 少々
わさび 小さじ1/4
すりごま 小さじ1
適量

うずらの和風シーザーサラダ

レシピID :327 投稿日 18 APR 2015

4人分

閲覧数 3,334
印刷数 276

お気に入り登録 1

ミニ半熟玉子をそえてどうぞ

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
1羽
適量
1コ
適量
30g
適量
大さじ1
大さじ1
大さじ1/2
小さじ2
小さじ1
少々
小さじ1/4
小さじ1
適量

作り方

1
うずらの足を筋肉にそって切り取る(足の先端部分は切り落とす)。キッチンバサミで背骨の両脇を切る(背骨は捨てる)。
2
うずらの卵を沸騰した湯に入れ、約2分半茹でて半熟玉子にする。冷水にとり、皮をむいておく。
3
肉に塩、コショウをしっかりふり、油を敷いて熱したフライパンで、肉の表面に焦げ目をつける。
4
180℃に予熱したオーブンで約6分、赤みが残る程度に焼く。
5
オーブンから取り出し、しばらく置いて落ち着かせてから、ナイフで胸肉を切り取る。
6
ドレッシングを作り、ミックスリーフにかけて和える。アスパラガスを使う場合は予め茹でておく。
7
皿に、アスパラガス、プチトマト(いずれもお好みで)、サラダ、うずら、半熟玉子を彩りよく盛りつければ出来上がり。

コツ・ポイント

●うずらは少し赤みが残る程度に焼くのがコツ。オーブンでの焼き時間は、フライパンでどれぐらい火を通したかによって変わるため、お好みに応じて調整を。
●①では、足を切り取るのにもキッチンバサミを使うと便利。

PRO
Yukiko
63レシピ公開中!

YUKIKO
Step into my kitchen!
ちょっとオシャレな前菜がほしい時にピッタリ! 所要時間 15分
そら豆, フランスパンの薄切り, 生ハム, 【A】, リコッタチーズ, レモン汁, オリーブオイル, にんにく(みじん切り), ブラックペッパー・塩
PRO
夏の名残を楽しみながら味わいたい 所要時間 15分 (固める時間は除く)
ブロッコリ, だし汁, 卵, 粉寒天 agar-agar powder, [A], 薄口しょう油, 酒, みりん, 塩
PRO
ホーム・パーティーにもおススメ!
アスパラガス, 春巻きの皮, むきエビ, 酒, 塩, 油, 水溶き小麦粉, スウィート・チリソース, レモン汁
PRO
マリネ液をからませたご飯がまた美味!
うずら, 酒, ご飯, 赤パプリカ Red pepper, きゅうり, レモン汁, 【マリネ用】, ナンプラー Fish sauce, スィートチリソース, しょうが(すりおろしたもの), にんにく(すりおろしたもの), コリアンダーリーフ(みじんぎり), ごま油
PRO
滋味あふれる、疲れた時にもおススメの1品
スペアリブ, 水, 酒, 大根, 玉ねぎ(大), 乾燥しいたけ(水で戻しておく), 【スパイス】, 八角(スターアニスstar anise), クローブ, カルダモン, シナモンスティック, ローリエ, コリアンダー, ブラックペッパー, にんにく, しょうが, 【調味料】, しょうゆ, オイスターソース, 鶏ガラスープ(顆粒), 塩, 春雨, くこの実 Gojiberry, 青ねぎ
PRO
野菜たっぷりヘルシー
アーティチョーク・ハーツの水煮, 玉ねぎ, コジェット, パプリカ(赤・黄), ミニトマト, [A], オリーブオイル, にんにくのみじん切り, クラッシュトチリ crushed chilli, [B], アンチョビ(オイル漬け), ケイパー, オリーブ, ローリエ, 白ワイン, [C], バルサミコ酢, 醤油, みりん, 塩コショウ
PRO

