リークねぎとポテトのお味噌汁

リークとポテトの組み合わせはイギリスのスープでも定番! 甘くてほっとする味わいです。

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)
2人分 準備: 3 min 調理: 8 min

材料

お湯 600-700ml
ポテト 120-150g
リーク 1本
だしの素(顆粒) 2.5g(大さじに1/3程度)
味噌(赤、または合わせ) 40g前後
スプリングオニオン 1/2

作り方

1
ポテトは皮をむいて食べやすい大きさに切り、リークは硬い外皮を取り除いたら縦半分に切ってから4分の1程度にカット。
2
ポテトが煮えるのに5分ほどかかるのでお湯はたっぷり目に。出来上がり時400mlが理想。ポテトとリークを一緒に入れて5分ほど強火で茹でる。
3
火を中火にしてだしの素を入れる。だし入りの味噌を使う場合は当然だしの素は入れません。
4
味噌をダマにならないよう茶漉しやストレーナー、おたまに入れて溶かし入れる。
5
味噌を入れてから1分ほど中火で加熱したら出来上がり。だしと味噌を入れたら沸騰させないように気をつけて。
6
椀でもマグでもティーカップでも、器に盛って小口切りにしたスプリングオニオンを振って完成です。
7
だしの素はイヤ! ちゃんとダシから始めたいという立派な方はこちらをご覧ください。

一番だしの取り方
レシピID :2257
8
二番だしの取り方はこちら

レシピID :2258

コツ・ポイント

●ベジタリアン、ヴィーガンの方はだしの素の代わりにお好みのヴェジタブルストック(キューブなら1/4個)を使ってみてください。
リークとポテトのスープって美味しいですよね。ということはリークとポテトのお味噌汁も美味しいんです。お好みでワカメを入れたり溶きたまごを入れたり、どんどんカスタマイズしましょ!
みそ汁一人前は味噌20g,スープが200ml(完成時)が標準と言われていますが味噌の種類にもよるので最後はお好みで調整してください。

リークねぎとポテトのお味噌汁

リークとポテトの組み合わせはイギリスのスープでも定番! 甘くてほっとする味わいです。

Recipe By: KitchenCIB (https://jp.cookbuzz.com/kitchen/94)

2人分

準備: 3 min

調理: 8 min

材料

お湯 600-700ml
ポテト 120-150g
リーク 1本
だしの素(顆粒) 2.5g(大さじに1/3程度)
味噌(赤、または合わせ) 40g前後
スプリングオニオン 1/2

リークねぎとポテトのお味噌汁

レシピID :2336 投稿日 25 JAN 2017

2人分

準備 3min
調理 8min
閲覧数 1,626
印刷数 0

お気に入り登録 2

リークとポテトの組み合わせはイギリスのスープでも定番! 甘くてほっとする味わいです。

Share

材料

リストを印刷する リストをメールする
600-700ml
120-150g
1本
2.5g(大さじに1/3程度)
40g前後
1/2

作り方

準備
3min
調理
8min
1
ポテトは皮をむいて食べやすい大きさに切り、リークは硬い外皮を取り除いたら縦半分に切ってから4分の1程度にカット。
2
ポテトが煮えるのに5分ほどかかるのでお湯はたっぷり目に。出来上がり時400mlが理想。ポテトとリークを一緒に入れて5分ほど強火で茹でる。
3
火を中火にしてだしの素を入れる。だし入りの味噌を使う場合は当然だしの素は入れません。
4
味噌をダマにならないよう茶漉しやストレーナー、おたまに入れて溶かし入れる。
5
味噌を入れてから1分ほど中火で加熱したら出来上がり。だしと味噌を入れたら沸騰させないように気をつけて。
6
椀でもマグでもティーカップでも、器に盛って小口切りにしたスプリングオニオンを振って完成です。
7
だしの素はイヤ! ちゃんとダシから始めたいという立派な方はこちらをご覧ください。

一番だしの取り方
レシピID:2257
8
二番だしの取り方はこちら

レシピID:2258

コツ・ポイント

●ベジタリアン、ヴィーガンの方はだしの素の代わりにお好みのヴェジタブルストック(キューブなら1/4個)を使ってみてください。
リークとポテトのスープって美味しいですよね。ということはリークとポテトのお味噌汁も美味しいんです。お好みでワカメを入れたり溶きたまごを入れたり、どんどんカスタマイズしましょ!
みそ汁一人前は味噌20g,スープが200ml(完成時)が標準と言われていますが味噌の種類にもよるので最後はお好みで調整してください。

HOME
KitchenCIB
181レシピ公開中!

KITCHENCIB
Step into my kitchen!
なかなか使い切らないフィロを一気に大量消費するスイーツです。見かけはお弁当の玉子焼きのようでお弁当箱に入っていても違和感なし。それがまた意外性があって面白かったりして。
granny smith 青りんご, royal gala 赤りんご, 砂糖, シナモン(パウダー), バター, 【カスタード】, 薄力粉, たまご, 牛乳, 【fulo浸し液】, バター(焼き上げ用)
HOME
地味なレシピながらなかなかの味です。
ペンネ, コジェット, プロウン(芝エビ), マッシュルーム, ニンニク, 鷹の爪, オリーブオイル, チキンストック, お湯
HOME
黄金の味だから任せて安心! 所要時間15分
スパゲッティ, 牛肉(どの部位でも), 赤ピーマン, 緑ピーマン, 玉ねぎ, にんじん, さやいんげん, エバラ黄金のタレ
HOME
厚切りパンが手に入らないのでミディアムを2枚重ねてやってみました。 Prep: 10min cook:15min
冷凍ホウレン草, ベーコン, マッシュルーム, ダブルクリーム, バター, 塩コショウ, ピザ用チェダーチーズ, チキンストック, たまご, 白い食パン(Medium)
HOME
意外な組み合わせが大当たり!
白菜, 豚肉 bellyまたはshoulder, にんにく, チリ, 水, コンソメ, カレー粉, ナンプラー, すりごま, コリアンダー, オリーブオイル
HOME
イギリスで手に入る食材だけでここまで美味しいラーメンが再現可能!かなり美味しいです。
豚バラ(ポークベリー), キャベツ, にんじん, もやし, スプリングオニオン, サラダ油, 豆板醤, 味噌, しょう油, 砂糖, 鶏がらスープ, ラーメンの麺
HOME

似たレシピ

溶きたまごが全体をマイルドにしてくれる優しいお味のお味噌汁
ポテト, さやえんどう, だしの素(顆粒), たまご, 味噌(赤、または合わせ), お湯
精進懐石を作る時に、向付として使える長芋の和布巻き。甘酢と一緒にお召し上がり下さい。
長芋, 和布(ワカメ), 酢, 砂糖
ほんのり甘くて、しっとり口どけのいいきんとんです♫ 小さなお子様から、お年寄りまで、召し上がっていただけます。 お正月にはもちろん登場しますが、何もない時でもリクエストされます^^
さつまいも, 栗の甘露煮
himawari
HOME
豚汁が美味しいのは豚から出る脂のおかげ。このポーランド製のベーコンならとんでもなく美味しく仕上がります。
Morliny社製ポリッシュベーコン, にんじん(中サイズ), セロリ, ポテト(中サイズ), 白菜の葉, お湯, だしの素, 味噌
栗きんとんやスイートポテトを作る時に厚めに切った皮も捨てないで! クッキングシートを敷いたフライパンで、簡単にカリカリ大学芋が出来ます。 お子さんのおやつに、酒の肴にもってこい♫
さつまいもの皮, 砂糖, サラダ油, いりごま
himawari
HOME
こんにゃくは日本食材店で1.30ポンド前後。使わない手はありません。
こんにゃく, みそ(お好みで), グラニュー糖, みりん, 酒, ごま油, 白ごま(あれば)
Tobuchan
HOME

新着レシピ

A simple pan sauce made with capers, butter, white wine, chicken stock and lemon juice envelop chicken cutlets in the traditional Chicken Piccata recipe made in episode 101 of POV Italian Cooking. Though Chicken Piccata is an impressive dish, it can be made in about 20 minutes, making it the perfec
 
しっとりとした仕上がりが決め手!
薄力粉(セルフレイジング), 卵(M), 砂糖, 無塩バター, アーモンドパウダー, バニラエクストラクト, ブルーベリー
motoko
HOME
はちみつ入りのみそソースとの相性抜群のメインメニュー!
鴨モモ肉(骨付き), 塩, こしょう, レタス, ネギ, 【みそソース】, ごま油, にんにく, はちみつ, 米酢, みそ, しょう油
motoko
HOME
じっくり炒めた野菜の旨味が楽しめる前菜!
赤ピーマン, コジェット(ズッキーニ), にんじん, しいたけ, ニンニク, 塩, こしょう, サラダ油, フィロペイストリー, 【スイート&サワーソース】, 赤唐辛子(できれば生のもの), 米酢, 砂糖, ナンプラー, 水, ケチャップ
motoko
HOME
If bacon were a butterfly, then pork belly would be the caterpillar. Rubbed with a mix of spices before spending the night in the refrigerator so the flavors permeate the meat. Warmed to room temperature then baked at 350 degrees for 90 minutes. The sound of this sizzling pork belly will make you H
 
Seafood is common in Italian cuisine. This video demonstrates how to clean and prepare mussels and little neck clams for use in any seafood dish.