コメント


クリックして
I made itに
写真を載せる
ロンドンの最新イベント

似たレシピ

ビールのおつまみに最高です
納豆(ひき割りではないもの), パルメザンチーズ(粉状にしたもの), 小麦粉, 黒こしょう, オリーブオイル
Rose Wine
PRO
超簡単でこんなにオシャレ 所要時間 5分
mozzarella cheese, 削り節, しょうゆ, チャイブ chives, エクストラヴァージンオリーブオイル, 練りわさび
Mizue
PRO
イタリアンでおなじみの食材をお寿司に合わせてみました。違和感のなく、とっても美味しいです。騙されたと思って、一度お試しあれ。
炊きたてのご飯 : boiled Japanese rice, すし酢: sushi vineger, おかか : dried bonito flakes, しょうゆ : soy sauce, モッツァレッラチーズ : mozzarella cheese, 生ハム(プロシュート) : prosciutto, フレッシュバジル : fresh basil
Mizue
PRO
ご飯と合うものはどうやったって合うのです。 所要時間:20分
寿司飯, 焼き海苔, 鶏むね肉スティック, きゅうり1センチ角, かにかま, だしまき1センチ角, スライスチーズ, バジルの葉, マヨネーズ, しょうゆ, 【照り焼きソース】, ●しょうゆ, ●砂糖, ●みりん, ●酒, 塩コショウ
料亭のママから教わったレシピ。イカくんの旨味とセロリが絶妙。切って和えるだけ。酒の肴に最適。低カロリーでおつまみ二人分(約100グラム)を一人でおかずとして食べても70kカロリー。ダイエットの友にも。
セロリ茎, イカ燻製一つかみ, つゆの素
ヨーグルトに漬けてお肉を柔らかく!
鶏もも肉, ヨーグルト, ★味噌, ★醤油, ★みりん, にんにく, 塩・胡椒, ごま油

新着レシピ

自家製パン第3弾、チョコマーブルパン。パン生地にチョコレートスプレッドを織り込んで焼きました。マーブルケーキよりふんわり軽く、朝ごはんにもティータイムのおやつにも好評です。
強力粉かセルフレイジング小麦粉, イースト, 砂糖, 塩, ぬるま湯か常温のミルク, 卵, バター, チョコスプレッド
電子レンジで加熱3分、下茹でなしであっという間にマリネの完成。
カリフラワー, きゅうり, 乾燥わかめ, 酢, 砂糖, 塩
KGOHAN
PRO
チキン南蛮のオリジンは昭和30年代に宮崎県延岡市にあった洋食店「ロンドン」のまかない料理という説がある。宮崎で「ロンドン」ってセンス、飛び過ぎ。まあいいや、美味しいから!
鶏モモ肉(中), 塩こしょう, 小麦粉, たまご, サラダ油, パセリ, 【タルタルソース】, たまねぎ, ガーキンピクルス, ゆでたまご, マヨネーズ, 塩, 黒コショウ, 砂糖, 【甘酢ソース】, しょう油, 酢, ケチャップ, 鶏ガラスープの素
cookbuzz
PRO
今回は自家製パンの手ごね版。2回目のロックダウンもこれで乗り切りましょう。総菜パンとして具材にポテトを入れたら、イギリス人にはエーッ!↑でなく、エーッ…↓の反応でした。
強力粉かセルフレイジング小麦粉, ぬるま湯(牛乳), イースト, 砂糖, 塩, 惣菜, 小麦粉(打粉用)
ローマにあるレストランのオーナーシェフ、アルフレードさんがアメリカ人観光客に出したパスタがアメリカで評判になり広がったんだとか。クリーム使うと日本人にはしんどいのでミルクで再現しました。
鶏モモ肉(中), 塩こしょう, オリーブオイル, フェットチーネ, 塩(パスタ茹で用), バター, パルミジャーノレッジャーノ, パセリ, ミルク
cookbuzz
PRO
パンの生地を一晩じっくり発酵させると、こねる手間が省けます。夜に用意して翌日焼くと、ふっくら柔らか。塩麹を使って風味を増しています。
強力粉かセルフレイジング小麦粉, イースト, 砂糖, 塩, 塩麹, 水, チーズ, 玉ねぎスライス, ベーコン, ハーブ